嘱託とはそもそも何か

求人誌などで「嘱託社員」という内容の募集がされているのをよく目にしますが、嘱託社員というのは法律で明記された雇用形態ではありません。企業によってその位置付けが微妙に変わり、準社員として扱われる場合や定年退職後に再雇用された社員のことを指す場合もあります。医者や弁護士など特別なスキルを持っているため依頼された社員が嘱託社員と呼ばれることも。それぞれの企業によって位置付けや労働条件が変わると言えるでしょう。

嘱託社員と契約社員・正社員の違い

嘱託社員は非正規社員に分類されるためそもそも正社員とは別のものです。また嘱託社員と契約社員はどちらも法律によって定義されている雇用形態ではないため、この二つには明確に定義された違いはありません。

どちらも雇用期間が定められた上で会社から雇われる立場であり、大体の場合は企業による呼び方の違いであると言えるでしょう。強いて二つの違いを挙げるとするならば、先ほどの項でも説明したように嘱託社員は定年退職後の社員を再雇用する場合に使われることが多いです。

また契約社員がフルタイムで働くことが多いのに対して、嘱託職員は必ずしもフルタイムの労働条件ではないようです。嘱託職員と契約社員で共通して言えることは、どちらも一生涯同じ企業で働ける保証がないということ。これが正社員との違いの中で最も大きなものであると言えるでしょう。

嘱託社員の給与体系など待遇の違い

定義が曖昧であるだけに契約社員と嘱託社員の待遇面での違いも一概には言い切れません。働く企業によって給与体系や待遇が異なってきます。ここで注意したいのは、嘱託職員だからと言って必ずしも正社員より収入が低くなるとは限らないことです。

嘱託職員には退職金はない場合が多いですが、それ以外は正社員と待遇がほぼ同じである場合も。ボーナスはある所とない所があり、「正社員の給与の何割」という条件で給与が決められる会社もあります。労働時間や雇用期間など一定の条件を満たせば正社員と同じように社会保険へ入ることも可能。企業によって働く環境は大きく変わってくるといえるでしょう。

嘱託社員が契約の際に注意すること

嘱託社員は契約社員と同じように雇用期間が決められた上で働くことになります。契約更新ができない場合は自分が働きたいと思っても、もうその企業では働くことができません。正社員と違って不安定な雇用形態であることは覚悟しておかなければならないでしょう。

また企業側の定める嘱託職員の立場が自分の思っているものと違っている場合があります。契約を交わしてから「考えていたのと違う」と後悔しなくてもいいように、給与やボーナスの有無など、条件をしっかりと確認してから契約を結ぶようにしましょう。

嘱託社員のまとめ

嘱託職員という雇用形態には法律で定められた決まりはなく、企業によって給与体系や待遇も様々。契約社員とは呼び方が違うだけである場合がほとんどで、基本的には定年退職後の社員を再雇用する場合を嘱託職員と呼ぶケースが多いです。

契約期間が定められた上での雇用となりますから、正社員と違って一生涯その会社で働ける保証はありません。嘱託職員には退職金がない場合が多いですがそれ以外はほぼ正社員と同じ条件で働ける所や、企業によってはボーナスがある所もあります。

自分の考えている嘱託職員と企業側の決めた条件とにギャップが生じてしまうこともありますから、契約してから後悔しないように事前に給与や待遇はしっかりと確認しておくといいですね。この記事を通して、きっとより良い待遇の会社を選ぶことができるようになるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda