「この会社を受けよう」となったときに企業研究をするのとしないとでは採用の結果やその後の会社での働き方に大きく違いが出てくることでしょう。

その会社のことを知らなければ質問をされたときに戸惑ってしま可能性があり、せっかく作った自己アピールが的外れに終わってしまう場合も考えられます。働いていくなかで「こういう仕事をしたかったわけではなかったのに」などと思ってしまう場合もあります。

この記事では、企業研究の目的やポイントについて解説します。

これらを押さえることにより面接担当者に興味を持ってもらえるような答え方ができるようになるでしょう。

企業研究の目的

企業研究とは文字通り自分が受けようとしている企業を研究することです。企業の特徴を理解し、自分に合っている企業なのかを見極めることができます。最終的には選考を受ける際に役立つこととなるでしょう。

もう少し具体例を挙げて企業研究の目的について見ていきたいと思います。

入社後の自分を想像できる

会社に就職するということはその会社に入ることだけが目的ではありません。

5年、10年またはそれ以上の期間、楽しみながら自分が納得できる仕事をし続けることができるのかが重要になってきます。せっかく入社できたとしても仕事内容や待遇面で不満ができてしまっては何のためにその会社に入ったのか分からなくなってしまいます。

「転勤はあるのか?」「給料体系はどうなっているのか?」「若くても出世できるのか?」などの疑問は自分のこれからのライフスタイルと大きく関わってくる問題です。

事前に企業について調べることによって入社後「こんなつもりではなかった」と悩んでしまう場面を回避することができるでしょう。企業研究の目的としてまずは「入社後の自分を想像できる」ことが挙げられます。

志望動機が作りやすい

企業へ応募する際に志望動機を考えることがネックと感じてしまう人も多いことでしょう。しかし、その企業についていろいろと情報収集をしていくと、志望動機を作る上で参考になる部分も見つけることができます。

例えば「どんな商品を扱っているのか?」「どれくらいの規模なのか?」「誰をターゲットにサービスを展開しているのか?」などを調べれば、会社がどういった人材を求めているのかという傾向が分かってきます。それらを踏まえ、「自分はこういった仕事がしたいのだ」と志望動機を作ることができます。

また、企業理念や経営方針も調べることによって、「御社の経営方針である○○に共感をしました」などという切り口で志望動機を作ることもできるでしょう。

自己PRのポイントがわかる

面接の際には志望動機もそうですが自己アピールについても聞かれる項目ではあります。ただし、企業側が「こんな人に来てほしい」としているポイントとずれてしまったのでは担当者に興味を持ってもらえる可能性が低くなってしまいます。

企業研究することによってその企業が欲しがっている人材をイメージすることができます。

企業が求める人物像を理解した上で「自分はこういったことができます」とアピールすることができれば、少なくとも担当者に全く響かないといったことはなくなるでしょう。

企業研究のポイント

企業研究をする際のポイントには以下のようなものがあります。

  • 経営理念
  • 事業内容
  • 職種や具体的な仕事内容
  • 勤務地(転勤はあるのかなど)
  • 給料体系
  • 勤務時間や休日
  • 従業員数(男女比率や平均年齢など)

これらのことは最低限押さえておきたいポイントです。もう少し踏み込んだ内容であれば以下の点も挙げられます。

  • 取り扱っている商品、サービスとその将来性
  • 業界内でのシェアや位置づけ
  • 同業他社との比較(その企業の強みや弱みなど)

このようなポイントを重視しながら企業研究を進めていきましょう。

また、企業研究については以下の記事や、記事に載っている転職エージェントなどを活用してみるのもよいでしょう。
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
企業研究のやり方 必要な情報 企業研究の目的
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!

企業研究に関するおさらい

企業研究に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 企業研究は入社後の自分が想像できる、志望動機が作りやすいなどの目的がある。
  • 最低限チェックしておきたいことは事前に調べておく。
  • 転職エージェントなどを活用してみる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda