新卒とは新規に学校を卒業したばかりの社会人を指します。新卒で会社に入った場合、平均年収はいくらなのでしょうか。業種や学歴、会社によっても様々ですが、全国平均をみていきます。

・新卒の平均年収(学歴別)
・新卒の平均年収が高い業種、低い業種
・新卒のボーナス

上記について解説いたします。

新卒の平均年収 学歴別

厚生労働省の『平成28年賃金構造基本統計調査結果の概要』によると、学歴別にみた初任給が発表されています。

大学院卒1年目の平均年収

男女計 231,400円(前年度より1.3%プラス)
男性  231,700円(前年度より1.4%プラス)
女性  229,700円(前年度より0.5%プラス)

大学院修士課程修了後、新卒で会社に入社した場合、初任給は上記の通りです。男女ともに約23万円で大卒よりも高い初任給です。

また、大学卒よりも対前年増加率が高く、企業も大学院卒の学生を欲していることがわかります。より専門的な知識を持った学生を採用することで企業の研究が発展し、売り上げに繋がると考えるためでしょう。

特に理系の学生は学部卒よりも大学院卒の方が就職率も高いと言われています。

企業によっては新卒でも年2回(夏と冬)のボーナスが出るところもあり平均年収は220万円〜270万円前後だと言われています。

大学卒1年目の平均年収

男女計 203,400円(前年度より0.7%プラス)
男性  205,900円(前年度より0.7%プラス)
女性  200,000円(前年度より0.6%プラス)

大学を卒業して新卒で会社に入社した場合の初任給は上記の通りです。男女ともに20万前後で平均年収は200万円〜250万円前後だと言われています。大学院卒に比べると平均的に低くなっています。

また、対前年増加率も1%に満たず、大学院卒の伸び率の方が高いのが現状です。大学進学率が伸び、全国の大学のレベルも高低差が激しいことから、平均にすると20万円前後ですが、実際には業種や地域によって異なります。

例えば、情報通信業は他の業種に比べると月平均2万円くらい給与が高く、ボーナスにも影響してきます。

地域においても東京は仕事も人口も多いため、平均年収も国内で一番高く、沖縄は一番低く設定されています。

高専・短大卒1年目の平均年収

男女計 176,900円(前年度より0.7%プラス)
男性  179,700円(前年度より1.4%プラス)
女性  175,200円(前年度より0.3%プラス)

高専や短大卒の初任給は176,900円で、大卒に比べると2〜3万円ほど差があります。

平均年収は200万円〜230万円前後で、こちらも大卒に比べると低いです。

高専や短大卒の場合、就職先が大卒に比べると限られており、美容系や福祉系などは業界全体として、給与が低い職業です。このような職業に就く人も多く、初任給が低い結果となっているのでしょう。

高校卒1年目の平均年収

男女計 161,300円(前年度より0.2%プラス)
男性  163,500円(前年度より0.1%プラス)
女性  157,200円(前年度より0.6%プラス)

高卒の初任給は16万円台です。女性になると16万円を下回っています。

平均年収は200万円〜220万円台です高校卒業で就職できる業種が大卒よりもかなり少なく、会社で学ぶことが多いため、初任給は低く設定されています。

同じ会社でも高卒ならば一般職、大卒ならば総合職と就ける職種が決まっていることもあります。

新卒の平均年収が高い業種

新卒の平均年収が高い職業は以下の通りとなります。

  • 鉱業
  • 石油
  • 金融
  • 保険
  • 運輸関連業
  • 情報通信業
  • 私立大学の職員

新卒でも400万円を超える年収をもらえるところもあります。

情報通信業とはIT業界のことでコンサルや大手企業になると新入社員の年収は400万円、500万円と言われています。

また、平均年収が良さそうなイメージのある大手の総合商社は入っていません。意外と初任給や平均年収は低いようです。

しかし、30代くらいからは海外勤務や手当、ボーナスなどが他の業種と比べて厚いので、急激に平均年収が上がるとも言われています。

参照:マイナビフレッシャーズ

新卒の平均年収が低い業種

新卒の平均年収が低い職業は以下の通りとなります。

  • 飲食
  • ホテル、旅館
  • 生活関連サービス
  • 娯楽
  • 福祉、介護

低賃金なだけでなく、不規則な労働時間や勤務シフト、休日出勤で休みが取りづらいといった他の問題も多くある業種が多く含まれています。

そのため、3年以内に転職する人も多く、新たに低い賃金で新人を雇い、指導してという悪循環を繰り返しています。

参照:マイナビフレッシャーズ 

新卒のボーナスの平均

新入社員ではボーナスがもらえないと思っている人もいるようですが、実際、企業では新卒時からボーナスを出しているところも多いようです。

初めは寸志で2~5万円

ボーナスがもらえるといっても、他の社員と同等の額がもらえるわけではありません。

入社したてでTPOを教わったり、僧坊的な社会人としてのマナーを学んだり、研修期間が数ヶ月続く会社もあります。4月に入社して夏のボーナス時(6月や7月)にはまだ研修中であることもあるのです。

この時期はボーナスといっても、2〜5万円くらいの『寸志』と呼ばれるものが給料に上乗せされることがあります。研修中でも正社員なら寸志が出るのは嬉しいことですよね。

新入社員の夏のボーナス平均

寸志ではなく、きちんとボーナスを出す会社もあります。新入社員の初めてのボーナスは夏です。平均額は寸志より多く、5〜10万円程度と言われています。

他の社員は「給料の1ヶ月分」、「給料の3ヶ月分」と同等の金額をボーナスとしてもらうことが多いですが、新入社員はそれに比べると職種に関わらず少ないのが現状です。

しかし、前述した通り、会社の役に立つ前にまだまだ教わる期間であることから、その時期も寸志やボーナスが出ることに感謝すべきでしょう。

数年経って、成果を残せば、他の社員と同じように「給料の○ヶ月分」といった形でボーナスをもらうことができます。これには、上司からの評価や自分の成果をアピールできる必要があります。

新卒の平均年収に関するおさらい

新卒の平均年収に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 大学院卒の初任給は231,400円、平均年収は220万円〜270万円前後
  • 大学卒の初任給は203,400円、平均年収は200万円〜250万円前後
  • 高専や短大卒の初任給は176,900円、平均年収は200万円〜230万円前後
  • 高卒の初任給は161,300円、平均年収は200万円〜220万円台
  • 新卒の平均年収が高い業種には、鉱業、石油、金融、保険、情報通信業、私立大学の職員などがある
  • 新卒の平均年収が低い業種には、飲食、ホテル、生活関連サービス、娯楽、福祉などがある
  • 新卒のボーナスは『寸志』であることも多く、平均は2〜5万円程度
  • 新卒の夏のボーナスがきちんと出るところでは5〜10万円が平均と言われている

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda