ENTP型討論者タイプは「悪魔の代弁者」とも言われるくらい、議論を木端微塵にする過程を楽しむタイプです。

より意志の強い他のタイプとは異なり、深い戦略的目標を達成するためなどではなく、純粋に楽しむのがMBTI診断テストの16分類の中のENTP型討論者タイプといえます。

ここではそんなENTP型討論者タイプが具体的にどのようなタイプなのかを、詳しく解説していきましょう。

性格診断テストの説明・診断はこちら
婚活で使える性格診断
ENTP型の恋愛・結婚の特徴はこちら
ENTPの恋愛・結婚の特徴

ENTP型の特徴


このタイプは精神がぶつかり合うプロセスをもっとも楽しむ人たちです。機転を働かせながら、幅広い知識とさまざまな考え方を繋ぎ合わすことができる能力を活かして、自らの主張を証明することに彼らは快感を感じます。

ENTP型討論者タイプの性質には面白いコントラストがあるのです。頑固に正直な面と、心からは信じていない物事を人に諭す面があり、他人の議論を引き受けて別の視点から論じるのも得意としています。

そんなENTP型討論者タイプの代表的な特徴は以下の3点です。

  • 発想は逞しくも面倒は嫌い
  • 議論能力の高さがアダになる
  • 辛さを避けると好機を逃しがち
  • 発想は逞しくも面倒は嫌い

    ENTP型討論者タイプは常に頭を使いながら、常識的な考え方に楽しんで疑問を投げかけます。そして根底から覆したり、既存のシステムを作り変えたり、新しい方向へと導いたりするわけです。

    しかし、自分が言い出しっぺの提案が実施される状況を、もし自分で管理しなければならなくなると、もうお手上げとなります。

    大きい視野で考えたり、ブレーンストーミングをしたりするのは好きですが、「面倒な業務」をするのは何としても避けたいのです。

    このタイプは人類のわずか3%程度といわれていますが、ENTP型討論者タイプの人達が根本的なアイデアだけを考えた後で、数多くいる綿密な性格の人たちが作業をするには、ちょうどよいバランスといえます。

    議論能力の高さがアダになる

    このENTP型の人たちは、卓越した議論応力がアダとなり、時として厄介な存在にもなります。必要な場面で役に立ってくれることが多い反面、会議中に突如として上司に向かって疑問をぶつけることもあるのです。

    誰もが気遣っている重要な人物の一語一句に揚げ足を取ることや、他人の好意を踏みにじるなどの失敗をすることもあります。

    根っからの正直者で、遠回しな言葉を使わずにストレートに責めてしまいます。優しい人だと思われたいという気持ちはほぼゼロであるのが、状況をより複雑にします。

    同じような価値観の人とはある程度うまくやっていけますが、社会一般の人たちは対立を避けたいことが多いものです。

    多くの人は心地良い雰囲気を好み、気持ちを優先に考えることから、不快な真実に対して罪のない嘘さえついたりしがちといえるでしょう。

    これに対してENTP型討論者タイプの人達は失望し、口論好きな性格が災いを呼び、気づかないうちに他人の領域に土足で踏み込み、もう後戻りが難しくなることもあります。

    やられたことはやり返さないと気が済まず、甘やかされることには我慢がなりません。

    また、人びとが頼み事をする時に遠回しな表現で頼むようなやり方を嫌います。

    その自信や視野の広さ、知識の深さや、ユーモアの鋭さで一目置かれていますが、そういった能力を深い人間関係や恋愛において上手に活かすことができません。

    辛さを避けると好機を逃しがち

    ENTP型討論者タイプの人達がその生まれつきの才能を発揮できるまでには、多くの人たちよりも大変な道のりがあります。

    広い視野により、責任者になったときや少なくとも信頼してくれる責任者がいる場合、計り知れない力を発揮するのです。しかし、そこにたどり着くまでにはいくつもの、乗り越えねばならない困難があります。

    ENTP型討論者タイプは、それらの辛いことを避けていると、せっかくの好機を逃してしまうことがよくあります。

    また、責任ある立場を得られている場合は、自分自身のアイデアを形にするプロセスの中で、常に他人に頼っていることを忘れないようにしなければなりません。

    合意を形成するためよりも議論に勝つために時間を使っていると、成功する上で欠かせないまわりの支援を得られなくなることが多いからです。

    ENTP型の有名人

    ニアミス
    ENTP型討論者タイプに分類できる有名人は、以下の人たちです。

  • アル・ヤンコビック
  • サラ・シルバーマン
  • アダム・サヴェッジ
  • トム・ハンクス
  • マーク・トゥウェイン
  • トーマス・エジソン
  • セリーヌ・ディオン
  • アダム・サヴェッジ
  • サシャ・バロン・コーエン
  • ENTP型の向いている仕事

    されています
    ENTP型討論者タイプの向いている主な仕事を挙げると以下の3つとなります。

  • 芸術家
  • 学者
  • コンサルタント
  • 少し詳しく見ていきましょう。

    芸術家

    ENTP型討論者タイプの顕著な特徴は、とにかく斬新なアイデアとそれを形にする独創的なところです。しかも先見性や洞察力があり、このような特質は芸術作品において大いに発揮されるでしょう。

    よって芸術家への適性は高いといえます。

    同じ理由で、適性の高い他の仕事は以下の通りです。

  • 映画プロデューサー
  • クリエイティブディレクター
  • 劇作家
  • ゲームプランナー
  • シナリオクリエイター
  • 写真家
  • コピーライター
  • グラフィックデザイナー
  • 学者

    ENTP型討論者タイプは専門知識を伸ばす事に興味があり、独力で道を切り開くパイオニア精神があるので、学者に向いています。

    ただし、学者といっても研究室に閉じこもって研究するのは苦手で、関係者とのネットワークを駆使して成果をあげるでしょう。

    とりわけ、人一倍熱心に自分の考え方や理論を伝えることができるので、ネットワークを活かせます。

    この特質から、適性が高いと思われる他の仕事は以下の通りです。

  • 新規開発系エンジニア
  • 建設家
  • データアナリスト
  • 株式トレーダー
  • コンサルタント

    ENTP型討論者タイプは新しいアイデアや概念を生み出すことや、新しい環境に対応することが得意で、とにかく変化を好む傾向があります。

    そのため、常に変化する環境への対応が求められるマーケティングや経営についてアイデアを提案する、コンサルタントには適性が高いでしょう。

    ビジネスには論理的思考が活かされる上、クライアントに方法論を的確に伝える能力があるので、多くの企業の業績をアップさせることができます。

    ENTP型討論者タイプと相性が良い4つのタイプ

    感服
    ENTP型討論者タイプと相性の良いタイプは4つあります。INTP型、ESFJ型、ISFJ型そして自らと同じENTP型討論者タイプという4種類です。

    これらの4タイプは、情報の捉え方や、情報の判断は違ったとしても、本人の持っている価値観や哲学が近い可能性が高いタイプとなります。

    その為、一見近づきにくい印象を受けるかもしれませんが、親密な関係になる可能性が最も高いタイプと言えるでしょう。

    ENTP型討論者タイプにとってISFJは対極的なタイプであり、情報の判断の仕方がまったく異なるので、一見近づきにくいように思うかもしれません。

    しかし、ある一線を超えた距離まで近づけば、お互いに相手から学ぶことが非常に多く、それぞれが自分自身の価値観をさらに豊かにすることができます。

    まとめ

    議論を木っ端微塵にする過程を楽しむ悪魔的討論者と言われるENTP型討論者タイプの特徴や有名人、向いている仕事、相性の良いタイプなどを紹介しました。

    ずば抜けた議論能力がアダになって人間関係を壊す危うさや、面倒や苦労を避けたいがためにチャンスを逃す弱さもあります。

    しかし斬新なアイデアと専門性へのこだわりで、大事業の根本となるアイデアを生み出す力も有しているというポテンシャルを持っているのです。