この記事では「オペレーター」について解説いたします。

非常に幅広い職場で必要とされている職業ですが、具体的なことについてはほとんど分かっていないという人もいるかもしれません。

そこで今回は「オペレーター」の仕事内容やなり方、向いている人や将来性なども踏まえてピックアップしました。

この記事を最後まで読めば、「オペレーター」についてよく理解できるようになることでしょう。

テレフォンオペレーターとは


「テレフォンオペレーター」はコールセンターなどに勤務し、消費者から寄せられた問い合わせに対応する仕事に就く人です。

「テレフォンオペレーター」は「テレフォンアポインター」と混同されることもありますが、アポインターは発信作業がメインであるのに対し、オペレーターは受信作業がメインだという違いがあります。

テレフォンオペレーターの仕事内容

「テレフォンオペレーター」の具体的な問い合わせ内容は、通販の電話注文や運送会社の再配達受付、商品やサービスに関する案内や問い合わせ対応などです。

その他トラブルや障害が起きたときにはクレーム対応を行うこともあります。

「テレフォンオペレーター」は特別な知識はなくても働けますが、その会社の顔として誠実で丁寧な対応が求められる仕事です。

また入社後に取り扱う商品やサービスの知識を身につけたり、ビジネス会話などの研修を受けてから現場デビューするのが一般的です。

なおその会社内に電話応対の専門部署があることもあれば、コールセンターなど電話応対専門の職場で働くこともあります。

それだけではなく、「テレフォンオペレーター」は「アウトソーシング」(特定の業務を外注すること)を利用しているという会社も少なくありません。

いずれにせよ、「テレフォンオペレーター」は商品やサービスとお客様を繋ぐ仕事のため、会社の顔として誠実で丁寧な対応が求められる重要な仕事だといえるでしょう。

テレフォンオペレーター・テレフォンアポインター・テレマーケティングの違い


「テレフォンオペレーター」と似た言葉として、「テレフォンアポインター」や「テレマーケティング」が挙げられます。

コールセンターの求人は大きく分けてインバウンド(受信)業務とアウトバウンド(発信)業務の2種類がありますが、「テレフォンオペレーター」はインバウンド業務を指すことが多いです。

それに対して「テレフォンアポインター」はアウトバウンド業務(架電してアポイントを取る業務)に携わる人やその職業を指します。

また「テレマーケティング」とは、自社の見込み客に対して電話・FAXなどの情報通信技術を活用したマーケティング活動全般のことです。

古くは電話帳を元にした電話営業という意味で使われていましたが、近年では社内に蓄積された顧客情報データベースを活用する企業が多く見られます。

なお「テレ」は「遠隔」という意味の言葉ですが、これらの場合は「電話」という意味です。

電話を使って何をする仕事なのかということを考えると、それぞれの言葉の違いが理解しやすくなるかもしれません。

テレフォンオペレーターになるには


「テレフォンオペレーター」に興味を持っても、どのようにすればその職業に就くことができるのかよく分からないという人もいるかもしれません。

そこでこの項目では、「テレフォンオペレーター」のなり方について取り上げました。

正社員の求人は少ない

実は「テレフォンオペレーター」は非正規社員の求人が多く、正社員としての求人はほとんどありません。

そのためまずは「テレフォンオペレーター」を募集している会社やコールセンターなどでアルバイトや契約社員として働いたりすることが考えられます。

その他にはコールセンターで派遣社員として働いたりして、経験を積んで正社員登用を目指す方法も挙げられるでしょう。

いざ正社員になった場合は経験や能力を見た上でオペレーターを卒業し、全体を統括するSV(スーパーバイザー)などのリーダーや管理職へステップアップすることもあります。

学歴や資格は問われない

「テレフォンオペレーター」になるのに特別な学歴や資格は必要ありません。

ほとんどのコールセンターではしっかりとした研修があるので、「テレフォンオペレーター」としての知識が全くなくても仕事を始めることができます。

ただし職業柄非常に多くの人と会話をするため、最低限ビジネス会話ができなくては「テレフォンオペレーター」としての業務を行うのは難しいかもしれません。

そのため「テレフォンオペレーター」を目指す場合、まずは在学中から言葉遣いや敬語を学び、誰とでも自然で丁寧な会話ができるようにしておくと大きなアドバンテージになるといえるでしょう。

テレフォンオペレーターに向いている人


「テレフォンオペレーター」は電話越しに会話だけで相手とやりとりしなくてはなりません。

様々な人と電話でコミュニケーションをすることが求められるため、初めて出会う人とも会話を楽しめる人や、人見知りをしない人が「テレフォンオペレーター」に向いています。

またコミュニケーション能力が仕事の大部分を占めるため、コミュニケーション能力がある人にも最適です。

声や言葉遣いなどを巧みに使い分けながらお客様から必要な内容をヒアリングしたり、分かりやすく噛み砕いて伝えたりすることができる人は「テレフォンオペレーター」に向いているといえるでしょう。

テレフォンオペレーターの給料・年収


先述の通り「テレフォンオペレーター」は非正規の雇用形態であることが多いため、その給料や年収もそれほど高くないことが多いです。

「テレフォンオペレーター」の年収は勤務地や勤め先によって異なりますが、一般的には約240〜320万円ほどといわれています。

実際に「テレフォンオペレーター」は非正規社員が多いことから、時給で働くケースがほとんどです。

相場は時給800~1500円ほどのことが多いようですが、賞与がなかったり雇用期間が決められていたりと、仕事としては非常に不安定だという側面があります。

もしもより安定した環境で働きたいならば、まずは「テレフォンオペレーター」として経験を積み、正社員としてスキルアップを目指す方が良いでしょう。

テレフォンオペレーターの勤務体系と休日


「テレフォンオペレーター」の勤務体系や休日は、その職場や仕事内容などによって変わります。

例えば官公庁や企業を相手にしたコールセンターの場合は、土日休みのところも少なくありません。

逆に個人のお客様を対象にしている場合は、お客様の仕事終わりや休日に電話対応することが求められるので365日24時間稼働しているというところもあります。

「テレフォンオペレーター」の休日は固定休みのところもあればシフト制のところもあり、一律ではありません。

もしも勤務体系や休日にこだわりがあるのであれば自分のライフスタイルと照らし合わせ、求人票や求人サイトの情報を確認した上で働きやすいところを選ぶようにした方が良いでしょう。

テレフォンオペレーターの将来性


IT化が進んでいる現代では、「テレフォンオペレーター」が音声ガイダンスに置き換わっているという職業も少なからず見受けられます。

そんな中でも、「テレフォンオペレーター」の需要は依然としてあるといえるでしょう。

なぜなら音声ガイダンスだけで対応できる範囲はまだまだ限定的であり、「テレフォンオペレーター」が音声ガイダンスに取って代わられるということはしばらく先になると見込まれているからです。

実際「テレフォンオペレーター」は全国に多くの求人があり、企業が新規にコールセンターを開設する場合は数十人から数百人と大量に「テレフォンオペレーター」を募集する場合もあります。

特に近年は時給が安く、方言がなく標準語を話すことができる地方都市にコールセンターの拠点を置く傾向があり、地方に住んでいる人でも働きやすい仕事です。

また英語や中国語などの外国語ができる「テレフォンオペレーター」の需要も高まっているため、語学力を活かしたいという人にも人気があります。

テレフォンオペレーターがおもに勤める場所


「テレフォンオペレーター」がおもに勤める場所は、その会社のコール専用部門やコールセンターが一般的です。

しかし近年ではIT技術の発展やリモートワークの奨励などの風潮から、自宅などで働く「テレフォンオペレーター」も少なからず見られるようになりました。

ただし自宅で仕事をするには家族への配慮が必要になったり、逆に家族が気を遣ったりすることがどうしても求められます。

逆に育児や介護などで出勤することが難しいという人にとっては、在宅勤務がメリットになるかもしれません。

また出勤するか在宅勤務をするかを選ばせてもらえる会社もあるので、その場合は働き方の自由度が高いといえるでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • 「テレフォンオペレーター」はコールセンターなどに勤務し、消費者から寄せられた問い合わせに対応する仕事に就く人
  • 「テレフォンオペレーター」の具体的な問い合わせ内容は、通販の電話注文や運送会社の再配達受付、商品やサービスに関する案内や問い合わせ対応などを行うこと
  • 「テレフォンアポインター」はアウトバウンド業務(架電してアポイントを取る業務)に携わる人やその職業を指す
  • 「テレマーケティング」とは、自社の見込み客に対して電話・FAXなどの情報通信技術を活用したマーケティング活動全般のこと
  • 「テレフォンオペレーター」は正社員の求人は少ないが、正社員登用制度を設けている企業もある
  • 「テレフォンオペレーター」になるのに特別な学歴や資格は必要ない
  • 初めて出会う人とも会話を楽しめる人や、人見知りをしない人が「テレフォンオペレーター」に向いている
  • 「テレフォンオペレーター」は非正規の雇用形態であることが多いため、その給料や年収もそれほど高くないことが多い
  • 「テレフォンオペレーター」の休日は固定休みのところもあればシフト制のところもあり、一律ではない
  • 音声ガイダンスだけで対応できる範囲はまだまだ限定的であることから、「テレフォンオペレーター」の将来性は依然としてある
  • 「テレフォンオペレーター」がおもに勤める場所は、その会社のコール専用部門やコールセンターが一般的

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda