就職活動の到達点である内定の通知。ほっと一息つける瞬間ですが、近年、内定よりも前に内々定を出す企業が増えてきているといいます。そして、同時に内々定の辞退者も増加傾向にあるといいます。
そこでこの記事では

・内定と内々定の違い
・内々定の辞退はできるか
・内々定の辞退の仕方

について解説していきます。
この記事を通して内定と内々定の違いに理解が深まり、内々定の辞退もスムーズに行えるようになるでしょう。

内々定とはそもそもなにか

そもそも内定とはなにか

内定とは正式な言い方をすれば「始期付解約権留保付労働契約」を結んだ状態をいいます。
「始期付」というのは、卒業後に採用されてそれが始期となることを意味し、「解約権留保付」とは、やむを得ない事情があれば内定を取り消しできる条件付きの労働契約であることを意味しています。

内々定は労働契約を結んでいない

内定が労働契約を締結しているのに対し、内々定は労働契約を結んでいない状態です
「これから内定を出しますよ」という企業からの「採用予定通知」ととらえるのが一般的で、経団連が定めた「採用選考に関する倫理憲章」の「採用内定日(10/1)」よりも前に通知されるものとなります。
企業側からすれば、優秀な学生を早めに確保できるメリットがあり、学生も内定と違って労働契約には至っていないため、他の企業への就職活動を正々堂々続けることができます。

内定と内々定の一番の違い

内定と内々定の大きな違いは、「労働契約を結んでいるか否か」という点です。
内定は労働契約を結んだ状態なので、法的な拘束力が発生します。そのため、企業は「採用内定取消事由」が生じない限り、一方的に契約を解除することはできません。
取消事由とは、卒業できなかったり、経歴詐称していたり、経営状態が悪化したりという場合で、合理性や相当性の認められるものに限られています。

一方、内々定は企業が取消をしても法的な問題は発生せず、損害賠償も請求できないとされています。

内々定を辞退することはできる

労働契約をまだ結んでいない内々定は、学生の方から辞退することも可能です
実際に、内々定を複数獲得する学生は増加する傾向にあり、同時に辞退件数も増えてきています。
この背景には、大手企業より早く選考を始める中堅企業の内々定を確保しながら大手企業への就職活動を続けるという一連の流れがあります。

ちなみに、「内定」であっても辞退することは可能です。労働契約は成立していますが、民法では労働契約解約の意思表示をした日から2週間たてば解約は成立するとしています。

内々定を辞退するときに注意するポイント

いくら法的拘束力のない口約束とは言え、内々定を辞退するのにも礼を欠いてはいけません。個人的な問題にとどまらず、大学の評判にも影響を与えてしまう可能性も考えられます。きちんとしたマナーで辞退の意思を伝えましょう。

辞退する際は早めに連絡

内々定を出すのは、企業があなたを本気で採用したいと思っている証拠です。早めに通知することで、他の企業に奪われることを防ごうという気持ちの表れでもあります。
就職する気はないのに辞退を引き伸ばしていたら、その企業は新たな人材を採用する時間もチャンスも失うことになってしまいます。一人の採用までに50万ほどのコストがかかるといわれているので、企業側からすれば費用の面でも負担は大きくなります。以上のことから、内々定の辞退は速やかに行うのが鉄則です。

メールではなく電話で内々定辞退を伝える

言いにくいことはメールで済ませたいものですが、内々定の辞退はきちんと電話で連絡しましょう。
社会人になれば言いにくいことを言わなければいけない場面にたくさん遭遇します。覚悟を決めてしっかりと伝えましょう。
その際に注意したいのは

・辞退の意思をはっきり伝える
・担当者と直接話し、伝言はしない

の2点です。
場合によっては耳に痛いことを言われたり、強めの態度に委縮してしまうことも考えられますが、曖昧な言葉は使わず、堂々と辞退の意思を伝えるべきです
また、採用担当者が不在の時は伝言で済ませず、直接話すことが大切です。話しにくいからと逃げてしまっても、相手から電話がかかってきたり、会社に呼び出されたりするという可能性もなくはありません。

なぜ辞退するか理由を正直に伝える

内々定を辞退する理由は、他の企業を選んだからに他なりません。ですが、お世話になった採用担当者にそれを伝えるのは心苦しいものです。
そのため、「急に父が倒れて実家に帰ることになった」「病気が見つかって長く入院することになった」などと角が立たない理由を言いたくなりますが、嘘をついても相手は百戦錬磨の人事担当者、すぐに見抜かれてしまいます。むしろ、違う企業を選んだと伝える以上に、嘘をつくことの方が悪い印象を与えてしまいます
また、企業側が辞退理由の情報収集をして今後に生かしたいと考えている場合もあります。いずれにせよ、正直に伝えるのが最善の道です。

採用企業に誠意をもって謝罪する

辞退の意思は堂々と伝えるべきですが、だからといって失礼な態度を取るのは間違いです
せっかく一緒に働きたいと思ってもらったのに辞退することへの謝罪を、誠意をもって伝えましょう。
気持ちの面だけでなく、あなたが辞退することでその企業は新たに選考をやり直さなければならないかもしれません。少なからず迷惑をかけてしまうので、それに対する謝罪は必要です。
断る意思は強く持ち、それ以上に誠意ある謝罪を行うつもりでいましょう。

まとめ 内々定のポイント

・「内定」は労働契約を結んでいるので法的拘束力が発生し、企業から一方的に取消はできないのが原則。学生が辞退することはできる。
・「内々定」はいわば採用予定通知で、まだ労働契約を結んでいない状態。法的拘束力はない代わりに、取り消されても損害賠償は請求できない。
・「内々定」も辞退は可能だが、労働契約成立前とはいえ誠意を持って伝えるべき。メールではなく電話で早めに連絡し、理由を正直に伝えて謝罪するのがマナー。

企業と学生、どちらにとっても気持ちのいい結果となるように、誠意を忘れずに行動しましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda