食べ物のアレルギーを持っている人にとっては、外での食事に不安が大きいでしょう。今では様々なところで、相手からアレルギーを聞かれることが増えています。それは結婚式の披露宴でも一緒です。

ここでは、結婚式の招待状へのアレルギーの有無の返信の書き方や例文、欄がない時の対処などもご紹介します。お祝いの席ですから、みんなが気持ちよく時間を過ごせるよう、配慮ができる大人になれます。

結婚式招待状の返信のアレルギー欄

最近では、結婚式披露宴の招待状の返信はがきに、「お体にあわない食材がございましたら遠慮なくご記入ください。」や「食べ物アレルギーがございましたらご記入下さい。」などという欄が設けられているものが多くなってきました。
アレルギーがある場合はもちろん、ない場合でも何か記入して、マナーにあった返信をしましょう。
それぞれのケースで気をつけるべきことなどをまとめます。

アレルギーがない時の書き方

アレルギーがなくても、結婚式の返信なので何と書くか迷うこともあるでしょう。空白で返信したり、ただ「ないです。」や「ございません。」などの一言で返信したりするのは、大人のマナーにそぐわない返信です。

まず、アレルギーがないから空白で返信してしまうと、受け取った人は見落としや書き忘れを心配してしまいます。確認したうえで、アレルギーがないから書いていないことを伝えなければいけないのです。空欄のままでは、受け取る相手への配慮が足りないといえます。

返信欄には、

「アレルギーはありません お気遣いありがとうございます」
「ご配慮ありがとうございます 特にアレルギーはございません」

 

などと書くのがマナーです。

欄がチェック方式の場合

中には記入ではなく、チェックや丸で囲むタイプのものもあります。
「食物アレルギーをお持ちの方は○でお囲みください 卵・乳製品・小麦・そば・落花生・エビ・カニ」といった具合です。
その場合には、余白やメッセージ欄を使って、「ご配慮ありがとうございます」のひと言を添えましょう。

アレルギーがある場合には、チェックや丸をしたうえで、「お手数をおかけいたしますが お願いいたします」などと添えるといいでしょう。

アレルギーがある時の書き方

返信にアレルギーの欄ができたのには、新郎・新婦側が招待したみなさんに披露宴で美味しい食事を楽しんでほしいという考えからあるものです。ですから、アレルギーがあるなら、正直に書くのがマナーです。

わざわざ別料理を用意してもらうことになると思うと、書きづらいと思うかも知れませんが、それでは新郎・新婦側に感謝しながらアレルギーのことを伝えるべきです。

書く際には、具体的に書くと会場側が対応しやすくなります。

「大変申し訳ありませんがエビにアレルギーがありますが(or)エビの身は反応がでますが、エビの殻のだしスープなら問題ありません。ご配慮ありがとうございます」

お詫びの言葉と配慮へのお礼の言葉を添えて、メッセージを書けば印象がいいでしょう。

連名の1人だけがアレルギーがある時

夫婦2人で出席する場合には、連名で返信するのが一般的です。
その時、どちらか一方の人だけがアレルギーがある場合には、

「夫の□□が○○アレルギーがあります お手数ですが 対応いただければ幸いです ご配慮ありがとうございます」

とどちらが何アレルギーかはっきりと読みやすく書きましょう。

アレルギー欄も句読点は使わない?

結婚式の返信のメッセージには、お祝いごとに終止符を打たないという意味で、句読点をつけずに書くのがマナーとされています。これは、アレルギー欄でも同じです。
アレルギーの有無とご配慮へのお礼のメッセージにも、句読点は使わないようにしましょう。これまでの例文にも、句読点は使っていません。

欄がないが、アレルギーがある時の返信

最近では増えてはきているものの、まだアレルギー欄がない結婚式披露宴の招待状もあります。

アレルギーがある場合は、結婚式当日にそのことを伝えるのでは、会場側だけでなく新郎・新婦側にも迷惑をかけてしまいます。また、ひとりだけ料理に手を付けていないと、周りの人も居心地がよくないでしょう。アレルギーは、事前に伝えるようにしましょう。

欄がないなら、空きスペースに食物アレルギーがある旨を記入し、さらに新郎・新婦側には事前に電話などで直接伝えます。

アレルギーを伝える際の例文

ここでは、アレルギーがある場合の例文をまとめます。

・大変申し訳ありませんが かにアレルギーがありますので ご配慮いただけると幸いです (どうぞよろしくお願いいたします。)
・ご面倒をおかけいたしますが 海老にアレルギーがあるので ご考慮いただけると助かります
・ご面倒をおかけいたしますが 夫の○○にたまねぎのアレルギーがありますので ご配慮いただけると助かります (よろしくお願いいたします。)
・大変申し訳ございませんが 長女の○○に甲殻類アレルギーがありますので ご配慮いただけると幸いです (よろしくお願いいたします。)

結婚式でアレルギーを伝える際のまとめ

最近では、結婚式の招待状にアレルギーの確認欄があることが増えています。アレルギーがあるにしてもないにしても、何かしら記入をして返信するのがマナーです。アレルギーがない場合には、はっきりとアレルギーがないことに新郎新婦の配慮へのお礼の言葉を添えましょう。空欄のままにしてしまうと、受け取り側は見落としなどの心配をしてしまいます。

チェック方式のアレルギー欄の場合には、空白のスペースに「ご配慮ありがとうございます」などの一言を書きます。

アレルギーがある場合には、遠慮しないで正直に書くことと手間へのお礼を添えるようにいします。対応しやすいように、具体的に書きましょう。連名の返信では、どちらが何にアレルギーかわかりやすく書きます。

アレルギーのメッセージにも、句読点は使わないようにするのがベターです。

欄がない場合でも、アレルギーがあるなら、空白に欄の記入と同じように記入して、事前に新郎新婦側にも電話で連絡するのもマナーです。例文をアレンジして、失礼のないよう、また印象よくアレルギーの件を伝えましょう。