ターゲティング 意味とビジネスで使う場面

ターゲットという言葉は、日常生活でもよく使いますが、「ターゲティング」という言葉はビジネス用語と言ってもいいでしょう。

ビジネス用語「ターゲティング」はマーケティング用語で、製品やサービスを売り込み利益や知名度など目的を達成するために、最も適切だと思われる市場や顧客グループを選ぶことを言います。

「ターゲティング」は、多様なニーズに対応するためのマーケティング手法『ターゲットマーケティング』の大切な要素です。そのプロセスが、市場の細分化(セグメンテーション)、標的市場の選択(ターゲティング)、製品のポジショニングの3つに分かれています。

ほかに「ターゲティング」を含む、抑えておきたいマーケティング用語を紹介します。

行動ターゲティング広告

ウェブサイトの閲覧履歴、サーチエンジンの検索履歴などから、その個人の好みを分析、好みに合っている広告を配信する方法を指しています。
例えば、通販のウェブサイトで出る“あなたにおすすめの商品”は、Cookieなどの分析機能を使い、様々な個人の履歴から割り当てられた商品が表示されます。これも行動ターゲティング広告のひとつです。

オーディエンスターゲティング広告

行動ターゲティング広告を深化させて手法です。
複数のウェブサイトの閲覧履歴から、より幅広く個人の閲覧履歴を引き出し、最も適した広告をその個人に対して配信する方法を言います。
また、行動ターゲティング広告と違い、会員制サイトの登録情報が結び付けられているので、年齢や居住地なども広告の選択に反映されています。

例えば、新車の情報を頻繁に検索した後には、ファッションや食べ物など車とは関係性の低いサイトを訪問しても、車についての広告が出ることがあります。近くの自動車販売店の広告なこともあるでしょう。これは、オーディエンスターゲティング広告を活用していると思われます。

ターゲティングの例文

・ターゲティングが正しくないから、広告の効果が薄いのではないでしょうか?

・どのサイトを閲覧しても、行動ターゲティング広告が多くて閲覧の邪魔になる。