就職活動の最終のステップである最終面接。面接官もこれまでと違って社長をはじめとした会社の幹部です。緊張する場面だけに、事前準備と心構えが特に重要となります。ここでは、最終面接が一次面接・二次面接とどう違うのか、また想定される質問と準備するべき対策について説明します。

最終面接・役員面接とは一次面接や二次面接との違い

一次面接や二次面接と最終面接で大きく違う点は、面接官です。一次・二次の面接では、通常、人事や現場の技術者・管理者などが面接官となります。これに対して、最終面接は、社長や取締役など会社の幹部が面接官となるのが一般的です。

また、一次・二次面接の目的は、応募者が業務に必要な知識・適性や、社会人として必要な基本スキルを持っているかどうかを確認すること。一方、最終面接は、応募者が本当に入社してほしい人材かどうかを最終判断する場となります。

最終面接・役員面接で見られる部分

最終面接で面接官に見られる点は、一言でいうと、その会社の一員として好ましく活躍が期待できる人材かどうかです。一次・二次面接のように個別のスキルや技術を確認されるのではなく、人間性や個性、技術力を総合的に判断されます。

特に、本気でその会社に入りたいのかという熱意・意欲は最大のポイント。熱意・意欲がなければ、活躍も期待できません。さらに、リーダーシップや協調性、頑張りがきく等々の応募者の個性や、その会社に貢献できるスキル・潜在能力などを総合的に見られるでしょう。

最終面接・役員面接で質問される例

最終面接で具体的にどのような質問が想定されるのか、事例と回答のポイントを以下に示します。

志望動機に関わる質問例

・この会社を志望した動機を教えてください。
・同業他社ではなく当社を志望した理由を教えてください。
・当社のどのような点が良いと思って志望しましたか?

会社の理念や特徴、同業他社と比較した上での理念の違いを踏まえた上で具体的に根拠をあげて説明しましょう。
・当社が第一志望ですか?
・同業の会社でほかに受けているところはありますか?
・他社から内定がでても、当社に入社しますか?

第一志望であること、入社の意思があることを明確に伝えます。

 

これまでの経験に関わる質問例

(新卒の場合)
・ゼミで取り組んでいる研究内容について概要を教えてください。
・大学の専門課程の中で特に興味を持って学んできたことを教えてください。
・〇〇の研究は、どのようなアプローチで進めているのですか?

研究内容や学んでいる内容を簡潔に説明するとともに主体的に取り組んでいる姿勢を伝えることが重要です。
(転職の場合)
・これまでに、やりがいを感じた業務や成功した事例があれば教えてください。
・スキルアップのために取り組んできたことはありますか?
・〇〇開発をされてきたようですが、品質向上のために工夫をした点はありますか?

具体的事例とともに、意欲的に取り組んだ姿勢と成果を伝えましょう。

将来やりたいことに関する質問例

・この会社で、どのような仕事をやりたいと思っていますか?
・この会社に入社したら、どこの部署に入りたいですか?

会社の事業方針、事業内容を踏まえた上で、具体的なイメージを説明します。
・あなた自身は会社にどのように貢献できると思いますか?
・あなたのこれまでの経験やスキルを当社でどのように活かせると考えていますか?

自信のあるスキルや経験等について具体的な根拠をあげて説明します。

最終面接の対策おさえるべき3ポイント

最終面接の対策として、次の3項目を押さえておきましょう。

社長や役員の理念を理解しておく

面接官である社長や会社役員は、常に会社の経営、進むべき方向について考えています。その会社経営の指針となるのが、会社の理念。最終面接にあたっては、会社理念、つまりその会社が何をめざしているのかを深く理解しておくことが基本です。

会社の理念は、ホームページに必ず掲載されています。社長のメッセージ、役員ごとのメッセージ、会社のこれまでの歩みなどをあわせて読み込みましょう。同業他社の理念と比べて違いを確認することで、より理解を深めましょう。

想定質問の回答を考える際には、この理念を念頭におくことがポイントです。志望動機や将来会社でやりたいことなどの質問に対しても、会社の理念に関連させて答えると、熱意・意欲がより伝わりやすくなります。

志望動機を掘り下げて自分独自のものにする

志望動機は、最終面接でも必ず確認される重要項目です。突っ込んだ質疑に発展することも多々あります。きちんと説明すれば、会社に対する熱意を示すことができる一方で、説得力がない説明をしてしまうと本気度を疑われかねません。

具体的で説得力のある説明をするために、志望動機を次の観点で掘り下げておきましょう。

会社の理念や事業内容を理解し、共感点をみつける

会社の理念や事業内容、最新ニュースなどを読み込んで、魅力的で共感できる点、志望する気持が強くなった点を整理しましょう。なぜ、他社ではなくこの会社を志望したのかを説明できるようにしておきます。また、どのような業務をしたいと思ってこの会社を志望したのか、具体的なイメージを固めておきましょう。

「常に挑戦と革新を続ける」という理念

「会社の歩み」によると、従来事業を着実に成長させながら数年ごとに新規事業を開拓している。〇〇サービスをはじめ、いろいろな分野で独自ブランドを確立してきた点が、「挑戦と革新」という企業理念を実践していると感じられ共感できる。
「ロボティクス・AI」の事業

ロボティクス・AI事業を3本柱のひとつと位置付けている点や、同事業の中でも他社が追随していない深層学習を取り入れた〇〇サービスをいち早く提供している点に魅力を感じる。これまで学んできたAI関連知識を活かして最先端の開発に関わりたい。

志望動機に関連づける経験の例

志望動機の根拠材料となるような過去の経験も再確認し、整理しておきましょう。

教育事業に関心がある

家庭教師で子供に理解してもらえるよう工夫した
前職で新人教育を担当し、やりがいを感じた
〇〇製品の開発をしたい

〇〇技術に興味を持ちゼミに参加している
〇〇技術の開発経験と知見がある
転職・就職における製造業(メーカー)の志望動機を書く時のコツと例文 
グローバルな活躍がしたい

英語の勉強に励んできてTOEICは○○点
前職では海外での新店舗立ち上げに関わった
TOEICとは スコアの目安やどのような試験か 他の英語資格との違い
営業職を希望

マーケティングに興味があり独学で学んでいる
介護職を希望

施設ボランティアでレクリエーションに関わった
SEを希望

Webプログラミング、自然言語処理等を勉強中
SE(システムエンジニア)を志望する際の志望動機について

最終面接 役員面接での逆質問の内容を用意しておく

面接の終盤では、逆質問を受けることがあります。このときに、特にありませんと答えるよりも適切な質問をした方が、熱意を伝えることができます。

質問は事前にいくつか考えておきましょう。会社幹部への質問なので、経営方針に関わる内容が推奨できます。あるいは、会社の業務のために身に着けておくべきスキルなどについての質問もよいでしょう。以下に例を示します。

また、逆質問を更に具体的に考えたい方、不安に思う方は転職エージェントで面接対策をしてもらいましょう。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

フリーターで就職、転職を考えている方はハタラクティブに相談してみると、よいでしょう。

フリーターの正社員就職支援

IT業界で就職、転職をしたい場合はワークポートに相談してみましょう。IT業界に特化した面接対策やアドバイスをしてくれます。

経営方針や戦略に関わる逆質問例

・〇〇製品について今後3年間で〇〇の売上をめざすとお聞きして感銘を受けました。どのような販売戦略を考えておられるのでしょうか?
・貴社の主要技術のひとつである〇〇技術にたいへん興味を持ちました。今後、グローバル展開はお考えでしょうか?
・御社の〇〇サービスは業界でもトップレベルですが、他社と比べてどのような差異化を図ってこられたのでしょうか?
・プレスリリースに、新たに介護・保育事業の拠点を拡大するとありました。介護・保育事業を今後、どのように展開されるのでしょうか?

スキル等に関する逆質問例

・御社では社員全員の英語力向上をめざす方針と聞き、私も英語の勉強に励んでおります。他に学んでおくべきことはありますでしょうか?
・入社までにどのような資格や技術の勉強をしておけば今後の仕事に役立ちそうでしょうか?

まとめ

一次/二次面接と最終面接の違い
・面接官は一次/二次では人事や現場の技術者/管理者。最終面接では社長や取締役など。
・一次/二次では適性やスキルを確認。最終面接で入社してほしい人材かどうかを判断。
最終面接で見られる点
・会社の一員として好ましく活躍が期待できる人材かどうか
・総合的な人間性や個性、技術力
・特に、その会社に入りたいのかという熱意・意欲
最終面接の対策のポイント
・社長や役員の理念を理解しておく
・志望動機を掘り下げて考えておく
・逆質問の内容を用意しておく

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda