フリーターという言葉は、今や誰もが知っています。正社員以外の契約社員や派遣社員、パートタイマーなどの非正規雇用形態の人もフリーターになります。

フリーターは組織の縛りがないので気が楽かもしれません。

しかし、世間的にはあまり良いイメージでないのは事実です。また、正社員と比べると様々な違いがあります。

正社員とフリーターの違い

年収に差が出る

正社員とフリーターでは、まず年収に差があります。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査を再集計すると、25歳から28歳の平均年収が約350万円に対して、フリーターは約150万円となっています。年収に約200万円もの差があるのです。

さらに、この差は年齢が上がるほど広がっていきます。40歳から44歳では、正社員の平均年収は約650万円ですが、フリーターは約200万円です。

引用:労働者の働く意欲と雇用管理のあり方に関する調査

これは、正規社員と非正規雇用の形態の差でもあります。基本的に非正規雇用では、正社員のように年齢や勤務年数による昇給はありません。

生涯収入では、正社員の平均は約2億円ですが、フリーターは約6000万円になっています。正社員の場合、ボーナスなどが支給される場合が多いのでフリーターよりは、収入は多くなります。派遣社員の派遣会社によって条件が異なります。

保険金や年金にも差が出る

保険や年金にも差が出ています。正社員は厚生年金以外に企業年金などが加わり、老後に受け取れる金額が多くなりますが、フリーターは国民年金だけなので微々たる金額しか受け取れません。

契約社員は、ほぼ正社員と同じの条件ですが、派遣社員の場合は契約期間などもあり、派遣会社の条件次第です。この保険の差は、老後の生活の差にもつながります。

このように正社員とフリーターとでは収入に大きな差が出てきます。収入が少なければ将来への不安も高まります。

フリーターから正社員になる方法

将来の生活を考えれば、正社員になるのがベストな選択ですが、フリーター経験しかない人は、「正社員なんて無理」と諦めがちです。

しかし、フリーターから正社員になった人は少なくありません。誰でも正社員になれる方法はあります。

フリーターから正社員になれる方法1:アルバイト先で正社員を目指す

最も現実的で可能性の大きいのが、「今のアルバイト先で正社員になる」ことです。

アルバイトで経験していることは、雇用している企業には貴重なスキルです。全くの新人を採用するよりは経験者の方がよいに決まっています。

まずは、職場で自分の能力をアピールすることです。正社員たちとコミュニケーションが円滑であれば、正社員に登用される可能性は少なくありません。

フリーターから正社員になれる方法2:正社員募集の求人を探す

今の職場で無理ならば、「正社員募集」の求人を探しましょう。さらに「未経験者歓迎」であれば、よりハードルは低くなります。

また、アルバイトと同じ職種であれば面接の可能性は高くなります。ハローワークで探すのなら、相談員に自分の希望をきちんとアピールすることが大切です。人材紹介会社から応募する場合は、キャリアコンサルタントなどと相談することも効果的です。

また、以下のサイトでは正社員になるためのサポートをしてくれます。

>

こちらは主に関東圏に在住の方で正社員を目指している方におすすめいたします。

フリーターの正社員就職支援

応募する会社が決まった際のアピールポイント

応募する会社が決まったら履歴書や職務経歴書を作成します。この時重要なのは、自分の強みをしっかりと考えて書き込むことです。

「アルバイトでは正社員と同じ仕事をしていました」など、アピールできるポイントを探しましょう。外国語は話せたり、何か資格を持っていれば、それも自分の強みになります。

面接でもきちんと自分の強みをアピールします。アルバイトの経験しかなくても気にする必要はありません。正社員への覚悟や意気込みを面接官にきちんと伝えることが大切です。

派遣社員から正社員への転職の場合は、これまでのスキルを具体的に説明して、社員になった時に貢献できることをアピールしましょう。

派遣社員から正社員への転職に関するおさらい

派遣社員から正社員へ転職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 25歳から28歳正社員の平均年収約350万円、フリーターは約150万円
  • 40歳から44歳正社員の平均年収は約650万円、フリーターは約200万円
  • 生涯収入は、正社員の平均は約2億円、フリーターは約6000万円
  • このように賃金の格差は年齢が上がるにつれて広がっていく
  • 「今のバイト先で正社員になる」ことが近道だが、正社員の求人を探す方法もある
  • 「未経験者歓迎」であれば可能性も大きくなる
  • アルバイトの経験がなくても気にすることはない、自分の強みをしっかりとアピールできれば、採用される可能性は大いにある

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda