ビジネスシーンでは、相手の申し出を断らなければいけない場面によく遭遇します。そんな時「せっかく」という言葉を使えば、相手の気持ちを損なわず上手に断ることができます。
そこでこの記事では、

・敬語表現としての正しい「せっかく」の使い方
・ビジネスシーンでの使い方例文集
・注意したい「わざわざ」との違い

について解説していきます。
この記事で使い方のポイントを押さえれば、断るのが怖くなくなるはずです。

「せっかく」とは せっかくの意味

「せっかく」とは
①力を尽くすこと
②骨を折ること
③心を砕くこと
という意味の名詞で、「せっかくの好意」や「せっかくだが断る」「せっかくだからもらっておく」というように使われます。(参考 広辞苑)

相手の行為に価値を認め、「せっかくだから」とすれば、受け入れる理由を説明する表現になり、「せっかくですが」と逆接に使えば、断る場合の遺憾の気持ちを表すことができます
また、「苦労して」「わざわざ」という意味の副詞として「せっかくなのに」という形で使えば、努力や期待が報われなくて(に添えられなくて)残念だという気持ちを表すことができます

「せっかく」は敬語表現として注意が必要

せっかくという言葉は使い方によっては、相手の方に失礼に聞こえてしまう場合があります。それは、自分の行為に価値を置き、「せっかくご用意したのでお越しください」というように使ってしまう場合です。
敬語として使う場合には、あくまで相手の行為に価値を置いた表現にしなければいけません

「せっかくお越しいただいたのだから、どうぞお上がり下さい」
「せっかくのご厚意を無駄にしてしまって申し訳ございません」

と使うのが敬語としての正しい使い方です。

ビジネスシーンで使える「せっかく」

ビジネスシーンで「せっかく」は、断る場面とお詫びをする場面でよく使われます。

断る場合の使い方「せっかくですが」

相手のしてくれたことに対し、その価値を認めながらも断る場面で使います。この言葉によって、相手に遺憾の気持ち、残念に感じている気持ちを伝えることができるので、失礼にならず丁重に断ることができます

例文

せっかくですが、お引き受けすることはできません
せっかくですが、お気持ちだけ頂戴いたします
せっかくのご依頼ですが、ご辞退申し上げます
せっかくのお申し出ですが、ご遠慮申し上げます
せっかくのお誘いですが、あいにく先約がございます

お詫びをする場合の使い方「せっかくなのに」「せっかく~なのに」

相手のしてくれた努力や苦労に対し、十分に応えられずに申し訳ないと詫びる場面で使います。この言葉を添えることで、相手の苦労を慮る気持ちが伝わり、不快な思いをさせずにお詫びすることができます

例文

せっかくなのに申し訳ございません
せっかくのお誘いなのに、参加できず申し訳ございません
せっかくお時間をいただきましたのに、都合がつかず申し訳ございません
せっかくご足労いただきましたのに、不在にして失礼いたしました
せっかくのご厚意に応えられず、申し訳ございません

注意したい「わざわざ」との違い

「せっかく」に似ている言葉に「わざわざ」があります。

「わざわざお申し出いただきましたが、ご遠慮申し上げます」
「お忙しい中わざわざお越しいただいたのに、申し訳ございません」

とすれば、「せっかく」と同じように使えるように感じます。
ですが、「わざわざ」には“しなくてもいいことを意図的にする様子”という意味もあり、「余計なことをしてくれた」という嫌味を含んでいるように聞こえてしまう場合があります。使い方によっては失礼になってしまうので、気をつけて使いたい言葉です。

そんな危険な「わざわざ」を使わなくても、「せっかく」の代わりに使える表現があるので、こちらを参考にしてください。

「せっかく」に代わる言葉

せっかくという言葉以外にも、角が立たずに断る場合に使える表現があります。

わざわざ:わざわざ〇〇してくださいましてありがとうございます
お時間をかけて:お時間を掛けて頂きましたのに、申し訳ありません。
ご足労頂き:ご足労頂きましたのに恐縮ではございますが。
お手間をお掛けして:お手間をお掛けしてしまい申し訳ありません。
遠路はるばると:遠路はるばるとお越しくださいましたのに。

どの言葉も、相手が自分のために労力を掛けてくれた事を表す言葉です。
シーンに合わせて使い分けましょう。