プロモーション 意味とビジネスで使う場面

「プロモーション」には、“助長、推進、奨励”などの意味があり、一般的には「セールスプロモーション」を「プロモーション」と略して使われることが多い言葉です。“販売促進のための宣伝資料や物品のこと”を指す時あります。

ビジネスにおいても、同じ意味で使われるほかに、マーケティング用語として頻繁に使われます。ビジネスパーソンとして覚えておきたい「プロモーション」の言葉を使った、マーケティング用語をいくつかまとめます。

マーケティング・ミックス

マーケティング・ミックスとは、“目標を達成するために“4P”を組み合わせ(ミックスして)計画、実施すること“フレームワークのことを言います。
1960年代にアメリカの経済学者:マッカーシーが提唱しました。“4P”とは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)を指します。この4Pは売る側=プロダクトアウトからのアプローチ理論です。

最近では、この“4P”に代わり、“4C”が主流になっています。これは1990年にラウターボーンが提唱したワークフレームです。“4C”は、カスタマー・バリュー:顧客にとっての価値(Customer Value)、カスタマー・コスト:顧客が負担する費用(Customer Cost)、コンビニエンス:顧客にとっての利便性(Convenience)、顧客とのコミュニケーション(Communication)を指しています。こちらは顧客の視点の再定義をする理論で、マーケットインの手法になります。

ディーラー・プロモーション

“販売業者が小売店に対して働きかける販売作戦”のことを指しています。時には、小売店の経営全般の女性や支援なども含むこともあります。

ダイレクト・トゥ・コンシューマー・プロモーション

ディーラー・プロモーションに対するのが、消費者に働きかけるのがダイレクト・トゥ・コンシューマー・プロモーションです。
“クーポンや、キャッシュ・バック、景品などで、製造業者が消費者に直接特典を提供する販売作戦”のことを指しています。

プロモーションの例文

・プロモーションは、チラシやテレビCMのほか、有名なブログを書いている人に記事にしてもらうのもひとつの方法です。

・プロモーションは、マーケティングの大切なひとつの要素です。

・プロモーション戦略を立てる時には、誰に売りたいのか優先順位を考えるのが重要です。