この記事では「受付」について解説いたします。

社会人として働いていると様々な場面で関わりを持つことも多い職業ですが、その実態については詳しく分かっていないという人も多いかもしれません。

そこで今回は「受付」の仕事内容やなり方、向いている人や将来性なども交えてまとめました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

受付とは


「受付」は企業やショールーム、病院やフィットネスクラブなどの各種施設で来訪者を案内する仕事、あるいはその職業に就く人のことです。

勤務先によって業務内容は多少異なりますが、代表電話の取り次ぎや担当者の呼び出し、会議室の予約や入会手続きなどを行います。

上記のいずれのケースでもお客様がその場で最初に顔を合わせる存在であることが多く、その職場の「顔」としてお客様を気持ちよく迎える姿勢が必要です。

またアポイント予定の入っていないお客様が急に来訪された場合など、イレギュラーな事態が発生した場合でも臨機応変な対応をすることが求められます。

受付の仕事内容

「受付」の大まかな仕事内容は上記の通りです。

たいていの場合は来訪者にとって受付担当者がその場で最初に顔を合わせる存在となるので、よりよい印象を与えるために笑顔やビジネスマナーなどが求められます。

またアポイント予定のないお客様が突然いらっしゃるといった不測な事態が起こることも少なくないので、常に冷静で臨機応変に対応することが必要です。

受付になるには


先述の内容をご覧になった上で「受付」に興味を持ったという方もいるかもしれませんが、実際どのようにして「受付」になるのかはよく分からないという人もいることでしょう。

そこでこの項目では、「受付」になるにはどうしたら良いのかを取り上げました。

絶対に必要な学歴や資格はない

「受付」になるために絶対に必要な学歴や資格などはなく、大学や高校などを卒業して企業などの「受付」の求人に応募するのが一般的です。

そこで書類選考や面接などを経て内定をもらい、その企業などに就職するというのが大まかな流れになるでしょう。

ただし新卒採用の場合は「受付」をピンポイントで募集している求人は少なく、まずは総務部や管理部などに配属され、その人の希望や適性などによって「受付」に配置されるというケースが多いようです。

また特別な専門知識や技術などが求められる仕事ではありませんが、その組織の顔としてホスピタリティ精神や明るい笑顔、気配りやビジネスマナーなどは他の職業よりも求められることになるでしょう。

契約社員や派遣社員として働く人も多い

「受付」は正社員として働く人がいる一方で、契約社員や派遣社員などの雇用形態で働く人も多いです。

派遣社員の場合は人材派遣会社に登録し、自分の希望条件に合った条件の求人があれば仕事を紹介してもらうことができます。

未経験でもスタートできる職場もありますが、受付経験者や接客業、サービス業や秘書などの経験者が優遇されるケースも多いようです。

受付に向いている人


「受付」は組織の顔としてお客様をお迎えする職業なので、礼儀正しくて人付き合いを大切にできる人に向いているといえます。

どんな人が相手であったとしてもその場の雰囲気や相手のニーズなどを察知し、相手を思いやった行動を適切に取れる人に向いている仕事です。

また職業柄大勢の人と会うことになるので、不特定多数の人と接することに抵抗がない人の方が「受付」に向いているといえるでしょう。

とりわけ大企業においては、繁忙期にもなると1日に500人や1000人といった大勢の方が次々と来社される機会も少なくありません。

そのような場面でも「受付」はその一人ひとりに笑顔で対応しなくてはなりません。

その行為を楽しいと思えるかどうかが、「受付」の仕事を長く前向きに続けていけるかどうかを分けるポイントになります。

さらに丁寧な対応に加え迅速に動くことも非常に大切とされ、より早くその時の様子や雰囲気などによってフットワークを軽くして行動できる人は「受付」の適性があるといえるでしょう。

受付の給料・年収


「受付」の給料は勤務先によって異なりますが、大体は年収で約300万円~400万円程度がボリュームゾーンになっているようです。

未経験や新卒での入社による数年間は、年収300万円以下になることも少なくありません。

「受付」の収入に関していうと、一般事務など他の職業と大きな差はないといえるでしょう。

また元々残業があまり多くない仕事であることから、残業代をもらうことは期待しにくい面があります。

そのため高額な給料をもらうことよりも自分のプライベートの時間を大事にしたり、その職場の窓口役になるという仕事内容そのものに興味が持てる人などに向いている職業だといえるかもしれません。

派遣社員など時給で給料をもらう場合は時給1,200円程度からのスタートが一般的となっているようです。

なおほとんどの職場において、「受付」は経験の積み上げによる昇給があります。

上がり幅はその勤務先の規定や実績、勤続年数や本人のスキルなどによって変わりますが、特に役職がついたりチームをまとめたりできる立場になると、より大きな収入を得ることもできるでしょう。

所属する組織や本人のスキルなどによって収入が変動するという点においては、他の職業と変わらないかもしれません。

このように「受付」は高額な収入は得にくい職業ですが、勤務先の規模や種類などによってもかなり給与額に違いがあるようです。

そもそも「受付」は従業員数が多い大企業で活躍する人が多いため、給与水準は比較的高めになる傾向があります。

それに大手企業は給与面だけではなく福利厚生などの待遇面も充実していることが多く、総合的に見て働きやすい職場だといえるケースは多いです。

また外資系企業になると実力主義の傾向が日本企業に比べて強いため、経験者であればかなりの好待遇で採用されることもあります。

受付の勤務体系と休日


「受付」の勤務体系と休日は、属する組織によって様々です。

例えば一般企業の受付として働く場合、基本的には平日の9:00~18:00などの時間帯で働くことが多く、残業や夜勤はめったにありません。

派遣社員やパートとして働く場合は、自分にとって都合が良い短時間だけの勤務をするという人もいます。

また毎日同じ勤務時間で働くことも多く、その場合は土日祝日が休みの週休二日制で規則正しい生活を送ることができるでしょう。

一方で土日も営業している病院やショールームなどでの勤務の場合は、シフト制で勤務することになるので休日が平日になったり、休日の曜日が週ごとに異なったりすることがあります。

そのため勤務体系や休日にこだわりがある人は、求人サイトや面接などで条件をよく確認した方が良いかもしれません。

受付の将来性

脇
今日の社会ではIT化がどんどん進みあらゆる場面で効率化が求められており、一部の企業では「受付」でもタッチパネルやロボットなどのITデバイスが使われるようになっています。

しかしながら、「受付」という仕事はそれでもなお必要とされているケースが少なくありません。

IT化や業務効率化といった流れが進んでいる中で「受付」という職業が必要とされているのは、本物のおもてなしは人間にしかできないと考えられているからです。

また企業の顔として若さやフレッシュさが求められるケースも多いといえます。

「受付」は定年までずっと続けることは難しいところがあるかもしれませんが、「受付」で培った高いホスピタリティ精神やビジネスマナーなどは秘書や他の職種でも活かせるでしょう。

その一方で「受付」としての立ち居振る舞いや行動は「経験」に裏付けられる部分も多いため、まずは日々の仕事に真剣に打ち込み成長していく気持ちが大切です。

また「受付」は企業の顔となるため「若さ」や「フレッシュさ」などが求められるケースが多く、次第に「受付」の仕事から離れなくてはならないということがあるかもしれません。

その場合は次なるステップとしては「秘書」など他の職業を目指すことができます。

受付がおもに勤める場所


「受付」がおもに勤める場所としては一般企業がイメージされやすいかもしれませんが、百貨店やアミューズメント施設、金融機関や教育施設など、非常に幅広い種類の組織で「受付」は重宝されています。

規模の大きな組織になるとお客様の数もその分多くなることから、「受付」を何人も採用しているというケースも多いです。

その一方でそこまで規模が大きくない組織であれば、一人の「受付」が全てのお客様の対応を行うことになります。

また「受付」はその職業柄初対面の人と接する機会がとても多く、相手に合わせたコミュニケーションが必要です。

外資系の企業の「受付」であれば、語学力があれば外国人の方ともコミュニケーションができるので貴重な戦力として大事にされるかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

  • 「受付」は企業やショールーム、病院やフィットネスクラブなどの各種施設で来訪者を案内する仕事、あるいはその職業に就く人のこと
  • お客様がその場で最初に顔を合わせる存在であることが多く、その職場の「顔」としてお客様を気持ちよく迎える姿勢が必要
  • 「受付」になるために絶対に必要な学歴や資格などはなく、大学や高校などを卒業して企業などの「受付」の求人に応募するのが一般的
  • 「受付」は正社員として働く人がいる一方で、契約社員や派遣社員などの雇用形態で働く人も多い
  • 「受付」は組織の顔としてお客様をお迎えする職業なので、礼儀正しくて人付き合いを大切にできる人に向いている
  • 「受付」の給料は勤務先によって異なりますが、大体は年収で約300万円~400万円程度がボリュームゾーンになっている
  • 「受付」は毎日同じ勤務時間で働くことも少なからずあり、その場合は土日祝日が休みの週休二日制で規則正しい生活を送ることができることが多い
  • 本物のおもてなしは人間にしかできないと考えられていることから、「受付」の将来性はあるといえる
  • 非常に幅広い種類の組織で「受付」は重宝されている

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda