この記事では新築祝いや新築内祝いのプレゼントについて解説いたします。新築で家やオフィスなどを建てたことへのお祝いとしてプレゼントを渡すことがあったり、逆にお祝いをいただいたことへの内祝いを贈るという機会が今後あるかもしれません。

そういった際には何をどれくらいの予算で贈れば良いのか迷うことがないよう、この記事でまとめています。それでは一つずつ見ていきましょう。

新築祝いとは

渾身
「新築祝い」とは「新築で家やオフィスなどを建てたことをお祝いすること」です。「新築」であればマンションでも一戸建てでも、オフィスや店舗などでも「新築祝い」として贈り物をします。

厳密にいうと新築マンションの一戸を買ったのであれば自分で新築したわけではありませんが、新築の物件を買ったという点で一戸建てと変わらないため広義では新築祝いを贈る対象に含まれることが多いです。

家やオフィスなどを建てるということは、これから素敵な家庭や事業を築いていく門出になるとても素晴らしいことだといえます。そのためおめでたいことだとして新築祝いを贈るのです。

引っ越し祝いとは

購入したのが新築物件ではなく中古物件であったり、賃貸物件から賃貸物件へ引っ越しする際に贈るのが「引っ越し祝い」です。このような場合は新築物件を買ったわけではありませんが、家族のために物件を買ったり引っ越しをしたりしているおめでたいことなのでお祝いをします。

ただし引っ越しをすればどんな時でも引っ越し祝いの対象になるわけではなく、例えば単身の人が気分転換で引っ越しをした場合などはおめでたいことがあったわけではないので引っ越し祝いを贈ることはしません。

その引越しがおめでたいことがあったからかどうかが、引っ越し祝いを贈るかどうかの線引きになるということです。また進学や就職に伴う引っ越しであれば、引っ越し祝いというより「入学祝い」や「就職祝い」といった名目で贈り物をするケースが多く見られます。

その場合は既にお祝いをしたことになるので、あらためて引っ越し祝いをすることはありません。

新築祝いの相場


新築祝いは相手との関連性などによってその相場が変わってきます。そこでこの項目では、相手との関係性別に新築祝いの相場をピックアップしました。

子どもへの新築祝い

自分の子どもへの新築祝いは頭金や建築費の援助をしたり、家具や家電を贈るというケースがよく見られます。現金で贈る場合は5万円~10万円が目安とされていますが明確な決まりはないので、贈る側のなど様々な事情に合わせて決めるのが良いでしょう。

人生で一番高い買い物だといわれるくらいお金がかかることなので、金銭的な援助をするというパターンが少なくないようです。また新築物件に置く家具や家電も自分たちで一式揃えるとなるとさらにお金がかかりますから、それらをプレゼントするということもあります。

肝心なのは金額の多寡ではなく、子どもがどんなものを望んでいるかということです。金額にこだわらず、子どもにとって必要なものを贈るのもベターかもしれません。

兄弟への新築祝い

兄弟への相場は3万円~5万円ですが、自分が年上で相手が弟や妹など年下に新築祝いを贈る場合はもう少し多めにすると良いでしょう。なお贈る側がであったり、両親と同居したりしている場合は両親とまとめて贈ることもあります。

学生などはまだ金銭的に自立しているわけではないので、上記のような贈り方をすることがあるというわけです。

両親への新築祝い

両親の年齢によっては新築物件を購入したり家を建てたりすることも十分にあり得ることです。その場合の新築祝いの相場は大体5万円~10万円とされています。

もし贈る側に兄弟がいる場合は、それぞれでお金を出し合って両親が欲しいと思っている家電や家具を買う場合もあります。

近所の友人や知人への新築祝い

もし近所の友人や知人へ新築祝いを贈ることがある場合、その相場は約5千円~1万円程度です。親しい間柄であれば相手が希望する商品を直接確認をした上で渡してあげると喜ばれるかもしれません。

相手の好みが分からない場合は、商品券やカタログギフトなどを贈ってあげるのが無難です。

の上司や先輩への新築祝い

会社の上司や先輩への新築祝いを部署などでまとめて贈る場合は一人当たりの負担が千円~3千円、合わせて5千円~1万円程度が相場です。ただし目上の人に対して現金や金券を贈るのは失礼になるという意見もあるので、その場合は相手の好みの品物かカタログギフトにするのが確実かもしれません。

会社の同僚や部下への新築祝い

会社の同僚や部下への新築祝いの相場は5千円~1万円とされていますが、もし贈る側の立場がかなり上の場合は1万円が相場のようです。ただし大きな金額を贈った場合には相手がしてしまう可能性があるので、現金にお祝いの品を添えるという贈り方もよく見られます。

またこれらの相場については、以下の表にもまとめました。

贈る相手 相場
子ども 5万円~10万円
兄弟 3万円~5万円
両親 5万円~10万円
近所の友人や知人 5千円~1万円
会社の上司や先輩 まとめて5千円〜1万円
会社の同僚や部下 5千円〜1万円

新築内祝い


新築内祝いとは新築祝いをいただいたとして贈るもののことです。「内祝い」とは身内のお祝いという意味で、自分の家でおめでたいことがあった時に親戚や近所の人などお世話になった人に贈り物をして、その喜びを分かち合うというものを指します。

しかし現代ではいただいたものに対するお返しとして使われることが多く、例えば結婚祝いをいただいたら結婚内祝いでお返しするといった具体です。相場としてはいただいたものの1/3〜半額程度とされています。

新築祝いのマナー


新築祝いは何でも好きなように贈って良いというわけではなく、マナーが存在します。この項目では新築祝いのマナーとして、ご祝儀袋とNGマナーについて取り上げました。

ご祝儀袋

新築祝いを現金で渡す際にはご祝儀袋(のし袋)を使いますが、この時には気をつけなければならないことがあります。まず新築祝いの際は紅白の水引を選ぶことです。

「水引」(みずひき)とはご祝儀袋についている紐の飾りのこと」で、お祝いの水引には「蝶結び」と「結び切り」があります。新築祝いにふさわしいのは「蝶結び」で、それは「蝶結び」が結び目を何度でも結び直せるため「何度あっても喜ばしいお祝い事」に適しているからです。

逆に結婚祝いや快気祝いなど何度もあっては困るようなお祝い事には結び目が簡単にほどけない「結び切り」を使います。また新築祝いを贈る際の表書きは「新築御祝」や「祝御新築」、「御新築祝」や「御祝」です。

筆か筆ペンを用意し、墨の色は濃いものを使いましょう。薄い墨は弔事で使うものなので、お祝い事に使うのはNGとされています。

自分の名前は上段の「新築御祝」などの文字より小さく、読みやすい楷書体で書きます。また新築祝いを贈られた相手が誰からのお祝いかすぐに分かるようフルネームで書くのが良いでしょう。

NGマナー

新築祝いにはNGとされているマナーもあります。例えばコンロやストーブといった火に関係する品物は火事を連想させて縁起が悪いとされており、新築祝いにはふさわしくありません。

壁掛け時計や壁掛けの絵など壁に掛ける品物は新築の家の壁に穴を開けることになるので、贈り物としては好まれないようです。またスリッパや靴などの履物は「相手を踏みつける」という意味があることから、新築祝いに贈ってはいけないとされています。

その他には縁切りを連想させるナイフやハサミ、弔事の定番であるお茶や海苔、「別れ」の意味になるハンカチも避ける方が無難です。もし新築祝いにを添えるなら、「焼ける」や「倒れる」など火事や災害を連想させるは避けた方が良いでしょう。

よく贈られている新築祝い


新築祝いにはよく贈られているものがいくつかあります。何を贈ったら良いか迷っている人は、この項目のいずれかを選択肢に入れてみると良いでしょう。

現金やギフトカード

最もよく贈られているのは現金やギフトカードです。先述のように少なからずお金がかかっているので、現金やギフトカードなどはそういった金銭的負担の軽減になることでしょう。

ただし現金を渡す場合は「あらかじめお祝いのをしていた」という気持ちを伝える新札で用意するのがマナーとされています。また身内以外から現金などをもらいたくないという人もいるので、その場合はカタログギフトなどを渡すと喜ばれるかもしれません。

日用品

洗剤やタオルのように毎日使うものも喜ばれる新築祝いの一つです。それはいくつあっても困らないことや、人と被っても後日使うことができることなども関係しているのかもしれません。

どうしても家具や家電のように大きなものをまず用意するという傾向があるため、上記のような日用品は後回しにされがちです。そのため日用品を選ぶとすぐに使ってもらえることもあり喜ばれるのでしょう。

日常的に使えるもの

食器や茶碗、グラスやカップといった日常的に使えるものも新築祝いによく選ばれています。特に自分ではなかなか手が出ないような高級なものは、新築祝いにふさわしいプレゼントだといえるでしょう。

百貨店や専門店などに足を運んで探すという手段以外にも、例えば以下のようなギフトショップのサイトを利用するという選択肢もあります。

上記のようなサイトであればジャンルや予算などに応じて新築祝いを探すことができますし、配送やラッピングなども無料でしてくれるのでとても便利です。また家にいながら使うこともできるので、なかなか外に探しに行くが確保できない人には良いかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

  • 「新築祝い」とは「新築で家やオフィスなどを建てたことをお祝いすること」
  • 購入したのが新築物件ではなく中古物件であったり、賃貸物件から賃貸物件へ引っ越しする際に贈るのが「引っ越し祝い」
  • 新築祝いの相場は相手との関係性などによって変わり、大体数千円〜10万円程度とされている
  • ご祝儀袋は紅白の水引を選び、濃い色の墨の筆か筆ペンで書くのが良いとされている
  • 新築祝いでは縁起が悪いものや災害などを連想する言葉はNGマナーとされているので、避けた方が良い
  • よく贈られている新築祝いとしては現金やギフトカード、日用品や日常使いできるものなどが挙げられる