絶対数が希少で戦略に長けていて、想像力と決断力があって野心に溢れているにも関わらず、引っ込み思案な面を持つ建築家タイプがMBTI診断テストの16分類の中のINTJ型です。

ここではそのINTJ型が具体的にどのようなタイプなのかを、詳しく解説していきましょう。

性格診断テストの説明・診断はこちら
婚活で使える性格診断
INTJ型の恋愛・結婚の特徴はこちら
INTJの恋愛・結婚の特徴

INTJ型の特徴

渾身
INTJ型は非常に個性的です。自分と同じ考えを持ってついてこられる人を見つけるのに、大いに苦労します。また、驚くほど好奇心があるのに、決して無駄なエネルギーは使いません。

そんなINTJ型の代表的な特徴は以下の3点です。

  • 知的好奇心が強すぎる「本の虫」
  • 確固たる意志と腹芸で突き進む
  • 孤高であるほど力を発揮する

知的好奇心が強すぎる「本の虫」

生まれながらにして、INTJ型は知識に対する強い欲望を持っています。その特徴は青年期に現れ、しばしば「本の虫」と呼ばれてきたことでしょう。

それは皮肉として言われることもありますが、本人はこのニックネームを誇りに思っており、自分が持っている広く深い知識を楽しんでいます。

自分の知識を他の人と共有したいという側面もあり、自分が選んだテーマに精通していると確信しているのです。

単なるトピックとして人と共有するのではなく、その直感的かつ計画的な気質によって良いプランを立てて現場で活用したいと願います。

他人の意見をあまり受け入れませんが、適切な情報に基づいた意見なら受け入れるわけです。

ほとんどの人にとって不合理に思える明白な矛盾であっても、少なくとも純粋に合理的な観点から理にかなっているのであれば、建築家タイプは認めます。

INTJ型は最も夢見る理想主義者であり、同時に最も醒めた厭世家でもあるのです。それは一見真逆のように見えますが、そこには理由があります。

このタイプは自分の知性と情熱で、あらゆることが実行できると信じている一方で、他の人びとは惰性的かつ利己的で、そういうことが実現できないと信じているわけです。

確固たる意志と分析力で突き進む

INTJ型は鋭い観察力と独創的な発想、そして驚異的な推論を駆使して目標に突き進みます。固い意志を持ち、分析力を駆使して突き進むのです。

時には目標達成のための路線変更を惜しげも無く行い、まわりを驚かせます。

鋭い分析力で状況と要素を分解して再構築するようなプロセスについていけない人は、どんどん離れていくでしょう。

INTJ型にとって、そもそも規則や伝統は忌み嫌うものです。このタイプはそれらすべてを疑問視しており、再評価する必要があると信じています。

機会さえあれば、その決まりきったものを根底から覆す優れた理論を組み立てることにより、新たな方法論を確立するでしょう。

それは決して衝動的ではありません。INTJ型にとってはあらゆる目標が、すべて理にかなっている必要があります。

そのアイデアが自分のものであれ他人のものであれ、徹底的に検証されなければなりません。そのような生き方は、しばしば問題を引き起こすことがあります。

孤高であるほど力を発揮する

INTJ型は自らの才能と、時間をかけてものにしてきた知識体系に自信を持っています。しかしそこには、社会的習慣が徹底的に排除されているのです。

形式だけのものや嘘は、真実と深い知識を求めるINTJ型には耐えられません。

INTJ型は世間からの注目を浴びることなく、限られた人とだけ作業ができる孤高な環境において、最も良い仕事をします。

そういう環境において魅力が輝き、感性が似た人たちや異性を惹きつけるものがあるのです。

このタイプは人生を巨大なチェス盤と見なして、新しい戦略や戦術、危機管理計画を常に考えながら先手を打って駒を進め、コントロールを維持して自分の影響力を広げます。

これは、INTJ型が良識なく行動することを意味するのではありません。しかし、多くの人たちは彼の感情的な行動を嫌う性質を快く思わないでしょう。

そのためか、フィクションの中の悪役や誤解されているヒーローの多くは、INTJ型をモデルにしています。

INTJ型の有名人

訴求力
INTJ型に分類できる有名人は、以下の人たちです。

  • クリストファー・ノーラン
  • フリードリヒ・ニーチェ
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • ミッシェル・オバマ
  • コリン・パウエル
  • サマンサ・パワー
  • イーロン・マスク
  • ウラジーミル・プーチン

人を惹きつけるものを持ち、目標に突き進んでいくのですが、彼らを批判したり敵対する人も多かったりという共通点が見られます。

INTJ型の向いている仕事

股肱の臣
INTJ型の向いている主な仕事を挙げると以下の3つとなります。

  • バンカー
  • プロデューサー
  • ジャーナリスト

少し詳しく見ていきましょう。

バンカー

INTJ型は、物事を深く分析しながらに考えることができて、実用的な数値を扱うのが得意です。逆に言えば実用から遠い研究の仕事などには向いていないかもしれません。

優れた実践的な分析力を持っているため、バンカーとして社会や経済、金融の動向について適切な意見を持つことができます。

戦略的な機知も動員して、財政的な運用能力も発揮するでしょう。

プロデューサー

INTJ型は接客や顧客対応などは向いていませんが、高い戦略性を活かしてプロジェクトの遂行や管理、ビジネスプランの策定などに長けています。

その強い知的好奇心や分析能力、そして不屈の意志によって映画やイベントなどのプロデューサーとしても活躍する事ができるでしょう。

現場を指揮する監督の上で、すべてを取りまとめる立場です。

専門性も相当高くなることが考えられるので、自らも監督的な役割も果たしながらのプロデュースになることも考えられます。

ジャーナリスト

INTJ型の能力は比較的広い分野で求められる事が多いでしょう。特に、分析的な思考が要求されるジャーナリズムの世界でも活躍する可能性が高いです。

多くの人の常識を覆すような「真実」とされていた「合理性に欠ける事実」を、誰にも頼らず徹底的に突き止めて、世間を驚かせることでしょう。

INTJ型と相性が良い4つのタイプ


INTJ型と相性の良いタイプは4つあります。ENTJ型、ISF型、ESFP型、そして自らと同じINTJ型という4種類です。

これらの4タイプは、根本的な考え方や価値観が共通しています。INTJ型はENTJ型に対しては、ほぼ同じといってよい思考回路を持っているので、親しくなるのに時間はかかりません。

一方、ESFP型やISFP型は少々物の見方や考え方に距離があります。それでも、根っこの部分では共通点があるので、他のタイプよりは友好的に付き合える可能性が高いと言えるでしょう。

まとめ

想像力豊かで好奇心にあふれた戦略的建築家タイプのINTJ型の特徴を掘り下げた上で、有名人ではどんな人物が当てはまるのか、相性の良いタイプはどれかなどを紹介しました。

孤高な面があって敵対されることも多いですが、驚くべき分析能力と強い意志の力と戦略で、大きい目標に向かって突き進んで行き達成してしまうのがINTJ型なのです。