転職サイト

仕事が忙しいことはよいことですが、家族や趣味の時間がほとんどとれなくなるほど仕事に追われてしまうことは健康的とはいえません。

仕事が忙しい事を問題として深刻に考えているビジネスパーソンの方も多いと思われます。今回は仕事が忙しすぎて辛くなる理由と。その際に考えておくべきことについて解説いたします。

仕事が忙しくて辛い場合は誰かに相談してみる事が大事

仕事が忙しくとも、業務内容が自分の適性に合っている場合や、労働環境が健康的であれば忙しい中でもモチベーションを保ち働き続ける事が出来ます。

しかし、ブラック企業という言葉があるように、労働を健康的に続けることができなく結果仕事が忙しすぎて辛いという環境の職場も存在しています。

ブラック企業と呼ばれるほど極端でなくとも、普通の職場でも、水面下で職場内の業務に偏りが起きているという事態は、どこでも起こり得ることです。

忙しさを自分の責任ととらえて受け入れることが癖になっていると、自分自身では気付かない間に、負のスパイラルに陥ってしまっている場合もあり得ます。

辛い場合は誰かに相談するなどして、自分の業務や会社自体に世間とのずれがないかどうか確認する機会を作ることも大切です。

仕事で頭がいっぱいになったら、休日を充実させることが大事

仕事が大変で悩んでいる人の中には、夢の中まで仕事をしているという人もいます。極端に仕事に埋没していると、家族や趣味のことを考える余裕がなくなってしまい、一日の全てが仕事の事で一杯になってしまう事があるためです。

人によっては何か問題があると、原因を自分の中に探してしまい、人に頼めることも自分一人でこなして、いつまでも仕事の終わりが見えない環境を作ってしまっている場合もあります。

普通、人はストレスが溜まったときは、好きな事を考えて趣味に取り組んで発散をしようとするものです。

余裕がある場合はプライベートでたのしむことができますが、最近笑っていないと思うことがあったり、仕事に追われて頭が一杯になったりしていると思ったら、休みの日を充実させることを優先しましょう。

忙しすぎるとプライベートの時間を忘れている事がある

仕事に追われる生活が続いていると、気づかないうちにプライベートの時間が無くなっている場合があります。

連日家に帰れる時間が遅い場合、休日はその反動で過度な睡眠や、在宅の仕事に追われてしまい、気づけば日曜日が終わっているという人もいます。

結婚している方の問題では、夫婦の会話が少なくなったり、子どもとの時間もあまりとれないため、親としての時間を失ったりしてしまうことが挙げられます。

「このプロジェクトが終われば忙しく無くなるから」「この出張が終わったら半年間、出張は無い予定だから」「子供が生まれたら早く帰るようにするよ」

人は習慣で生きる生き物です、仕事に追われた生活が癖になっていると、頭の中では問題をわかっていながらも、常に忙しさの中で生活することを何年も続けてしまう事もあります。

仕事に肉体的、精神的に追われている人は、休日と平日の違いがなく、どこにいても頭の中は次の仕事の事ばかりで、プライベートな事が入る余裕を持ち合わせていない場合が多いです。

プライベートな日はよく遊び、ストレスを発散させ、また次の週に気持ちよく働くために休日を充実させる事を忘れないようにしましょう。

忙し過ぎるのは、プレッシャーが原因の場合もある

忙しさに追われてしまう理由は労働の量だけが理由ではありません、仕事に追われる他の理由としては、精神的なプレッシャーが挙げられます。

社会に出て時間がたつと、部下が出来て頼られる事もあります。先輩としての責務を果たし、尊敬される人になるために面子を保とうとすると、普段の仕事よりも多く業務をこなすことが目標にもなります。

また上司や周りからの期待に答える事になると、自分の身の丈よりも大きな責任を負って、プレッシャーになってしまうこともあり得ます。真面目なタイプの人であるほど、問題を一人で抱えて周りを頼ろうとしない事は多いです。

頼られたり期待されたりすることは仕事をする上でよいモチベーションになりますが、ストレスの方が大きくなりすぎると重圧で苦しみ、当初思い描いていた結果を達成できず、他人の期待も裏切ることに繋がってしまいます。

1人が頑張って成果を出す事だけが会社の目標ではありません、周りと問題を分かち合い一緒に達成していくことが、継続した成果に繋がります。

仕事が忙しすぎるときに見直したい事の紹介

仕事が忙しく精神的に追われているときは、目先の問題が実際よりも大きく見えてしまい、客観的に自分を見ることに頭が回らなくなってしまいます。

ここでは忙しいときほど忘れてしまいがちな一般的な注意点を紹介します、現在の自分を見返すための参考にしましょう。

仕事に完璧さを求めない
優先度の低い仕事に時間を割いていると気づいたら、業務のバランスが偏っていないか注意することが先決です。
1人で溜め込まず他の人に頼む
真面目な人は、任された仕事に対して責任を感じて、1人で乗り切る努力をしてしまいがちですが、周囲や外部の力を借りて、仕事を効率的に進める事はビジネスの大事なスキルの一つです。1人で取り組んでいて業務が効率的に進みそうにない場合、上司に相談し、社内の他のメンバーにお願いしましょう。クラウドワーカーを利用した業務の外注なども視野に入れてもよいかもしれません。
自分の心と体を大事にするために、早く仕事を切り上げる日を作る。
仕事の忙しさに黙って耐えることで、その場を乗り切ることはできるかも知れませんが、いずれ心と体を壊すことになっては結果的に大きな損失に変わってしまいます、定期的に仕事よりも自分をいたわる日を作り、仕事以外の大切なものを優先する意識を忘れないようにしましょう。

忙し過ぎるのは、会社が原因のときがある

仕事が忙しいということは、それだけ仕事量が多いということです。仕事量が多いと、スピードを上げてこなさなければならなくなるため、修正すべきミスを生まないために気をつけなければなりません。

1日に使える時間にも、1日の間に保てる集中力にも限界があります、無理をしているとやりきれない仕事は出てきてしまうものです。

業務が自分の裁量を上回る場合、会社の方針や上司の計画性に問題がある場合も考えられます。上司に相談しても変わらない場合は、転職を考えることも必要になってくるでしょう。

仕事が忙しいという理由で転職を考える場合は慎重に

問題が長い間解決しない場合、転職について考えることも増えてくるでしょう。

職場に不満を訴えても労働環境が変わらない場合、問題への意識は強く残されたまま。これまでと同じ状況を耐えていかなくてはならなくなります。

問題が依然として変わらない理由は、上司の職務怠慢や会社全体の意識のずれなども上げられます。ストレスは職場へのうらみへと変わる事もありえます。

会社を辞めるか、転職を考える際は慎重になりましょう、職場を変えた先で今より良い待遇になるとは限りません、今の会社に見切りをつける前に、思いつく改善策はすべてこなして見る事が大切です。

心身ともに悲鳴をあげているなら辞めることも考える

今いる環境をよくするためにあらゆることを試したうえで、何も問題が変わらない場合、自分のために転職を考えましょう。

どんな改善策を講じ続けても、会社が変わらない事はあります。

その場合は会社側が人件費削減のために、一人ひとりの負担を増やすことで人件費を削減しようとしている場合などが原因であることが多いです。

酷い会社は社員の過労死などがあって初めて報道されますが、それ以外の酷い会社の多くは、問題を水面下に追いやっている事がほとんどです。

心身共に限界が来る前に、転職することも考えてましょう。

仕事が忙しくて辛い場合についてのまとめ

  • 1人に対し業務の量が偏ってしまうことは、どこの会社にでもある。その場合は周囲との連携や上司との相談で解決していくものだが、気づかないうちに自分一人で抱え込んでしまう場合もある。
  • 仕事のことで頭がいっぱいなっている状態が続くと、趣味や家族などのプライベートな時間が取れなくなってしまう、休みの日はしっかり遊ぶことが、仕事を円滑に進ませるための秘訣です。
  • 期待に応えることも大切だが、できないことはできないと自分で認めて周囲と連携することも大切。
  • 仕事が忙しいなと感じる時に注意すること3点。仕事に完璧さを求めない、周囲と連携する、早く帰る日を作り自分をいたわる。
  • 仕事が忙しい場合、自分ではなく上司の責任の場合もあるため、周りや上司に相談してみましょう。相談したことが解決しない場合、転職についての考えは慎重になるべきですが、心身の状態を顧みて、転職の準備を進めることが大切です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

会社にばれずに転職活動するためのページへ

【最速】お昼休みの30分で転職活動するためのページへ

マナラボが特におすすめする転職エージェントは以下のとおりになります。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、はじめに管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。自分は管理職、かつ気軽に転職を始めたい場合は強くおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA