企画のお仕事、といえば商品開発に携わる、華やかなお仕事のイメージがあります。目指したいと思っても、自分に向いているのか不安になる方も少なくありません。

ここでは、企画営業の仕事内容や、企画営業に必要な事、企画営業にはこんな人が向いているなどを解説しています。

また、よく似た言葉である「企画営業」と「営業企画」の違いについても触れており、企画営業として働いてみたい方が、知りたい情報をまとめてあります。

企画営業の仕事内容

消費者のニーズを調べる

企画事務の仕事の第一として、消費者のニーズを調べることがあります。

商品を開発しても、購入する人がいなければ売れません。その為に消費者はどのようなニーズを求めているのかをあらかじめ、事前調査を行います。
アンケートの手配や計画、具体的な調査に必要な資料や書類の作成の依頼などを行います。

入手したデータを解析する

消費者を対象としたアンケートの結果などのデータを解析し、今後の商品開発計画などに取り組みます。

消費者のニーズや傾向を把握することで、売れる商品づくりのための計画を立てることができます。

商品のプロモーション活動

新しい商品を世の中に出す時には、できるだけ多くの人に知ってもらう必要があります。イベントの企画や広告の依頼など、商品のプロモーション活動に関する業務も行います。

イベントなどの運営

商品のプロモーション活動のイベントにおける運営を行います。当日の会場のセッティングや、イベントコンパニオンの手配などです。

企画営業と営業企画の違い

企画営業は「職種」

企画営業とは、営業職の中のひとつです。

商品の企画に携わる営業職で、商品のプロモーションや新規開拓のための営業活動を行っています。自社製品を売る為の企画活動で営業している職種です。

営業企画は「業務内容」

営業企画とは、企画に関する業務全般の事をさします。

製品やサービスのプロモーションのための活動や、消費者のニーズや動向調査を請け負います。社内の営業活動の中で、企画に関する営業活動は営業企画が行いますので、専門の営業職は企画以外の活動に専念できるなどのメリットがあります。

また、社内に専門の営業企画がある事もあれば、営業企画を事業として行っている企業が、他社の企画活動を請け負う事もあります。

3企画営業に必要な能力や資格

パワーポイントを含めたパソコンスキル

企画営業では、パソコンを使用する機会も多いため、パソコンスキルが必要になります。

その中でも、自分の提案を大多数に分かりやすく解説・発表する機会も多い為、パワーポイントを使用する機会は営業職の中でも一番多くなっています。
今までパワーポイントを使用する機会のなかった方も、企画営業を目指す時にはパワーポイントのスキルを持っておくとよいです。

正しいビジネスマナー

大切な商品の企画活動を任せる人は、信頼できる人が良いと考える方がほとんどです。その為、企画営業は見た目も、対応も社会人として相応しくなければいけません。

見た目は清潔感のある物、敬語などの正しいビジネスマナーを持っていることが求められます。

普通運転免許証

運転免許証企画営業は、活動の為に社用車での移動も多くなります。また、顧客の新規開拓の機会も多い為、知らない土地を自動車で向かう事もあります。運転免許は必須です。

企画営業に向いている人の特徴

色々なアイディアが出せる

商品を売り出すためには、色々な戦略が必要になります。企画を成功させるためのアイディアが出せる発想力が必要になります。
発想力を出すには、商品の事を良く知る、世間の動向をリサーチする必要もありますので、自分から新しい情報を常に取り入れる努力ができる方も求められています。

積極的に行動・提案ができる

せっかくのアイディアや計画を思いついても、提案しなければ採用はされません。そして、企画営業は新規開拓も行う営業職ですので、常に新しい場所や人との出会いに対しても、積極的な行動ができる人が求められています。

人の立場に立った考えた方ができる

良い戦略やアイディア、企画が浮かんでも、その商品を購入する人のニーズに合っていなければ、企画としては失敗です。商品のプロモーションを行う時にも、その商品がどのように使われるか、どんな人に求められているか、など実際に使う人の立場に立って物事を考えられる力が必要になります。

社交的・コミュニケーション能力が高い

人と話すのが好き、接客業の経験があるなど、元来社交的でコミュニケーション能力の高い人は、プロモーションの表現力も高い為、商品やサービスのイメージも上手に伝えることができ、企画活動もより効果的に行うことができます。

企画営業に不向きな人の特徴

変化を望まない

企画営業は、新規開拓も営業活動の内のひとつです。

また、一つの企画プロジェクトが終われば、次のプロジェクトに移ります。新しい商品や人、取引先との出会いは日常茶飯事です。

「毎日同じことだけコツコツ続けたい」など、めまぐるしく変わる環境に対応できる力がない人は、企画営業には不向きです。

積極性がない

企画活動への提案や行動には積極性が必要です。せっかくのアイディアも提案しなければ宝の持ち腐れとなりますので、積極性が求められるのが企画営業です。

大勢の人の前で発表するのが苦手、人とコミュニケーションを取るのが苦手、といった消極的な人は不向きです。

向上心がない

企画活動の為には、地道な調査や情報収集が大切です。常にアンテナを張り、世間の動向を知るなどの営業努力も必要になります。

逆に、自分から勉強をしない、与えられた仕事だけをこなす向上心のない方には不向きです。

苦手な仕事はできないと諦める

企画活動では、様々な商品やサービスを取り上げます。中には、自分の苦手な分野の企画を行うこともあります。

苦手な仕事はできない、と諦めるのではなく、どんな仕事でも楽しく懸命にできる人が求められています。

企画営業に関するおさらい

企画営業に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 企画営業とは、商品やサービスをより多くの人に広める為に、消費者のニーズや動向の調査、提案と計画、各種プロモーションの計画と運営を行う営業職
  • 企画営業とは、企画活動を行う営業職の事。一方で、営業企画とは企画活動を事業とする事業所やチームの事で、業務内容を指す
  • 企画営業に必要なスキルは、パワーポイント含むパソコンスキル、ビジネスマナー、運転免許の3つ
  • 企画営業で求められる人材とは、積極性、コミュニケーション能力、発想力、そして人の立場に立った考えができる人

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda