「頑張ってください」の本当の意味

「頑張れ」とは誰かを応援したり、励ましたりする時に使われる言葉です。
そして「頑張ってください」は、「頑張れ」に「ください」をつけた丁寧な言い回しです。

そもそも「頑張れ」は「頑張る」の命令形です。
つまり「頑張ってください」は、丁寧な言い方ではあるものの命令している、または指示していることになるのです。

そのため、目上の人に対して使うのは失礼です。もちろん、社外の人にも使ってはいけません。

「ご苦労様」も目上の人にはNGワード

「頑張ってください」と同じように誤用されている言葉に「ご苦労様」があります。
一見、「苦労」に「ご」をつけて「様」もつけた丁寧な言い回しに聞こえますが、そもそも「ご苦労」は相手を労わる時に使う言葉です。

いつも忙しそうな上司や、会社まで足を運んでくれた取引先の方に対して労わりの言葉をかけたつもりでも、その労わること自体、同等や目下の人に対する行為なので失礼になってしまいます。

「頑張れ」「頑張って」の言い換え表現

目上の人でなくでも頑張ってという言葉を言い換えたいときがあります。

「頑張れ」「頑張って」の言い換え表現として「応援しています」や「幸運を祈っています」などがあります。ポジティブな印象を与えやすい言葉が多いです。

「頑張ってください」の間違った言い換え表現

「頑張ってください」の言い換え表現として間違っているものも中にはあります。

代表的な間違った表現として「お励みください」があります。これは目上の人に対して使用してしまうと上から目線の言葉となってしまいます。目上の人に対して使用するのは控えるようにしましょう。

目上の人への「頑張って」の伝え方

では、どのような言葉で目上の人へ応援する気持ちを伝えたらいいのでしょうか。

実は「頑張れ」という言葉の敬語は存在しません。この言葉自体が、目上の人に使う言葉ではないからです。
そのため、応援の気持ちを伝えるためには言い換えが必要になります。

応援しています
ご健闘をお祈りしています
成功をお祈りしています

このような言葉なら、目上の方や社外の人に対して使うことができます。

「応援しています」が少しフランクに感じる場合は、「陰ながら」という言葉を添えると、控えめなニュアンスがプラスされて目上の方への印象も良くなるでしょう。

陰ながら応援しています

「期待しています」も上司にはNG

「応援しています」に似た「期待しています」という言葉があります。
実はこれも目上の人に使ってはいけない言葉です。

「期待する」という言葉は、相手に対して何らかの成果や結果を求めるニュアンスが含まれています。いわば上から目線の言葉です。
社長が社員に、上司が部下に言うならいいのですが、その反対はあり得ません。

親しい間柄の先輩や上司に対する「頑張ってください」はいいのか

親しい間柄の先輩や上司に対しては「頑張ってください」とそのまま伝えるのもいいでしょう。親しい間柄にも関わらず堅苦しすぎると相手が逆に戸惑ってしまう可能性もあります。

相手の立場や状況に合わせて臨機応変に対応するとよいです。

メールで使える「頑張ってください」の代わりの例文集

目上の人に頑張ってほしいという気持ちをメールやメッセージで伝えるには、どういった言葉を選べばいいのでしょうか。文書は残るものなので、より失礼のないように気をつけたいものです。
ここでは、具体的な場面を設定して、シーン別に例文を紹介していきます。

一般的なメールの結びの文章

益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます
今後益々のご活躍を祈念しております

異動する先輩や上司への応援メッセージ

新天地での一層のご活躍をお祈りしています
新しい職場でのご活躍を心からお祈りしています

転職する先輩や上司への応援メッセージ

夢の実現に向けて、さらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます
新しいフィールドでの益々のご活躍をお祈りしています

女性が使いたい柔らかな応援メッセージ

いっそうのご活躍をお祈り申し上げます
益々ご活躍くださいますようお祈り申し上げます
新たな門出が実り多いものとなりますようお祈りしています
良い結果となりますようお祈りしています

企業や団体向けには「ご発展」を使おう

個人向けのビジネスメールでは「ご活躍」が重宝しますが、企業や団体に向けての文書では「ご発展」を使います

皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます
貴社益々のご発展をお祈り申し上げます

まとめ

「頑張ってください」は敬語ではなく、目上の人には使わない言葉なので、「応援しています」「ご健闘をお祈りしています」「成功をお祈りしています」という言葉に言い換えて使いましょう。

メールで伝える場合は、「益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます」「さらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます」といったフレーズを使えばOKです。
また、個人宛には「ご活躍」、団体宛てには「ご発展」と使い分けましょう。

「ご苦労様」や「期待しています」という言葉も「頑張ってください」同様、目上の人に使うと失礼になるので注意が必要です。

関連するおすすめ記事

「誠心誠意、努めてまいります」の意味とビジネスでの使い方・例文集

プランナーへの転職も、ブライダルから異業種への転職も、求人案件多数
「ブライダル特化の転職サービス 」リクシィキャリア