この記事では、「アウトソーシング」の意味や使い方、種類、メリット、デメリットなどについて考察します。

アウトソーシングという言葉はよく耳にしますが、その意味を正確に言えるでしょうか?人材派遣と同じ意味として思われている方もいるかもしれませんが、アウトソーシングにはさまざまな種類があります。

アウトソーシングは、ビジネスを発展させるためには重要なものです。この記事を通して、アウトソーシングの意味やメリット、デメリットなどを理解して、ビジネスパーソンとしてのスキルアップにつなげてください。

アウトソーシングの意味とは

囚人のジレンマ
「アウトソーシング」とは、業務の一部を外部に発注する経営手法のことで、日本語にすると「外部委託」です。一般的には、Webサイトの制作や更新、商品の梱包や発想、広告制作、経理の仕分けなどの業務が対象ですが、情報技術の急速な進歩とともに、さまざまなアウトソーシングが登場しています。

アウトソーシングの語源

アウトソーシングは、1960年代のアメリカが発祥と言われています。当時のアメリカ企業は経営の拡大が進む一方で、人件費や固定費が増加して経営を圧迫していました。このような中IT企業であるEDS社が、プリントレイ社にアウトソーシングをおこないました。

これが、アウトソーシングの始まりと言われています。アウトソーシングという言葉が有名になったのは、1989年にコダック社がおこなったアウトソーシングの事例です。情報処理部門をIBMにアウトソーシングしたことが、大きな話題になったのです。

元来、アウトソーシングは技術力の低い企業が、外部に委託するのが一般的で、コダック社のような技術力のある企業がアウトソーシングするのは異例のことで、「コダック・エフェクト」と呼ばれ、以来業界に大きな影響を及ぼしました。

日本においてアウトソーシングが最初におこなわれたのは、セブンイレブンジャパンでした。1989年に、情報システム部門を野村総合研究所に一括委託したのが最初と言われています。以来、アウトソーシングは、情報処理の分野だけでなくさまざまな業務に広がっています。

アウトソーシングの使い方・例文

アウトソーシングは、今やビジネスにおいては必要不可欠な経営手法です。実際のビジネスシーンにおいても使われる言葉ですから、正しく使うことが大切です。ここでは、代表的な例文をいくつか紹介します。

例文

  • 情報漏洩には十分に気を付けて、信頼できるアウトソーシングの相手を選ぶことです。
  • アウトソーシングにすることが、会社にとって本当に効果的なのか検討すべきです。
  • 社長の独断でデザイン部をアウトソーシングにしましたが、どこか不安が残ります。
  • IT技術の急速な変化に対応するには、アウトソーシングを活用するしか道はありません。

アウトソーシングの種類


当初は情報処理分野での業務委託がアウトソーシングでしたが、最近はさまざまな種類のアウトソーシングが登場しています。

BPO

「BPO」とは、「Business Process Outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)」のことで、ひとつの業務をまるごと委託する経営手法です。例えば、人事部の業務を全て外部に委託することで、自社で人事部を持つことなく、より生産性のある業務に集中することができます。

会社にとってコアでない人事や総務、経理などを専門性の高い事業に提供することで、効率的な会社運営が可能になります。

ITO

「ITO」は、「ITアウトソーシング」のことで、IT分野に関する業務を外部委託することです。複雑多様化するIT分野において、自社でIT業務をおこなうのは人材的にもコスト的にも負担が大きく、円滑に運用するのは至難の業と言えます。

より高度なITに対応するためにも、企業にとって今やITOは不可欠なアウトソーシングになっています。

KPO

最近特に注目されているのが、「KPO(Knowledge Process Outsourcing)」と呼ばれるアウトソーシングです。情報処理分野でのアウトソーシングは、財務や会計データの入力など単純な業務が一般的です。

しかし、高度な情報分析などが求められる今、情報の収集や加工、分析などが重要な業務になっています。KPOは、このようなハイレベルな情報処理をおこなうアウトソーシングです。「知的業務委託」と呼ばれ、専門で引き受ける業者も増加しています。

アウトソーシングとその他の手法の違い


アウトソーシングと似たような手法に、「人材派遣」や「シェアードサービス」があります。ここでは、これらの手法とアウトソーシングの違いを紹介します。

アウトソーシングと人材派遣の違い

アウトソーシングも人材派遣も社外の人に業務をおこなってもらう点では共通しています。しかし、人材派遣は、人材の労働に関する対価が支払われますが、アウトソーシングは、業務の成果に関する対価を支払います。

また、人材派遣の場合は、直接派遣先で業務をおこなうので、業務の指示は派遣先の上司がおこないます。一方、アウトソーシングは、基本的には業者内でおこなうので、業務内容はアウトソーシングの担当者がスタッフに指示します。

アウトソーシングとシェアードサービスの違い

数多くの部署やグループ会社を持つ企業が積極的に導入し出しているのが「シェアードサービス」です。このような企業には、同じような業務をおこなう部門が数多くあり、効率的とは言えません。

そこで、企業やグループ内の同じ業務をおこなう部署をひとつにまとめた「シェアードセンター」が登場。企業にとってコスト削減・業務の効率化、さらには品質の向上にもつながります。企業によっては、シェアードセンターを子会社化しているケースもあります。

アウトソーシングの需要が高まっている理由


今やアウトソーシングは、企業にとっては無視できない重要な経営手法です。実際、BPOサービスの需要は年々増加し、市場規模も大きく拡大しています。では、具体的にアウトソーシングの需要が高まっている理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

若年労働者人口の減少

日本における若年労働者の減少は大きな社会問題で、企業にとっても人材確保は最優先課題でもあります。人材不足を補うためにも、アウトソーシングは必要不可欠な経営手法になりつつあります。同時に、社内にノウハウが蓄積されないことや情報漏洩などのリスクの対応をどうするかがアウトソーシングの大きな課題にもなっています。

企業活動のグローバル化

今や企業活動のグローバル化は急速に進んでいます。それにともない、それぞれの国の税制や取引習慣などに合わせた対応が求められます。社内の人材やノウハウだけでは、グローバル化の波を乗り越えることはできません。国境を越えた業務のアウトソーシング化をはかる企業は年々増加し、業務内容も多岐に渡っています。

アウトソーシングのメリット


今やアウトソーシングは、企業にとって不可欠な経営手法ですが、具体的にアウトソーシングにはどうようなメリットがあるのでしょうか?

即戦力を手に入れられる

良い人材を確保することは企業にとっては最優先課題とも言えますが、人材不足の中、有能な人材に巡り合うのは至難の業。ましてや、有能な人材でも戦力として使えるまでには時間がかかります。アウトソーシングの大きなメリットは即戦力が得られることです。

人件費などのコストを削減できる

企業にとって人件費は大きな負担で、能力に関係なく毎月給与を支払わなければなりません。当然、人件費以外にもコストは派生します。アウトソーシングなら、業務に対する対価ですから、トータルとしてコストダウンにつながります。

本来やるべき業務に割く時間を確保できる

企業が生き抜くためには、企業が持つノウハウや技術力を常に磨くことが不可欠です。そのためには、コアとなる業務に時間をかけなければなりません。非生産的な業務をアウトソーシングにすることで、本来やるべき業務に時間を確保することが可能になります。

アウトソーシングのデメリット


企業の効率化が実現できるアウトソーシングですが、注意すべき点がいくつかあります。ここでは、代表的なデメリットを紹介します。

ガバナンス弱体化のおそれがある

健全な企業経営をするためには、的確に「企業ガバナンス」がおこなわれていることが必要です。アウトソーシングの場合、業務を外部に委託するため、こまかな管理ができません。ガバナンスが弱体化しないよう、コミュニケーションを保つことが大切です。

社内にノウハウを蓄積できない

基本的にアウトソーシングは、外部の技術力やノウハウを利用することで成り立っています。そのため、社内にノウハウが蓄積されないデメリットがあります。アウトソーシング先にトラブルが発生するリスクも考えて、最低限の情報は入手しておきましょう。

情報漏洩のリスクがある

アウトソーシングの場合、企業や顧客に関する情報を共有することが多くなり、当然、情報漏洩のリスクが高まります。実際、アウトソーシングでの情報漏洩トラブルも発生しています。このようなリスクを十分に考慮してアウトソーシングを検討することが必要です。

アウトソーシングに適した業務・適していない業務


会社には様々な業務がありますが、アウトソーシングに適した業務と適していない業務があります。それぞれの業務の向き不向きを理解することが大切です。

アウトソーシングに適していない業務

企業の業務には会社のコアになるものや経営戦略に関係する業務があります。このような業務はアウトソーシングには適していません。具体的には、「研究・開発」「経営企画」「営業」などの業務です。このような業務はコンサルタントのような共有できる手法がベストです。

アウトソーシングに適した業務

アウトソーシングには、直接的な利益を生まないマニュアルなどで対応できる業務や経営戦略やコアでない業務が適しています。具体的には「経理・事務」「人事」「IT関連」や「コールセンター業務」などがあげられます。

まとめ この記事のおさらい

  • アウトソーシングは、業務の一部を外部に発注する経営手法のこと。
  • アウトソーシングは、1960年代のアメリカが発祥。
  • アウトソーシングには、BPO・ITO・KPOなどの種類がある。
  • 人材派遣は人材の労働の対価で、アウトソーシングは業務の成果の対価。
  • 企業やグループ内の同じ業務をひとつにまとめたのが「シェアードサービス」。
  • アウトソーシングの需要が高まっている理由には「若年労働者人口の減少」「企業活動のグローバル化」があげられます。
  • アウトソーシングのメリットは、「即戦力を手に入れられる」「人件費などのコストを削減できる」「本来やるべき業務に割く時間を確保できる」。
  • アウトソーシングのデメリット「ガバナンス弱体化のおそれがある」「社内にノウハウを蓄積できない」「情報漏洩のリスクがある」。
  • アウトソーシングに適していない業務は、「研究・開発」「経営企画」「営業」など。
  • アウトソーシングに適した業務は、「経理・事務」「人事」「IT関連」「コールセンター業務」など。