就職活動をしていると、必ず企業に履歴書やお礼状の送付をすることになります。

採用担当者が一番最初に目にするのは、履歴書でもなければ送付状でもなく、封筒です。

採用担当者が封筒を受け取った時点から採用は始まっている事を意識して、送付する封筒も準備しましょう。

就活の封筒の色やサイズ

封筒の色は白を選びます。茶封筒で送るのは失礼にあたるので使わないようにします。

封筒のサイズは次を参考にしてください。

履歴書・エントリーシートの場合:角2号または角形A4(いずれも定形外)
お礼状などB5サイズの便せんで手紙を送る場合:長形4号(定形)

履歴書やエントリーシートは書類を折り曲げずに送れるサイズを選びます。便せんで手紙を送る場合は三つ折りで入れられるサイズになります。

用意する必要のあるもの

中身がわかるように送付状

ビジネスで先方に書類を送付する際は、必ず送付状を添えます。

ひな形を作って置くと、毎回作り直す必要が無い為便利ですので作ったものは削除せずに保存しておきましょう。

形式としては以下の通りです。

日付

場所:一番上、右側
・日付は投函日にする。

宛名

場所:日付の下、左側
・会社名、部署名、担当者の順に記載
・「御中」「様」などの敬称を忘れないこと

差出人

場所:宛先の下、右側
・大学名・学部・学科・氏名・住所・電話番号・Eメールアドレスを記載する。
・転職の場合は、連絡を受けられる住所を記載する。

送付状のタイトル

場所:差出人の下、中央
・送付状の主旨が分かるように簡潔に記載する。

本文

場所:タイトルから一行改行し、左側から書き始める。
・季節の挨拶と、書類送付の理由を2,3行程度で簡潔に書く。
・中央に「記」と記載
・「記」の下に箇条書きで送付する書類の名前と枚数を記載する。
・右下に「以上」と記載する。

折れないためにクリアファイル

書類に折り目や皺をつけない為にクリアファイルを用意します。無色透明の物が好ましく、中身が見えない色つきのものや絵柄が描いてあるものは避けます。

上から、送付状・各書類の順に入れます。書類の順番は送付状に記載した順に重ねます。

その他封筒のマナー

その他のマナーについては以下のようなマナーがあります。

のりに関するマナー

液状ののりは、ふやけて封筒が波打つ可能性があるので避けます。

スティックのり、もしくは両面テープが好ましいでしょう。

切手に関するマナー

封筒のサイズや重さによって料金が異なります。

自分で切手を貼って投函するより、郵便局の窓口で重さを図って料金を払う方が間違いがありません。料金不足が発生した場合、差し戻されるか先方に差額を支払わせることになるため、注意しましょう。

封字に関するマナー

のりづけをしたら、「〆」や「封」を書きます。

ベロの部分と胴をまたぐように書きましょう。

就活・転職の封筒の書き方

 表書きは宛名と「履歴書在中」

会社名は(株)や(有)といった略字を使わず必ず「株式会社」「有限会社」と正式名称で記載します。

御中と様の使い分けに注意しましょう。

御中:企業や部署に送付する場合
様:個人へ送付する場合

個人名が不明な場合は「ご担当者様」と書きます。

「履歴書在中」の記載を忘れないこと

封筒の左下に「履歴書在中」と赤ペンで記載し、定規を使って四角で囲みます。

裏書き「差出人の名前」

裏書に関するマナーは以下の通りとなります。

  • 差出人名を書きます
  • 胴の貼り目より左側に、自分の住所と氏名を書きます
  • 必ず都道府県から書き、建物名なども略さずに書きましょう
  • 住所は「-」などは使わず「丁目、番、号」を使います

採用担当者様?それとも御中?第一印象を決める正しい履歴書郵送方法

就活における封筒のマナーに関するおさらい

履歴書やエントリーシートは、採用試験の第一歩となります。

顔を見る前から、あなたの人となりが採用担当者に伝わる事になりますので、以下の点を確認し、誠意をもって送付物を作成しましょう。

  • 封筒は白色をつかう
  • 送付書類に合わせたサイズの封筒を選ぶ
  • 送付状を必ず作成する
  • 書類はクリアファイルに入れる
  • 手紙は三つ折りにする
  • 宛名は略さず正式名称で記載する
  • 御中と様の使い分けをする
  • 履歴書在中の表記を忘れない
  • 差出人の名前や住所も略さずに書く

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda