居心地のよい部屋づくりには自分のイメージに合ったインテリアが欠かせません。インテリアコーディネーターはイメージを形にしてくれる頼れる存在でしょう。

この記事では、インテリアコーディネーターの仕事内容やなるまでの道のりといった基本的なことから、インテリアデザイナーとの違いや取得しておくと役に立つ資格など、プラスの知識を紹介します。

インテリアコーディネーターとは


インテリアコーディネーターは、住宅や店舗などのインテリアを、クライアントの求めるイメージに合わせてトータルにコーディネートする仕事です。

インテリアコーディネーターが手がけるのは、住宅のほか、店舗やオフィス、商業施設などさまざまです。
希望のイメージに合うように空間をコーディネートしていく仕事なので、家具、雑貨、照明、カーテン、壁紙、床材など、幅広く豊富な知識を持っていることが必要です。
そしてインテリアの世界にも流行がありますから、トレンドに敏感であることも大事でしょう。

インテリアは見ていて美しいだけでなく、使い勝手も考慮しなくてはなりません。インテリアの配置には床や壁の強度も関わってきますし、スイッチやコンセントの位置も使い勝手を大きく左右します。したがって、建築や設備に関する最低限の知識を持っていることも必要です。

インテリアコーディネーターにはコミュニケーション力も求められます
クライアントのイメージを形にする仕事ですから、ヒアリングや意識のすり合わせはとても重要になります。クライアントのほかにも、建設会社やインテリアメーカーなどとやり取りする機会も多く、交渉力が必要になる場面もあるでしょう。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの基本的な仕事の流れを紹介します。

1.イメージをヒアリング
クライアントの求めるイメージと家族構成、ライフスタイル、予算などをヒアリングします。写真や事例などを見せながら具体的にイメージを共有していきます。
インテリアコーディネートの最初の一歩になる大切な工程です。

2.イメージ図を作成
ヒアリングした情報を元に、完成イメージを作成します。ここではCGを利用することも多く、CGを使うことでよりリアルに完成形をイメージすることができます。

3.サンプルを提示
壁紙、床、カーテンなどは素材によって印象が大きく変わってきます。このようなCGだけでは素材感を十分にイメージしにくいものについては、ショールームに同行したりサンプル取り寄せて、実際に見たり触ったりしながら商品選びのアドバイスをします。

4.インテリアを配置
イメージと素材が決定したら、実際に壁紙や家具、照明、雑貨などを配置していきます。インテリアは見た目だけでなく使い勝手も重要です。ライフスタイルも考慮しながらコーディネートしていくことが大事です。

イメージという形のないものからインテリアを作り上げるには、クライアントとのイメージ共有が重要です。実際には、ヒアリングとイメージ図の作成を何度か繰り返しながら固めていくことになります。

期日や予算も考慮しながら希望に沿った空間を作り上げていくというのは簡単なことではありませんが、自分のコーディネートしたインテリアをお客様が喜んでくれるのを見るのは、何よりのやりがいに通じるでしょう。

インテリアコーディネーターとインテリアデザイナーの違い

インテリアに関わる仕事といえば、インテリアコーディネーターのほかに「インテリアデザイナー」があります。この2つの仕事の違いを見ていきましょう。

インテリアデザイナーは、室内の内装全般をゼロから作っていく仕事です。家具や雑貨だけではなく、内装全般の企画や設計から関り空間すべてをプロデュースしていきます。自ら家具や照明ファブリック類のデザインも手がけます。
建物全体の構成や庭、通路といったエリアもあわせて考えていくため、建築や設計に関する知識も持っている必要があります。

インテリアコーディネーターはインテリアについてアドバイスをする役割です。出来上がった空間に合わせて、既存の製品からクライアントのイメージに沿うような家具や雑貨をチョイスして、提案していきます。

ファッション業界に置き換えていうならば、インテリアデザイナーはファッションデザイナー、インテリアコーディネーターはスタイリストの仕事をイメージすると近いものがあるでしょう。

インテリアコーディネーターになるには

千載一遇
インテリアコーディネーターになるのに特別な資格は必要ありません。大学や専門学校でインテリアについて学んだ後に、インテリアを扱う会社や店舗、住宅関連企業に就職するのが、最もスタンダードな道でしょう。

インテリア・住宅関連企業に就職する

インテリアコーディネーターの就職先としては、住宅メーカー、大手不動産会社、リフォーム会社、家具や照明機器のメーカー、家電メーカー、インテリア関連のショップなどがあります。

インテリアコーディネーターには必須の資格はありませんので、目指す業界にアプローチして就職し、アシスタントから経験を積んでいくことになります。

学歴はとくに関係ない

インテリアコーディネーターには、必須の資格や学歴はありません。
そうはいっても、未経験からの就職を目指すのであれば、大学の建築、インテリア、空間デザインといった学部を卒業するか、専門学校を卒業していると有利でしょう。

インテリアコーディネーターを目指す際に役立つ資格

看護師国家試験
インテリアコーディネーターになるのに必ず必要な資格はありませんが、取得しておくと就職や転職に有利になると考えられる資格があります。資格を取っておくことで独立した際の信用にもつながるでしょう。

インテリアコーディネーター

公益社団法人インテリア産業協会が認定している資格で、インテリアコーディネーター関係の資格として最もポピュラーなものといってよいでしょう。

試験はマークシート方式による一次試験と、プレゼンテーション・論文方式の二次試験があり、例年の受験者数は8,500人程度、最終合格率は20%~25%程度となっています。

民間資格ではありますが、専門的な知識やプレゼンテーション力も求められる内容で、しっかりと試験対策をして臨むことが必要でしょう。

建築士

建築士は住宅の設計・工事監理を行うことができる国家資格です。インテリアコーディネーターは直接建物の設計に関わる仕事ではないので、建築士の資格が必ず必要ということはありません。しかし、取得することでできる仕事の幅が広がり、ステップアップや独立した際に役立つことが考えられます。

まずは二級建築士からの受験となりますが、受験資格として、大学や高校で指定科目を修了していること、もしくは実務経験が必要です。

そのほかの資格

インテリアコーディネーターの資格、建築士のほかに、取得しておくことでインテリアコーディネーターの仕事に役立つ資格をいくつか紹介します。

カラーコーディネーター
仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験です。「スタンダードクラス」「アドバンスクラス」の2つの階級があります。
インテリアコーディネートにカラーの知識は不可欠ですから、取得しておいて損はない資格といえるでしょう。
キッチンスペシャリスト
インテリアコーディネーター資格と同じくインテリア産業協会が認定している資格で、快適で使いやすいキッチン空間を提案し建築や施工につなぐ「キッチンスペシャリスト」を認定するものです。
キッチンを扱うメーカーで活躍するには役立つ資格といえるでしょう。

インテリアコーディネーターの年収

吝嗇
インテリアコーディネーターの給料は勤務場所や勤務体系によって違ってきますが、平均すると380万円くらいだと考えられます。

未経験で採用された場合はアシスタントからのスタートとなるのが一般的で、経験を重ねて一人前になれば給料もついてくる形でしょう。インテリアコーディネーターなどの資格をもっていれば、資格手当がプラスされることもあるようです。

インテリアコーディネーターが働く場所は小規模なデザイン事務所から大手の住宅メーカーまでさまざまです。したがって給料も一概にこれくらいといいづらいところがあります。

インテリアコーディネーターの勤務体系と休日

雇用形態
インテリアコーディネーターの勤務時間は、基本的には就業先の勤務体系に準じます。
しかし、クライアントとの打ち合わせは先方のスケジュールに合わせることになります。店舗や商業施設であれば閉店後の時間を使って打ち合わせすることもありますし、個人宅であれば土日をあてなければならないこともあるでしょう。

また、ショールームやショップなどの休業日がない施設に勤務しているインテリアコーディネーターであれば、シフト制で休暇をとることになります。

インテリアコーディネーターは、クライアントや施工業者など外部との打ち合わせが多い職業です。勤務時間がある程度不規則になることは心得ておいたほうがよいでしょう。

インテリアコーディネーターの将来性


近年特に人々の生活は多様化し、住空間を自分好みの快適な空間にしたいと考える人が増えてきています。古民家をリフォームして住まいや店舗にする人、古いマンションをリノベーションして自分の空間を作り上げる人など、住まいへのこだわりを持つ人は今後も多くなっていくでしょう。

住人と施工主やメーカーをつなぐ役割としても、インテリアコーディネーターはますます活躍の場が増えることが予想されます。

インテリアコーディネーターがおもに勤める場所

アセスメント
インテリアコーディネーターが働く代表的な場所は、住宅メーカー、大手不動産会社、リフォーム会社、デザイン事務所、建築会社、家具・家電メーカー、住宅設備メーカー、インテリアショップなどです。

どういった企業で働くかによって仕事内容も少し変わってきます。住宅設備メーカーでは自社製品を中心としたコーディネートが求められますし、リフォーム会社やインテリアショップで働くなら、幅広い商品知識が必要になります。

また、経験を積んだ後に独立してフリーランスで活躍するインテリアコーディネーターもいます。安定した収入は約束されなくなりますが、自分の思うように自由に働けるのはメリットでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • インテリアコーディネーターは、住宅や店舗などのインテリアをイメージに合わせてトータルにコーディネートする仕事です。
  • インテリアコーディネーターになるには、大学や専門学校で建築や空間デザインを学んだ後に住宅関連企業などに就職し、アシスタントからステップアップしていくのが一般的な道です。
  • インテリアコーディネーターになるのに必須な学歴や資格はありませんが、「インテリアコーディネーター」「建築士」などの資格を持っていると就職や独立時に信用が増すといえるでしょう。
  • インテリアコーディネーターの平均的な年収は380万円程度です。資格を取得したり経験を積むことで年収アップが期待できます。
  • インテリアコーディネーターが働く代表的な場所は、住宅メーカー、大手不動産会社、リフォーム会社、デザイン事務所、建築会社、家具・家電メーカー、住宅設備メーカー、インテリアショップなどで、働く企業によって仕事内容も少し変わってきます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda