薬を販売する資格というと薬剤師を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はほかにも「登録販売者」という資格があります。

登録販売者は比較的新しい資格ですが、薬を販売する場所が増えたことで注目されている職業です。

この記事では、登録販売者の仕事内容や薬剤師との違い、活躍の場などを中心に解説、あわせて受験資格や合格率といった登録販売者試験についても触れていきます。

登録販売者とは

疑問
登録販売者とは、薬局やドラッグストアなどで、第2類・第3類の一般用医薬品を販売できる人で、2009年の薬事法改正によって誕生した比較的新しい資格です。

医薬品には「医療用医薬品」と「要指導医薬品」「一般用医薬品」があります。医療用医薬品は医師の処方箋に基づいて渡される薬で、薬剤師の説明を受けなければ買うことができません。

「要指導医薬品」「一般用医薬品」はドラッグストアなどで処方箋なしで買える薬で、「OTC医薬品」と呼ばれています(OTC: Over The Counterの略)。
一般用医薬品はさらに「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分かれます。

OCT医薬品のうち、「要指導医薬品」と「第1類医薬品」は、一般用医薬品として承認されてからの期間が短く副作用のリスクが不確定なことなどから、販売時に薬剤師が情報提供を行うことが義務付けられています。
「第2類医薬品」「第3類医薬品」は副作用のリスクが比較的低いもので、登録販売者が扱えるのはこの2分類に該当する薬です。

登録販売者の誕生により医薬品の販売制度を変更したことで、薬局やドラッグストアに限らず、スーパー、コンビニエンスストア、ホームセンターなど医薬品を扱う店舗が増え、利用者の利便性が高まったといえるでしょう。

登録販売者は国家資格?

登録販売者として医薬品を販売するには登録販売者の資格を取得することが必要です。
この登録販売者の資格については、国家資格なのか公的資格なのかはっきりしたところがないという見解があります。

そもそも国家資格の定義がはっきりしないという意見もあり見解が分かれるところではありますが、文部科学省のホームページにある「国家資格の概要について」には「国の法律に基づいて」とあることからみると、薬機法に記載されている登録販売者は国家資格であると考えてよいのではないかという意見が多いようです。

<国家資格の概要について>
国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格。法律によって一定の社会的地位が保証されるので、社会からの信頼性は高い。

一方で、薬剤師試験のように国が実施するのではなく各都道府県が行う試験で、試験や試験問題も都道府県によって異なることから、国家資格ではなく公的資格だという意見もあるようです。

登録販売者の仕事内容

登録販売者は、薬局やドラッグストアをはじめとする医薬品を扱う店舗で、第2類および第3類の一般医薬品を販売することができます。お客様に薬の成分や効能、副作用についてなどの情報を提供し、薬選びをサポートします。

登録販売者と薬剤師の違い


薬の販売に関わる資格には、登録販売者のほかに薬剤師があります。薬剤師は登録販売者の資格ができる前から医薬品の調剤、販売を行う役割として活躍していました。

登録販売者と薬剤師の違いは、販売できる医薬品の種類です。
登録販売者が扱えるのは「第2種医薬品」と「第3種医薬品」に限られていますが、薬剤師は「第1種医薬品」「要指導医薬品」を含むすべての医薬品を取り扱うことができます。また、医薬品の調剤ができるのも薬剤師だけです。

こう見ると、登録販売者が扱える医薬品は少ないのではないかと感じるかも知れませんが、実は「第2種医薬品」と「第3種医薬品」で一般医薬品の9割以上を占めています。登録販売者は薬局やドラッグストアで販売している医薬品のほとんどを扱えるといっても過言ではないくらいです。

薬剤師と登録販売者でもうひとつ大きく違うのは、資格取得までの道のりでしょう。
薬剤師試験を受験するには、6年制の薬学課程を修めて卒業していることが必要です。一方で登録販売者試験は、学歴に関係なく誰でも受験することができます。
薬剤師に比べ登録販売者は、資格試験までのハードルが低くチャレンジしやすい資格といえるでしょう。

登録販売者のおもな就職先


登録販売者のおもな活躍の場は、薬局やドラッグストアです。さらに、最近では医薬品を扱う店舗が増え、コンビニエンスストアやホームセンターで働く登録販売者も増えてきています。

ドラッグストア

ドラッグストアは、登録販売者が働く最もスタンダードな職場といえるでしょう。
ドラッグストアの店舗数は年々増加の一途をたどっていて、登録販売者は必要とされる存在です。
ドラッグストアに勤務した場合、薬を買いに来るお客様へのアドバイスはもちろんのこと、レジや品出し、在庫管理といった仕事も担当するのが一般的です。

調剤薬局

調剤薬局には薬剤師が勤務し、医薬品の調剤や販売を行っています。そのため調剤薬局に登録販売者は必要ないのでは?と思っている人も少なくないのではないでしょうか。しかし近年では、登録販売者を募集している調剤薬局も多くなってきました。

ほとんどの調剤薬局は一般医薬品も扱っていますので、薬剤師が医療用医薬品の調剤とお客様対応、登録販売者が一般医薬品(第2類・第3類)を買いに来たお客様の対応、というようにすみわけることで、薬剤師の不足をカバーしお客様対応を充実できることが、調剤薬局で登録販売者が必要とされる要因のひとつではないでしょうか。

コンビニエンスストアやホームセンターなど

薬事法の改正により、コンビニエンスストアやスーパー、ホームセンターといった薬局やドラッグストア以外の店舗でも、条件を満たせば一般医薬品の販売ができるようになりました。
これにより、医薬品を販売するさまざまな形態の店舗で登録販売者が必要とされています

登録販売者の資格を取るメリット


登録販売者の資格を取得していることで、仕事探しにどんなメリットが考えられるでしょうか。

知名度が高く転職に有利

登録販売者の資格が誕生し、医薬品を買える場所が増えたことは、私たち消費者にとっても大きなニュースでした。いまや登録販売者は医薬品を扱う店舗にとって欠かせない存在となっています。

医薬品を扱う店舗の求人は「登録販売者の資格がある人歓迎」をうたっているものが多く、資格を持った人は、書類の時点でほかの応募者より頭一つ抜きん出ていることになるでしょう。

求人内容も、一般の販売スタッフであれば短時間のパート勤務、登録販売者の資格があればフルタイム勤務がメインというように、スタッフの配置を分けている店舗もあるようで、ドラッグストアでフルタイム勤務したいと考えているのなら、登録販売者の資格を持っていることは強みになります。

求人の選択肢が多い

登録販売者の募集は、チェーンのドラッグストアをはじめとして、調剤薬局、コンビニエンスストア、スーパーやホームセンターなど、幅広い業種の店舗で行われています。また雇用形態も、正社員のほかパート、アルバイトの求人も多くなっています。
幅広い業種や雇用形態から自分に合ったものを選んで働くことができるのは魅力のひとつでしょう。

また、ライフスタイルの変化に合わせて働き方を選びやすいのもよい点です。
登録販売者の資格は一度取得すれば生涯有効なものですし、医薬品を扱うお店は全国どこにでもあります。家族の転勤で住む場所が変わったり育児でいったん現場を離れたとしても、登録販売者の資格があれば再就職しやすく、時短勤務なども選びやすいでしょう。

資格手当で給料アップが期待できる

登録販売者の求人を見ると、資格保有者には資格手当がつくものも多くなっています。正社員ではおおむね1万円~2万円程度の資格手当が出る場合が多いと考えてよいでしょう。
また、パートやアルバイト勤務でも、資格があれば時給のアップが見込めます。

登録販売者の給料


登録販売者の給料は、働く地域や雇用形態によって違ってきますが、正社員でおおよそ20万円くらいからのスタート、パートやアルバイトで1,200円くらいのスタートのところが多いでしょう。
資格手当が付加される分、一般の店舗スタッフに比べて給料は高めの水準です。

登録販売者の資格を取る方法


登録販売者になるには、登録販売者試験に合格する必要があります。
登録販売者の試験は各都道府県で行われています。受験資格や合格率について説明していきましょう。

登録販売者試験の受験資格

登録販売者試験は、学歴、年齢問わず誰でも受験できます。以前は一定の実務経験が必要でしたが、2015年以降は受験資格が変更されて、誰でも受験ができるようになりました。

登録販売者試験難易度・合格率

登録販売者試験は全問がマークシートの選択式問題です。口述試験や実技試験はありませんので、試験対策としては、知識をしっかり身につけておけば、当日とまどうようなことは少ないでしょう。

ここ3年間の受験者数と合格率は次の通りです。

 受験者数合格者数合格率
2020年度52,959名21,952名41.5%
2019年度65,288名28,328名43.4%
2018年度65,436名26,996名41.3%

受験資格も特に設定されておらず、例年40~45%の合格率となっていますので、比較的チャレンジしやすい資格と考えてよいのではないでしょうか。

まとめ この記事のおさらい

  • 登録販売者とは、薬局やドラッグストアなどで、第2類・第3類の一般用医薬品を販売できる資格です。
  • 登録販売者が扱えるのは「第2種医薬品」と「第3種医薬品」、薬剤師は「第1種医薬品」「要指導医薬品」を含むすべての医薬品の販売と調剤ができます。
  • 登録販売者の最もスタンダードな勤務先はドラッグストアで、ほかにも調剤薬局、コンビニ、スーパー、ホームセンターなど幅広い求人があります。
  • 登録販売者の資格を保有していると、転職時に有利なほか、資格手当が支給されたり時給アップが期待できるなどのメリットがあります。
  • 登録販売者試験は学歴や年齢を問わず誰でも受験できます。合格率は例年40~45%程度で推移しています

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda