「生産性が高い」「生産性をあげる」など、最近はさまざまな場面で使用されるようになった「生産性」ということばですが、実際に正確な意味を理解して使用している人は決して多くありません。

「生産性」は、実は仕事をする上でとても有益なものです。少し意識をするだけで仕事の効率が上がります。日々の仕事を効率よくこなす手助けとなるよう、この記事では「生産性」の正しい意味と、生産性を高める方法を解説します。

「生産性」とはそもそも何か

「生産性」とは、簡単にいえば「いかに少ない力で多くのものを生み出せるか」ということです。「少ない力」というのは、時に「時間」や「労力」をさし、場合によっては「費用」や「難易度」などとさまざまです。例えば、1時間で10個の製品を作り出せる機械があるとします。これは、1時間で8個しか製品を作り出すことができない機械よりも生産性が高いということになります。

一方、1つの製品を作るのにいくつもの機械や人の手が必要となれば、それは生産性が低いということになります。
つまり、同じもので比べた場合に、より時間がかからない方法で作ることができれば、より労力やコストをかけずに作ることができれば、と1つよりも2つ、2つよりも3つ、と可能な限り条件を絞れば絞るほど生産性が高まるということになります。

仕事をする上で「生産性」をあげるために必要なこと

少し環境や意識を変えるだけでより効率よく仕事を進めることができ、結果として生産性の高い仕事をこなすことができるようになります。

生産性をあげるには作業環境を整える

生産性を高めるために作業環境を整えるということはあまり重要視されていないのが実状ですが、実際は思った以上に効果が期待できます。例えば室内があまりに暑いと仕事に集中できず、寒すぎても身体が不調を訴え満足のいく仕事はできません。

このように室温1つとっても、環境作りが仕事の生産性に影響を及ぼすことは明らかであるということです。また、BGMがある方が仕事に集中できる人、周りに人がいない方が仕事がはかどる人など、1つの職場内にもさまざまな人がいます。

最も簡単に仕事の生産性をあげるなら、まずはそれぞれに応じた作業環境を整えることが1番です。

モチベーションを整えると生産性があがる

従業員のモチベーションを上げることも生産性につながります。モチベーションをあげる一番の方法とは、正当な評価のもと、それに見合った報酬を個々に与えることでしょう。

例えば、「企業が自分頑張りを評価してくれている。もっと貢献しなければ!」と従業員に思わせることができれば、仕事への積極性も上がり、モチベーションの向上に繋がります。

信頼関係を構築することで生産性が生まれる

仕事をする上で最も大切なのは信頼関係です。特に、チームワークが必要とされる仕事の場合は、お互いがいがみ合っていては当然生産性の高い仕事などできるはずがありません。

常に一緒に働く仲間のことを気にかけ、互いに尊敬すると、足りない部分をうまく補い合うことで効率よい仕事につながります。

生産性のまとめ

生産性とは、できるだけ少ない力で多くのものを生み出すことです。時間や労力を可能な限り削り、それでも不足のない結果を生み出すことができれば、それは「生産性が高い」ということになります。

生産性を上げるために重要なものは3つ、「作業環境を整えること」「モチベーションを整えること」「信頼関係を構築すること」です。従業員が作業しやすい環境の中で正当に評価され、仲間と信頼関係を築くことができれば、確実に仕事の生産性は高くなるでしょう。