働く業種によって休みの形態は様々。土日が休みとなる業種の方が多数派ではありますが、平日に休みが多くなる業種も沢山あります。

この記事では平日休みの業種や平日休みのメリットなどについて解説していきます。これから就職する方も、転職を考えている方も、この記事を通して平日休みのメリットとデメリットを理解することができるでしょう。

平日休みが多い業種とは

平日に休みを取ることが多い業種として代表的なものは、サービス業です。もっと具体的に平日休みが多い業種を挙げると、飲食店やスーパーなどの販売員、アパレル店員や医療機関などがあります。

他には、遊園地や博物館などのレジャー施設で働く場合も平日休みが多くなります。これらの業種は共通して土日が書き入れ時であったりサービスの中心となりますから、平日休みが増えるのも理解できますね。

平日休みのメリット

平日休みのメリットは実は沢山あります。まず挙げられるのは、飲食店やアパレルショップ、家電量販店など、どのお店も基本的に空いているということ。土日は混雑していて行きづらいという場所でも平日ならストレスを感じることなく訪れることができます。

病院や役所、銀行などに行きやすいというのも平日休みの大きなメリットです。日常生活で平日にしか行えないことは意外とたくさんあります。

旅行や観光にかかる費用が安いことも平日休みのメリットです。交通費や宿泊費は平日の方が安くなることがほとんどで、土日よりも混雑しないのでゆっくり落ち着いて楽しめるでしょう。

ただし、定休日が休みの日と重なってしまう可能性や、平日は営業時間が短くなっている場合もあります。定休日などは事前に調べておくといいですね。

平日休みのデメリット

平日休みのデメリットとしては、友人・知人と予定を合わせづらいことが挙げられます。同じ平日休みが多い業種で働く人なら問題はないのですが、基本的に土日が休みとなるサラリーマンの方とは予定が非常に合わせにくいです。

また、イベントやコンサートなどは土日に開催されることが多いため、平日休みだと参加することが難しいかもしれません。他には結婚式に出席しづらい、子供の運動会に行きづらい、なども平日休みのデメリット。

平日休みのおすすめな過ごし方

平日休みの過ごし方としておすすめなのはショッピングや旅行などです。せっかくショッピングや旅行に出かけたくても、土日の混み具合を考えると気持ちが萎んでしまいます。しかし平日であれば空いていることも多いので、落ち着いてショッピングや旅行を楽しめることでしょう。

ただし、アパレルショップなどでは空いているぶん店員から話しかけられることも多くなりますから、アパレルショップで話しかけられるのが苦手、という方には不向きかもしれませんね。

また平日にショッピングや旅行へ行く際の注意点としては、定休日を事前にチェックしておくといいでしょう。お店の前まで行ったのに、定休日で閉まっていたら残念な気持ちになってしまいます。

また、ランチがとても安いことも平日の魅力。土日に外食しようと思うとそれなりのお値段がかかってしまうところでも、平日のランチであればお手頃な値段で料理を楽しむことができます。

平日休みについてのおさらい

土日が書き入れ時となる飲食店やアパレルショップ、販売店やレジャー施設などの業種は平日休みとなることが多いです。土日休みの人とは予定が合わせづらいことなどがデメリットとして挙げられますが、それ以上に平日休みのメリットが多いのも事実。平日であれば、土日に混み合うお店や施設も空いていることが多いのでストレスを感じることなく休みを満喫できるでしょう。

平日休みの過ごし方としてオススメなのはショッピングや旅行などがおすすめ。土日には混んでいて行きたくないような場所でも平日なら空いていますからゆっくり落ち着いて楽しめます。

ただし、平日にショッピングや旅行へ行く場合には定休日などを事前に調べておいた方がいいかもしれません。