返信用封筒や返信用ハガキが入っていたとき、宛名に「行」「宛」が添えてある場合がほとんどです。
これを送り返すとき、「行」「宛」を書き換えるということは知っていても、どんなふうに修正すればいいんだっけ…とど忘れしてしまうこともあります。

この記事では、返信をするときの「行」「宛」の書き換えはどうすればよいのか、改めて確認します。

「行」「宛」をそのままにしておくのは失礼

「行」「宛」とするのは、差出人にとって、自分や自分の団体に「様」「御中」をあらかじめつけておくのは相手に対して失礼になるからです。

そのため、宛先を示す方法として「行」「宛」と書くのが慣例です。

送り返す側にとっては、「行」「宛」で返信するのが失礼にあたるため、書き換えて送るのがマナーです。書き換える際は、「御中」や「様」を相手によって使い分けましょう。

基本的には、宛名に担当者名や個人名が書かれている場合は「様」に、会社名や部署名、事業部名が書かれている場合は「御中」に書き換えます

関連する参考記事はこちら
宛名「様方」「様」「気付」「御中」の違いと使い分け方と例文10選
ビジネスメールでの「ご担当者様」「各位」の使い方と4つの宛名例

「行」「宛」の消し方と書き換え方

「行」「宛」の消し方

「行」「宛」を消す際は、もとの文字の上に線を引いて消します。

線は定規で引いてもフリーハンドで引いても、どちらでも問題ありませんが、短い線なのでかしこまって定規を使う必要性は特にありません。修正後の訂正印も不要です。

また修正する際、修正液や修正テープを使ってもとの「行」「宛」を消してしまってはいけません。
それは相手の元の文面を誤りとする失礼な行為になります。返信時の書き換えは、相手の誤りを正すわけではなく相手への敬意を示すために行うものなので、修正液や修正テープは使っては行けません。

修正線は、右上から左下に降りる2本の斜線を「行」「宛」の上に引いてください。その付近に「様」または「御中」を書きます。

 

「御中」「様」の書き方

それでは、「行」「宛」を消した後の「御中」「様」の書き足し方を確認します。

縦書き封筒の場合は、消した「行」「宛」の真下か左側の少し下に書くのが一般的です。
横書き封筒の場合は、消した「行」「宛」の右側に書くのが一般的です。

なお、御中と様は併用しません。会社名や部署名と個人名が併記されている場合は、個人名の方に「行」「宛」が書かれていることがほとんどですので、それを「様」に書き換えるだけでOKです。

関連する参考記事はこちら
採用担当者様?どれとも御中?第一印象を決める正しい履歴書郵送方法

「行」「宛」についてのまとめ

基本的には二重線で「行」「宛」を消し、その付近に「様」「御中」を書き足すというルールです。返信用封筒やハガキで返信するときに、間違えないよう、ビジネスマナーの一つとしてしっかり覚えておきましょう。

関連する参考記事はこちら
ビジネスメールでの「ご担当者様」「各位」の使い方と4つの宛名例
面接後のお礼状について メールと封書の違いとお礼状の例文