転職をすると決めて動き出すと不安なことがたくさんでてきます。また、実際に転職しても、ここの会社で本当によかったのだろうか、と思うこともあります。

失敗する転職と成功する転職とでは、どのようなところが異なるのでしょうか。

この記事では失敗する転職と成功する転職について具体的に解説していきます。

失敗する転職と成功する転職

転職が成功するか失敗するかは「転職活動中」の動きにもよります。転職後に失敗したと思うパターンもありますが、転職活動中にも差があるのか気になります。

転職の成功事例と失敗事例について、転職活動中と転職後に分けてみていきます。

転職の失敗事例

転職の失敗事例は転職活動中と転職後で分かれ、以下のようなものがあります。

転職活動中の失敗事例

  • 平日の面接日時が確保できない
  • 転職活動が長引いていて、なかなか決まらない
  • 退職がうまくできず、内定先に入社する予定の日に間に合わない
  • 転職活動中であることが上司にばれた
  • 内定はもらったものの、欲が出て決められない
  • 退職の意思を伝えたら、引き留められた

転職後の失敗事例

  • 前職とは異なる環境の会社に再就職したが、社風が自分に合わない
  • 以前の会社の方がよく思えてきたので戻りたい
  • 面接で「できます」と威勢良くアピールしたもののスキルがついていかない
  • 自分のやりたかった仕事に就いたはずが、予想以上にハードだった
  • 待遇にひかれて入社したが、やりたい仕事ではなかった
  • 似た職種だったので未経験で入社したら、周りのスキルが高く大変だった

転職の成功事例

転職の成功事例は転職活動中と転職後に分かれ、以下のようなものがあります。

転職活動中

  • 自分のプライドは捨て、未経験の職種は新入社員のつもりで面接に臨んだ
  • 情報収集を丁寧におこなった
  • 全く異なる業種も受験した
  • 平日の面接の日程調整を重要視し、日程変更をできるだけ少なくした
  • 会社名や知名度にこだわらず、自分の夢が実現できる環境が整った会社を選んで受験した
  • 提出書類や面接に備えて、キャリアカウンセラーなどのプロに相談し、万全に準備をした

転職後

  • 自分の想像もしていなかった新たな道で経験を積んでいる
  • 未経験の職種だったので余計なプライドを捨て、一から学ぶつもりで入社した
  • 年収は以前よりも減ったが、ストレスも軽減され、自分のやりたい仕事ができている

転職に失敗する理由・する人の特徴

転職に失敗する理由

転職に失敗する理由としては主に以下の2点があります。

  • 下調べが不十分のまま転職したため
  • 待遇のみに注目して転職したため

転職先の経営基盤や理念などに目を向けず、待遇のみに注目して転職先を選ぶと失敗します。

自分に声をかけてくれた人は信用できるからといって安易に転職をすると、実際は経営が破綻寸前だったなんてこともあります。自分で下調べをすることを怠ると転職がうまくいかない場合があります。

転職に失敗する人の特徴

転職に失敗する人の特徴として以下のようなものがあげられます。

  • 自分を過大評価して会社を選びすぎた
  • 目先の利益や現実逃避のための転職だった

今の会社である程度慣れてきて、一通りの業務をこなせるようになると、自分は案外仕事ができる人間なのではないかというおごりが出てきます。その勢いで、もっと良い市場で自分をかってくれる会社に転職しようとすると失敗します。

今の評価はその会社内でのもの、つまり他の市場に出たときにどの程度通用するかは分かりません。

もちろん、挑戦することは悪いことではありませんが、自分を過大評価して次の職場に入社するタイミングを逃したり、転職活動を続けることは失敗に繋がります。また、現実から逃れるための不満だらけの転職もうまくいきません。

転職に成功する理由・する人の特徴

転職に成功する理由

転職に成功する理由として以下のようなものがあげられます。

  • 転職の時期の見極めができている
  • 待遇ではなく、自分の夢や希望が叶えられる場所を選んでいる

業界によって、採用されやすい時期とそうでない時期、募集が出やすい時期とそうでない時期とがあります。その時期の見極めができている人は転職に成功しやすいでしょう。なぜなら自分の希望の職種の募集がでているため、多くの企業を受験し、採用される確率が高まるからです。

また、待遇は悪くなっても将来的に自分がコレだ!と思える希望の仕事を選ぶと入社後のミスマッチを防ぐことができます。

転職に成功する人の特徴

転職に成功する人の特徴として以下のようなものがあげられます。

  • 転職希望先の職場を複数考えている
  • 提出書類や面接での回答を会社ごとに変えている
  • 完璧主義ではない

応募者が履歴書を使い回しているか、面接の際に他の会社でも同じことを答えているかどうか、など経験豊富な人事の方はすぐにわかります。転職に成功する人は一つ一つの企業に対して、提出書類を丁寧に書き、面接での回答も変えています。

また、意外に思われるのが完璧主義ではないことです。転職者は自分の希望を叶えるために転職しますが、その希望が100%叶うところはなかなかありません。それを受け入れられる人が転職先でもうまくやっていけます。

転職に失敗する人、成功する人に関するおさらい

転職に失敗する人、成功する人に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 転職に失敗する人は、下準備がしっかりとできていなかったり、目先の利益(待遇)だけで転職を試みる
  • 転職に成功する人は自分の夢や希望が明確であり、それぞれの企業に対して下準備をきちんとしている

同じ期間転職活動を行っても失敗する人と成功する人とがいます。成功組に入れるようにしっかりと準備をして本番に臨みましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda