就活やアルバイトで必ず提出するのが「履歴書」ですが、転職などの場合には、履歴書の他に「職務経歴書」を提出することが少なくありません。

同じように思えますが、履歴書と職務経歴書とでは大きな違いがあります。ここでは、その違いと書き方について解説いたします。

履歴書は個人の自己紹介書

履歴書は簡単に言えば、個人の自己紹介書のようなものです。

担当者は履歴書を見て、「通勤できる距離なのか」「自社に合った人材か」などを大まかに見て、面接するかを判断します。新卒やアルバイトは履歴書だけの場合がほとんどです。

履歴書の書き方次第で決まることが多いため、担当者に会ってみたいと感じさせる書き方が重要です。

履歴書を書く際のポイント

自分の強みをアピールする

いかに自分が会社に貢献できる人材であるかをアピールすることも大切です。

コミュニケーション能力や忍耐強さ、調整力など自分が優れていると思う長所をきちんとPRしましょう。転職の場合は、同時に職務履歴書を提出するのもよいでしょう。

自分の職務経歴をアピールするには、履歴書の職歴欄だけではスペースが足りないはずです。

特別に指定されなくても、職務経歴書を提出することは悪くありません。逆に、その積極性は好印象を与えるはずです。

職務履歴書は自分のスキルや経験をプレゼンテーションするもの

職務履歴書では、どのようなスキルを有してどのような仕事を経験してきたのかを見ます。そして、採用するかしないかを決断するのです。

中途採用や転職の場合、企業にとって必要な人材は「即戦力」です。

職務履歴書の書き方は採用の可否を決める重要な要素になります。自分がこれまで身につけてきたスキルや職務上での経験を採用先にプレゼンテーションするためのツールになります。

「この人なら採用したい」と思わせる上手なプレゼンテーションが望まれます。

職務履歴書の更に詳しい書き方については以下の記事も参考になります。
職務経歴書とは? 履歴書との違いと書き方 ポイントを解説

職務履歴書を書く際のポイント

自由に書ける分、具体的に能力をアピールする

職務履歴書は、履歴書のように決まった書式はありません。

テンプレートなどもありますが、ざっくりとした形式のもので、自由に書いて良いのが職務履歴書とも言えます。自由な分、きちんと整理して書くことが重要です。

書き方としては、時系列にするのが一般的です。以下の情報は欠かさず書きましょう。

  • 勤続期間
  • 会社名
  • 部署・ポスト
  • 業務内容
  • 得られたスキル・経験

企業の採用者が職務履歴書で判断するポイントは、「必要な実務能力があるか」「求めている職種に合っているか」「転職の目的は納得できるか」「信憑性はあるか」などです。

単純に実績を並べるのではなく、実績をあげるためにどのような努力をしたのか、同僚とのチームワークなど、結果を出すために取り組んだことを具体的に書きましょう。

文章は見やすく簡潔に、枚数は2枚程度

職務履歴書は、文章のわかりやすさも大切です。専門用語など難しい言葉は極力控えるのがベストです。

長々と書かず、2枚ぐらいで簡潔に表現しましょう。

また、見た目も重要です。レイアウトやデザインなど見やすくキレイなプレゼンテーションは、より担当者の心を掴むはずです。

職務経歴書と履歴書の違いのおさらい

転職をする際には履歴書と職務履歴書との違いをきちんと理解して、書くことが大切です。

  • 履歴書は、個人の自己紹介書
  • 履歴書では自分の長所をアピールする
  • 職務履歴書は、スキルや経験のプレゼンテーションツール
  • 職務履歴書では、実績について具体的に書く
  • 職務履歴書の枚数は2枚程度で文章は簡潔にわかりやすく書く

履歴書と職務履歴書で自分自身を上手くアピールし、転職を成功させましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda