会社からお客様への呼びかけで「何かお気づきの点がありましたら、お申し出ください」というフレーズを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、申すは謙譲語でお客様に使うと失礼にあたるのではないか、実際はどうやって使うのか、など不安に思う人がいるかもしれません。「申し出」、「申し出る」といった言葉について解説いたします。

「申し出る」の意味

「申し出る」は意見や希望などを自分から言って出るという意味です。

「申す」と「申し出る」は別物

「申す」は謙譲語で相手を立てるために自分がへりくだって使います。一方「申し出る」は単純に自分から言うという意味です。

・取引先に対して「部長の●●は△△と申しておりました。」

→この場合、立てるべきは取引先です。●●部長の話していたことを伝えるときは部長をへりくだって「申して」と使います。

・「このイベントに参加したい方は申し出てください。」

→この場合、謙譲語ではなく、参加したい人は単純に参加の意を示して欲しいという意味です。

「お申し出」の使い方

文部科学省の文化審議会の「敬語の指針」が平成19年度に発表されています。様々な敬語に対する疑問や質問に文部科学省が答えており、「お申し出」の使い方も解説しています。

「申す」は謙譲語Ⅱ(相手に対する敬語)にあたる敬語です。しかし、「お申し出ください」「お申し込みください」という表現の中に含まれる「申す」は謙譲語Ⅱとしての働きは持っていません。したがって、「お申し出」や「お申し込み」は相手側の行為に対して用いることができます。

×お客様が申す。→謙譲語Ⅱは相手の行動に対しては使えない。
○お客様がお申し込みする。
○お客様のお申し出により、問題が解決した。

したがって、「お申し出ください」「お客様からのお申し出」といった表現は正しく、失礼にはあたりません。

「申し出」の類似・言い換え表現

失礼ではないといっても謙譲語かそうでないか紛らわしいため、使いたくないという場合は言い換え表現をつかうとよいでしょう。

●「申し出」の類語
要望、要求、お願いごと、リクエスト、伺い、請求、お願い、催促、頼み、提案、申込み、発案、提言、オファー

●「申し出」の言い換え表現
「お客様からの申し出」を言い換える場合、以下のような表現があります。

・お客様が〜との仰せです
・お客様が〜とおっしゃっています。
・お客様より〜というご提言
・お客様からの〜というご忠告
・お客様より〜というご要望
・お客様からの〜というご依頼

単純に「申し出」を言い換える場合は以下のような表現があります。

・自分から志願する
・自分からリクエストする
・自分からお願いする
・仕事を依頼する