この記事では「ビルメン」について解説いたします。

重要な役割を担っている職業ですが、実際にはどのような職業なのかよく分からないという人も多いかもしれません。

そこで今回は「ビルメン」の仕事内容や取るべき資格、向いている人や年収なども含めてまとめました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

ビルメンとは


「ビルメン」とは「ビルメンテナンス」の略称で、大型商業施設やオフィスビル、病院など大規模の建物における設備の管理・メンテナンスを行う職業です。

その建物を訪れる人が快適に利用できる環境を維持することが役割です。

ある程度の規模なビルでは「ビル管理法」という法律により点検項目や検査方法が定まっているため、ビルメンテナンス業者が施設の所有者に代わり専門作業を行うことが必要になります。

ビルメンの仕事内容

「ビルメン」は電気設備・空調設備・ボイラー設備などの管理、不具合のある設備の保守・点検などを行う仕事です。

電気やボイラーなどの扱いにはそれぞれ専門の資格が必要となり、資格を持っている場合は自らメンテナンスにあたりますが、必要に応じて専門業者を手配し管理や点検を行うこともあります。

ビルメンになるには

千載一遇
「ビルメン」になるには、ビルメンテナンス会社の採用試験を受ける必要があります。

大規模施設の建設ラッシュが続いている影響で業界全体が慢性的な人手不足となっているため、就職口を見つけることはそれほど難しくないかもしれません。

従来はほとんどの企業で中途入社の社員が多数を占めていましたが、最近では系列系のビルメンテナンス会社を中心に新卒採用に力を入れるケースも増えています。

そうした企業では中長期的な人材育成を図るために教育体制を整えているところが多く、新卒で入社した場合でも体系的にキャリアを築く素地があるといえるでしょう。

ビルメンが取るべき資格「ビルメン4点セット」とは


「ビルメン」の仕事の基本となる4つの資格は、一般的に「ビルメン4点セット」または「ビルメン4種」と呼ばれています。

その資格とは「第二種電機工事士」、「危険物取扱責任者乙種4類」、「2級ボイラー技士」、「第三種冷凍機械責任者」の4つです。

これらを取得していれば「ビルメン」として基礎的な作業は一通り担当できるとされています。

この項目では、それぞれの資格についてまとめました。

第二種電気工事士

第二種電気工事士は、ビルや住宅などの建物内の電気設備に関する工事をするための資格です。

経済産業省が定める国家資格で、電気工事を行う際に必要になります。

電気工事の具体例としては屋内の配線や照明、コンセントやエアコンの設置工事などが挙げられるでしょう。

この資格があれば住宅だけでなく、小規模の店舗や工場の電気工事を行うことも可能です。

資格取得には「第二種電気工事士試験」に合格後、都道府県知事に申請して免状を受け取る方法が最も一般的といえるでしょう。

免状を申し込むためには、まず筆記試験と実技試験の両方に合格する必要があります。

その後、都道府県ごとに指定された窓口への申請が必要です。

危険物取扱者乙種4類

危険物取扱者乙種4類は、消防法によるガソリンや過酸化水素などの「危険物」を取り扱う場合に必要な国家資格です。

危険物取扱者は甲種・乙種・丙種に分かれ、乙種はさらに第1類~6類に分かれています。

試験は筆記試験のみのマークシートで、合格し免状を取得することで「危険物取扱者」として仕事をすることが可能です。

2級ボイラー技士

2級ボイラー技士は伝熱面積が25平方メートル未満のボイラーを取り扱える国家資格です。

貫流ボイラーと呼ばれるボイラーの場合は250平方メートル未満であれば、二級ボイラー技士でも扱えることになっています。

受験資格に制限はありませんが、所定の実務経験をするか講習を受けるかした上で免許の交付を受けることが必要です。

第三種冷凍機械責任者

第三種冷凍機械責任者は冷凍設備の保安業務を行う、ビルや産業を支える国家資格です。

化学や液化天然ガス製造など様々な免状がある中でも、特に冷凍設備に関わる機械・装置の保安業務を行う役割を持ちます。

取得すれば機械の保守管理や点検の立会・結果の保管などを担うことが可能です。

第三種冷凍機械責任者が管理可能なのは1日の冷凍能力が100トン未満の製造施設に限られます。

資格取得には国家試験に合格することが必要で、実務経験などの要件が一切ありません。

ただし責任者として実務に当たり自治体に届け出る時には、1日の冷凍能力が3トン以上の製造施設を使用している高圧ガスの製造に関する1年以上の実務経験が必要です。

ビルメンの魅力・やりがい


「ビルメン」には様々な魅力ややりがいがあります。

例えば次のようなものが挙げられるでしょう。

専門的な知識が身につく

「ビルメン」として働くと電気設備や空調機、ボイラーや水道の配管など、建物の設備に関する専門的な知識を多く身につけられます。

これらの知識は日常生活ではなかなか学べないことなので、それだけでも貴重なスキルになるといえるでしょう。

将来性がある

ビルメンテナンス業界は安定の業界ともいわれています。

どれだけ日本が不況に陥ったとしても、オフィスビルやショッピングセンターなどの大規模なビルがなくなることはありません。

現に現在も都市に限らず、地方でも続々とビルや大規模施設などが建設されています。

こうしたビルが増えれば増えるほど「ビルメン」の活躍の場が増えますし、将来的にも需要がなくなることはない安定した職種だといえるでしょう。

ビルを守る使命感を持てる

エレベーター設備の不具合や施設内の破損など、異常事態を見つければ即座に対応し、解決していくことが求められます。

それらの自分の行動が多数の利用客の安全・安心を守ることに結びつくという使命感が、「ビルメン」にとってのやりがいになっているといえるでしょう。

ビルメンのつらいこと・大変なこと


「ビルメン」には魅力ややりがいだけではなく、つらいことや大変なこともあります。

具体的には、以下のようなものが考えられるでしょう。

何も起こらないのが当たり前

「ビルメン」はビルの快適さと安全・安心を守るために不可欠な仕事ですが、その大半は裏方仕事であり、あまり目立つ存在ではないかもしれません。

利用者やテナントが普段「ビルメン」の存在を感じることはほとんどなく、直接感謝される機会が滅多にないのがつらいところだといえます。

プレッシャーが大きい

「ビルメン」は色々な建物の設備管理を行いますが、現場によっては相当なプレッシャーやストレスがかかります。

中でも大変だといわれている場所が病院や老人保健施設などです。

入院患者や身体が弱い人のいる現場は、設備トラブルによって人命を左右することにも繋がりかねないため、常時気を張って仕事をすることになります。

資格取得が必須

「ビルメン」は設備管理に関連する多様な資格の取得が必要です。

中には実務経験が必要なものもあれば、専門的に勉強をしないと取得が難しいものもあります。

職場によっては資格を取らなくても働けるところもありますが、収入アップのためには資格取得がほぼ必須です。

働きながら勉強しなくてはならないのも、「ビルメン」の大変なところだといえるでしょう。

ビルメンに向いている人

「ビルメン」になるには先述のように働きながら勉強しなくてはならないので、粘り強くコツコツと努力することが求められます。

したがって「ビルメン」に向いているのは、地道な努力を継続できる真面目な性格の人です。

ビルメンの年収


「ビルメン」の平均年収は300万円程度とされており、あまり良い給与水準とはいえません。

ただし比較的小規模の企業が多いことに加え、業界全体で人の出入りが激しく、勤続年数の短い社員が多いことも平均年収を押し下げている要因として挙げられます。

キャリアを積みながら資格取得などによって着実にスキルアップしていけば、平均を大きく上回る収入が得られるでしょう。

なお独立系のビルメンテナンス会社よりも系列系の企業の方が、給与面などの待遇は手厚いとされています。

ビルメンの求人探しのポイント


「ビルメン」の求人探しに際しては、見ておくべきポイントがあります。

特に見るべきポイントとしては、下記のようなものが挙げられるでしょう。

雇用形態

今後のキャリア形成などを考えると入社した時から正社員で働けることがベストですが、契約社員からの場合もあります。

その場合は正社員登用の実績を必ず確認しましょう。

福利厚生

「ビルメン」はボーナスが支給されない、あるいは寸志程度ということがあります。

ボーナスの支給実績も確認しておいた方が良いかもしれません。

また退職金の有無は生涯賃金を大きく左右する一員であることから、長く働くなら退職金制度はあった方が望ましいといえるでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • 「ビルメン」とは「ビルメンテナンス」の略称で、大型商業施設やオフィスビル、病院など大規模の建物における設備の管理・メンテナンスを行う職業
  • 「ビルメン」になるには、ビルメンテナンス会社の採用試験を受ける必要がある
  • ビルメンが取るべき資格「ビルメン4点セット」とは「第二種電気工事士」、「危険物取扱者乙種4類」、「2級ボイラー技士」、「第三種冷凍機械責任者」を指す
  • ビルメンの魅力・やりがいは、専門的な知識が身につくこと、将来性があることなどが挙げられる
  • ビルメンのつらいこと・大変なことはプレッシャーが大きいことや資格取得が必須なことなどが考えられる
  • ビルメンに向いているのは、地道な努力を継続できる真面目な性格の人
  • 「ビルメン」はあまり良い給与水準とはいえないが、キャリアを積みながら資格取得などによりスキルアップしていけば、平均を大きく上回る収入が得られる
  • ビルメンの求人探しのポイントは、雇用形態や福利厚生などを確認すること

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda