新しい仕事を探すぞ!と意気込んで始めた転職活動。いざ始めてみると、色々な疑問や不安にぶつかります。

転職活動はいつまで続ければよいのか、仕事をしながら転職活動はどの程度できるものか、本当に転職するべきかなど、このような疑問は誰もが持つものです。

この記事では以下の点について解説いたします。

  • 転職活動にかかる期間
  • 仕事をしながら転職活動するケース
  • 仕事を辞めてから転職活動するケース

転職活動をこれから始めようと考えている人、転職活動真っ只中にいる人、様々なケースを知っておくと少しでもスムーズに転職活動ができるでしょう。

転職活動にかかる期間

先の見えない転職活動は段々と精神的な負担が大きくなります。転職活動を始める前にどのくらいの期間で次の会社を見つけるか予定を立てましょう。転職準備をしっかりと行った人ほど、スムーズに次の職場が決まっています。

一般的に転職活動は早くて3ヶ月くらい、長い人は1年以上かかる場合もあります。

しかし、1年以上もかかっていては無収入での生活や精神的負担も大きくなります。理想は3ヶ月です。

次の職場としてどの会社を受けるかを決め、実際にエントリーし、筆記試験や数回の面接を行うと、大抵1社につき1ヶ月〜2ヶ月かかります。すぐに応募したい会社が見つかるかどうかも分かりませんし、会社側のスケジュールで選考が進んでいくので、選考にかかる時間も実際はまちまちです。

転職活動の期間を無駄にしないためにも、並行していくつかの企業を受験するようにしましょう。

また、転職活動を進めるにあたって転職エージェントを活用してみる方法もあります。以下の記事は様々な転職エージェントや効率的な転職の仕方も紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

教えます!転職のプロが選んだおすすめエージェントと、効率的な転職の仕方

転職活動を仕事を続けながらする場合

転職活動を仕事を続けながらする場合のメリット

転職活動を仕事を続けながらする場合のメリットは以下の通りとなります。

  • 無収入期間がない
  • 会社側の募集にタイミングをあわせることができる
  • じっくりと時間をかけて次の職場を探すことができる

転職活動は確実な終わりの期間が見えません。いくら自分ではスキルや経験があるといっても、自分にマッチする職場が見つからなければ、転職活動は続きます。

その間に貯金が尽きてしまっては元も子もありません。収入がありながら、転職活動をする方が将来を考えたときに気持ちに余裕がでてきます。

また、案件によっては「採用したいが今すぐにではなく、2〜3ヶ月後に交代要員を探している」という場合があります。現状、勤めている会社があれば、ギリギリまで働いて(退職の意思は伝えておくこと)、すぐに次の職場に変わることができます。

転職活動を仕事を続けながらする場合のデメリット

転職活動を仕事を続けながらする場合のデメリットもあります。

  • 転職活動の時間がなかなかとれない
  • 面接は業務時間内に行われることが多いため、勤めている会社を休まなくてはならない
  • 転職活動のために休みが続くと、現在の会社の上司や同僚にばれる可能性がある
  • 急募や即日勤務の条件の職場だと不利になる
  • 現状、働いているため、転職への意欲が他の応募者に比べて低くなる

一番は転職活動に割ける時間が限られていることです。面接のための休みも毎回理由を考えなくてはなりませんし、転職活動が今の職場でばれると、あまりよいことはありません。

また、仕事や収入がある安心感から、仕事を辞めて転職活動をしている人に比べて、熱意が下がる可能性があります。

仕事を続けながら転職活動をすることが向いている人と向いていない人の特徴

仕事を続けながら転職活動をする場合にも向き、不向きはあります。

向いている人

  • 時間管理がきちんとできる人
  • モチベーションを維持できる人
  • 将来像(自分がやりたいこと)が決まっている人
  • 転職理由がはっきりしている人

向いていない人

  • 時間やスケジュール管理が得意でない人
  • 休みの日に転職活動以外のことをしたい人
  • なんとなく転職したいなと思っている人

仕事を辞めてから転職活動をする場合のメリット

仕事を辞めてから転職活動をする場合のメリットは以下の通りとなります。

  • たっぷりと時間がとれる
  • 転職活動を第一優先にスケジュールが組める
  • 自分ときちんと向き合う時間
    が取れる
  • 新たな資格を取ることもできる< /li>
  • 勉強して次の仕事につなげることもできる
  • 失業手当をもらえる

仕事をしていない分、転職活動に関する調べものや資料集め、提出書類、面接などにしっかりと時間が取れます。

新しい仕事を探す上で、自分に足りないスキルを身につけたり資格を取得したりする時間もあるので、転職活動に全力を注ぐことができます。資格を新たに取っていることで転職先で有利になり、採用される可能性もあります。

また、失業中でなおかつ転職活動をしている場合、所定の手続きをすれば、失業手当をもらうことができます。職業訓練の講座を受けることもできます。

仕事を辞めてから転職活動をする場合のデメリット

仕事を辞めてから転職活動をsる場合のデメリットもあります。

  • 転職先が決まるまで、生活が安定しない
  • 転職活動が長引くと不安になる
  • 不採用が続くと精神的にダメージがある
  • 転職活動が長引くと、さらに採用されにくくなる

収入が一時的に止まってしまうため、金銭的に不自由します。

また、不採用通知が続くと先の見えない転職活動に気持ちが落ち込み、メンタルが不安定になることもあります。

仕事を辞めて転職活動をすることが向いている人と向いていない人の特徴

仕事を辞めて転職活動をすることが向いている人、向いていない人の特徴は以下の通りとなります。

向いている人

  • 将来への目標を立て、実行できる人
  • タフな人
  • 貯金がある程度確保できている人
  • 資格やスキルを伸ばす努力を怠らない人

向いていない人

  • 自己管理ができない人
  • 貯金がない人
  • モチベーションがすぐ低下してしまう人
  • 明確な将来像がない人

転職活動で苦労した事例

就職活動で苦労した事例を以下の記事で紹介していきます。

メンタルの安定を保つこと

いくら、スキルや経験があっても、新卒に比べると転職は採用の確率が減ります。中途採用枠が元々少ないため、倍率が必然的に高くなるためです。

また、何色にも染まっていない新入社員を多く採用して育てていきたいという会社もあります。そのような会社の場合、経験豊富なスキルが仇となってしまうこともあります。

転職活動に不採用はつきものです。毎回毎回不採用になり、メンタル維持に苦労する人も少なくありません。仮に不採用が多い場合でも、不採用は会社と合致しなかっただけ。人間否定ではないと前向きに捉えるようにしましょう。

書類の作成や面接対策に割ける時間が少ない

新卒での就職活動の際は学生時に準備ができるので時間があり、しっかりと書類作成や面接対策ができます。しかし、社会人となると、仕事をしながら転職活動を続けた場合、休日の限られた時間しかないため、提出期限に間に合わず応募できなかったという例も多くあります。

昔に比べて、デジタル化されているものが多いのでフル活用することが大切です。求人情報や応募先の情報収集なども紙面ではなくスマートフォンなどで調べることができるため、スキマ時間にこまめにチェックしましょう。

周囲にばれないように転職活動を続けるのが大変

面接が平日の日中に行われるため、仕事をしながら転職活動を続けていると休む日が多くなってしまいます。面接はスーツを着ていくため、会社に普段スーツで行っていない人は周囲に気づかれないようにするのに苦労するようです。

転職活動の場合、事情を話せばスーツでなくても面接をしてくれるところもある。私服といってもオフィスカジュアルで清潔感のある格好にしましょう。

転職活動を始めるにあたって心がけることに関するおさらい

転職活動を始めるにあたって心がけに関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 転職活動期間は事前準備で決まる。理想は3ヶ月程度
  • 仕事をしながら転職活動をする場合、収入があるので気持ちは安定するが、モチベーションを保ったり、時間の調整が難しい
  • 仕事をやめてから転職活動をする場合、金銭面で苦労するが、時間がとれる
  • メンタルや時間調整、周囲への配慮などが転職活動で苦労する人が多い点

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda