私たちの暮らしに電気は欠かせないものとなっています。その電気設備を取り扱うための資格のひとつが「電気工事士」です。

この記事では、電気工事士はどんな仕事をしているのか、電気工事士になるためにはどんな道があるのか、電気工事士として働いた場合の勤務体系や給料はどうなのかなどについて解説します。
またあわせて、電気工事に関わる電気工事士以外の資格も紹介しています。

電気工事の仕事に興味を持っている人はぜひ参考にしてみてください。

電気工事士とは


電気工事士は、電気関係の工事やメンテナンスなどを行う仕事です。
電気工事は一歩間違えば大事故になる危険を伴う作業です。そのため、電気設備の安全を守るために、工事の内容によって決められた資格を持った人でなければ工事をしてはいけないことになっています。

例えば生活に身近なところでは、部屋のコンセントの数を増やしたり、壁や天井に造り付けの照明を増設したり位置を動かしたりするのも、電気工事士でないと行うことができません。

電気工事士の仕事内容

電気工事士の資格には「第一種」と「第二種」があり、扱える業務範囲が変わってきます

第二種電気工事士が従事できるのは、600ボルト以下で受電する設備の工事です。したがって、一般住宅や小規模店舗などの工事がメインになるでしょう。

電気工事士の仕事で多いのが建築現場での電気工事です。第二種電気工事士は一般住宅や小規模店舗がメインになりますので、それらの建築現場において、コンセントの取り付けや証明の設置、エアコンの取り付けなどを行います。

経験が長くなると、現場で職長として電気工事全体を指揮する立場に就くこともあります。

電気工事士はビルのメンテナンスの仕事も行います。第二種電気工事士の資格は「危険物取扱者乙類四種」「2級ボイラー技士」「第三種冷凍機械責任者」と並んで、ビルメンテナンスの業界ではなくてはならない資格といわれています。

第一種電気工事士になると、最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。建築電気工事の仕事も、病院や大型工場、変電所などの工事に携わるようになります。
電気工事士の仕事も手元の作業だけではなく、配管を通すめための穴堀りや、高い所に登っての作業なども発生します。

建築現場のほかに代表的な仕事としては、鉄道関係の電気工事があるでしょう。変電設備のメンテナンスや、駅構内の電光掲示板、照明、空調、改札などの工事も電気工事士の仕事です。

電気工事士になるには

千載一遇
電気工事士になるには、資格を取得して電気工事関係の企業に就職するのが一般的な道です。

「第二種電気工事士」を取得し、工事会社に就職する

電気工事士には第一種と第二種がありますが、どちらも受験資格はなく、誰でも受験することができます
電気工事士を目指すなら、まずは第二種電気工事士資格を取得して、電気工事関係の企業に就職するのがスタンダードでしょう。

電気工事関係の企業の中には、電気工事士の資格は持っていなくても採用してくれるところもあります。すぐにでも働き始めたいという人は、まずは見習いとして経験を積みながら電気工事士の資格取得を目指すことも可能です。

電気工学系の大学・専門学校に通う人も多い

将来的に電気関係の仕事に就きたいと考えているのであれば、工業高校、高等専門学校、電気系の専門学校、大学の工学部などで学ぶのもよいでしょう。

高校、高専、大学などで定められた電気工学の過程を修めていれば、第二種電気工事士試験の筆記試練が免除になり、資格取得への道も近くなります。

電気工事に関する資格

放送作家
電気工事士になるには、電気工事士試験に合格することが必要です。資格の概要や試験について説明をしていきます。
また、電気工事士以外の電気工事に関わる資格についても紹介します。

電気工事士(第一種・第二種)

電気工事士の資格には「第一種」と「第二種」があり、扱える業務範囲が違ってきます。

第一種:第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。
第二種:一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。

試験は第一種、第二種ともに、マークシート方式の筆記試験と、実技による技能試験の2段階で行われます。受験資格は特に定められておらず、学歴、年齢などに関わらず誰でも受験することができます。

試験に合格したら、各都道府県に申請して免状を受ける流れとなりますが、第一種電気工事士の免状を取得するには、必要な実務経験を3年以上積んでいることが条件となります。
免状未取得者は、産業保安監督部長から「認定電気工事従事者認定証」の交付を受ければ、簡易電気工事の作業に従事することができます。

電気主任技術者

電気主任技術者は、発電所や変電所、工場やビルなどの電気設備に関する保安監督の仕事をするための資格です。
電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。

電気工事士と電気主任技術者の違いは、電気工事士が配線などの工事を主に担当するのに対し、電気主任技術者は、設備管理や点検作業がおもな仕事の範囲です。

電気主任技術者には「第一種」「第二種」「第三種」があり、取り扱うことができる電圧に違いがあります。

第一種:すべての事業用電気工作物
第二種:電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物
第三種:電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)

試験は第一種と第二種は一次試験と二次試験に分けて行われ、第三種は一次試験のみが行われます。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験で「1級」と「2級」があり、電気工事の施工管理に携わる人には必要不可欠な資格といわれます。

令和3年から試験制度が変わり、今までは「学科」「実地」だった試験が「第一次」「第二次」となり、第一次に合格することで「技士補」の称号を取得できるようになりました。

電気工事士と電気工事施工管理技士は、仕事内容に違いがあります。
電気工事士は電気工事を行う資格ですが、電気工事施工管理技士は電気工事ができる資格ではなく、工事の管理、監督を行うための資格です。

資格取得のハードルは電気工事施工管理技士の方が高く、電気工事士試験に受験資格はありませんが、電気工事施工管理技士は学歴や実務経験年数などの条件があります。

電気工事士に向いている人


電気工事のスペシャリストである電気工事士。電気工事士にはどんな人が向いているのでしょうか。

電気が好き・工事が好き
電気に興味があり部品をいじったり工事をするのが好きな人、これは第一の条件ではないでしょうか。
車をメンテナンスする仕事は車いじりが好きな人が向いている、というのと同じように、電気工事の仕事も、電気に関する作業が好きな人に向いています。
細かい作業も多く、同じ作業を長時間続けることも珍しくないので、長い時間作業をするのが苦にならないこと、忍耐力があることも求められるでしょう。

几帳面で丁寧
電気工事は一歩間違えば大きなトラブルを起こしかねません。決められたことをしっかりと手を抜かずにできる几帳面さが必要です。

コミュニケーション力が高い
電気工事士の仕事は一人でもくもくと作業をしているイメージが強いかも知れませんが、実際は現場の多くのスタッフと連携しながら仕事を進めています。
年齢や立場が違うスタッフとうまくコミュニケーションをはかれなければ、円滑に仕事を進めることが難しくなってしまうでしょう。

体力がある
電気工事士の仕事は屋外の作業も多く、作業が長時間に渡ったり重いものを持ったりするシーンもあります。体力、精神力の強さは重要な要素といえるでしょう。

電気工事士の年収

吝嗇
厚生労働省発表の賃金構造基本統計調査によると、令和元年の電気工の平均年収は約472万円でした(勤続年数13.2年)。
また、indeedの統計データでは、電気工場スタッフの平均年収は約383万円となっています(勤務年数1年未満)。

このことを参考に考えると、ある程度の勤務年数がある電気工事士の年収は、およそ400~500万円程度といったところでしょう。

第二種電気工事士だけでなく第一種の資格を持っていたり、ほかの資格も合わせて取得していれば、できる仕事の範囲が広がりますし、資格手当が給料に加算されることも考えられます。

電気工事士の勤務体系と休日

雌伏
電気工事士の仕事は、毎週きっちり土日休みというところは少なく、日曜日とほか1日、またはシフト制の勤務形態をとっているところが多いようです。

電気工事の現場では納期を守ることが優先されます。そのため、スケジュールがひっ迫してくれば残業や休日出勤を余儀なくされることもあるでしょう。
また、作業場所の事情によって、夜間や休日を利用しての工事となることもあります。

電気工事士の将来性

静謐
電気は私たちの生活と切り離すことができない重要なインフラです。将来的に電気を必要とするものが増えることはあっても激減することは考えにくいでしょう。電気工事ができる人材はますます必要とされることが予想されます。

ただ、資格さえ持っていれば仕事に困らないのかというとそうではないかもしれません。新しい技術や知識を貪欲に吸収していく努力、自分を高めて一層役に立ちたいと考える気持ちが必要でしょう。

電気工事士がおもに勤める場所

役不足
電気工事士は幅広い業種で需要があります。電機設備工事会社、ビル管理会社、建築関連、家電量販店、さらにはテーマパークの求人もあります。

また、企業に所属して働くばかりでなく、個人事業主として働いたり、独立開業することも可能な職業です。
とはいえ、資格を取ってすぐに一人でやっていくというのはなかなか難しく、経験を積んで技術に自信がついたところで独立を考えることになるでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • 電気工事士は、電気関係の工事やメンテナンスなどを行う仕事です。
  • 電気工事士の資格には「第一種」と「第二種」があり、扱える業務範囲に違いがあります。
  • 電気工事士になるには、資格を取った後に電気工事関係の企業に就職するか、見習いとして就職し、働きながら資格をとる道があります。
  • 電気工事関係の資格として、電気工事士のほかに「電気主任技術者」「電気工事施工管理技士」などがあり、それぞれ役割が違います。
  • 電気工事士には、几帳面で丁寧であること、コミュニケーション力が高いこと、体力があることが求められます。
  • 電気工事士の勤務はシフト制の場合も多く、納期によっては残業や休日出勤が伴います。
  • 電気工事士の勤務先は幅広く、電機設備工事会社、ビル管理会社、建築関連、家電量販店、テーマパークなどで求人があります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda