会社説明会や面接に遅刻するなんてあってはならないことですが、体調不良や交通機関の乱れなど様々な理由で遅刻してしまうことがあります。残念ながらその時点で不採用となることも皆無ではありませんが、誠意を持って対応すれば分かってくれることも。今回は、図らずも遅刻してしまった時の対処法を徹底解説します!

会社説明会、面接に遅刻をしてしまった場合の対処

会社び説明会や面接に遅刻してしまった時の対処法として、いくつかポイントがあります。安心はできませんが、最後まで諦めずにできる限りのことをして面接に臨むことが大切です。

遅れると分かった時点ですぐに連絡を入れる

会社や面接会場へ向かっている途中、あるいは出発時にすでに遅刻が確実となってしまった時には、分かった時点で迅速に対処することが何より大切です。遅刻の理由がはっきりと分かっていて事前の対応がしっかりしたものであれば、猶予が与えられる可能性も十分にあります。

最も避けるべきは、予定時刻ギリギリになって連絡すること。相手を待たせた挙げ句、約束間際に遅れると連絡を入れるのは、社会人としてルール違反です。

遅刻の連絡は必ず電話をする

迅速に対応しなければいけない場面で、メールやファックスなど、確実に伝わるかどうか確認できないツールを使うのは論外。緊急時に、まともに連絡できない人だと評価されてしまいます。直接相手と話ができる電話で連絡するのが原則です。

遅刻をしたとしても参加する意欲を見せる

すぐに連絡することに続き大切なのは、仕事に対する熱意を示すことです。やっと到着したかと思えば長々と遅刻の理由を述べたり、必要以上に謝罪したり、そんな時間は双方にとって無駄でしかありません。

遅刻したことは事実として受け止め、面接を受けさせてもらえることに感謝し、すぐに頭を切り替えることが合格へのカギとなります。

誠実に謝罪をすることが大事

会社や面接会場に到着したら、まず端的にその理由を述べ心からの謝罪を示します。落ち込んだり、投げやりな態度を見せたりするのは逆効果。この時点でマイナスからのスタートですから、とにかく人よりも明るくハキハキと受け答えをすることが大切です。

遅刻をした場合の言い訳

遅刻をする理由には色々なものがありますが、最も言い訳に困るのが寝坊。正直に伝えても、伝えなくてもリスクがあります。

寝坊した場合、正直にいうべきか

寝坊をした場合は遅刻の理由として素直に伝えるべきです。もちろん相手には「自己管理のできない人」という印象を与えてしまいますが仕方ありません。

それよりも、後になって嘘がバレた時、信頼関係を修復することの方が難しくなりますので、嘘をつくのはやめておくのが賢明です。

万が一遅刻をした場合の電話のかけ方

 
理由ごとに例文を示しますが、どんな理由であれまずは自己紹介が必要です。以下の文言の後に、それぞれの理由を述べましょう。

例文

「お世話になっております。本日○時から面接を予定しております、○○大学○○学部○○学科の○○と申します。恐れ入りますが、担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか。」

体調不良の場合 例文

御社を第1希望としており、ぜひ面接をしていただきたかったため最後まで伺うつもりでおりましたが、インフルエンザ(感染症)ということで、御社にて被害を拡大させてしまってはいけないと思い、ご連絡させていただきました。せっかくお時間を割いていただいていたところ大変申し訳ございませんが、再度選考の日程を調整していただけませんでしょうか。

電車やバス、交通機関の遅延の場合 例文

現在○○駅で人身事故の影響で電車が遅延しており、御社への到着が遅れます。これから○○線へ乗り換え、御社に到着するのが○時頃となる見込みですが、それから面接を受けさせていただくことは可能でしょうか。

忘れ物や落とし物をした場合 例文

現在○○におりますが、必要書類を忘れてしまったことに気が付きました。御社に到着するのが○分ほど遅れてしまう見込みですが、面接を受けさせていただくことは可能でしょうか。あるいは、面接後に再度必要書類を持参いたしますので、このまま御社へ向かい、面接を受けさせていただけませんでしょうか。

まとめ

基本的に遅刻はNGですが、だからと言って必ず不採用になるわけではありません。正直に、誠意を持って謝罪することで、良い方向に向かう可能性も十分にありますので、まずは遅刻が確定した時点で会社に連絡を入れましょう。その場合は必ず自身で電話をかけ、ハキハキと自己紹介をしてから遅刻の理由と今後の予定について確認するのが基本です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda