「頑張ってください」の本当の意味

「頑張れ」とは誰かを応援したり、励ましたりする時に使われる言葉です。
そして「頑張ってください」は、「頑張れ」に「ください」をつけた丁寧な言い回しです。

そもそも「頑張れ」は「頑張る」の命令形です。
つまり「頑張ってください」は、丁寧な言い方ではあるものの命令している、または指示していることになるのです。

そのため、目上の人に対して使うのは失礼です。もちろん、社外の人にも使ってはいけません。

「ご苦労様」も目上の人にはNGワード

「頑張ってください」と同じように誤用されている言葉に「ご苦労様」があります。
一見、「苦労」に「ご」をつけて「様」もつけた丁寧な言い回しに聞こえますが、そもそも「ご苦労」は相手を労わる時に使う言葉です。

いつも忙しそうな上司や、会社まで足を運んでくれた取引先の方に対して労わりの言葉をかけたつもりでも、その労わること自体、同等や目下の人に対する行為なので失礼になってしまいます。

「頑張れ」「頑張って」の言い換え表現

目上の人でなくでも頑張ってという言葉を言い換えたいときがあります。

「頑張れ」「頑張って」の言い換え表現として「応援しています」や「幸運を祈っています」などがあります。ポジティブな印象を与えやすい言葉が多いです。

「頑張ってください」の間違った言い換え表現

「頑張ってください」の言い換え表現として間違っているものも中にはあります。

代表的な間違った表現として「お励みください」があります。これは目上の人に対して使用してしまうと上から目線の言葉となってしまいます。目上の人に対して使用するのは控えるようにしましょう。

目上の人への「頑張って」の伝え方

では、どのような言葉で目上の人へ応援する気持ちを伝えたらいいのでしょうか。

実は「頑張れ」という言葉の敬語は存在しません。この言葉自体が、目上の人に使う言葉ではないからです。
そのため、応援の気持ちを伝えるためには言い換えが必要になります。

応援しています
ご健闘をお祈りしています
成功をお祈りしています

このような言葉なら、目上の方や社外の人に対して使うことができます。

「応援しています」が少しフランクに感じる場合は、「陰ながら」という言葉を添えると、控えめなニュアンスがプラスされて目上の方への印象も良くなるでしょう。

陰ながら応援しています