この記事では「保育士」について解説いたします。

子どもと遊んだり保護者対応をしたりといった仕事内容をイメージする人もいるかもしれませんが、その実態について詳しく理解している人はそう多くないでしょう。

そこで今回は「保育士」の仕事内容や「幼稚園教諭」との違い、「保育士資格」を取る方法や年収なども含めてピックアップしました。

この記事を読めば、「保育士」について今まで以上に理解できるようになることでしょう。

保育士とは

秀逸
「保育士」は、基本的には保育園にて子どものお世話をする職業です。

ただ預かって遊ぶだけではなく食事や排泄、着替えの補助はもちろん、生活や遊びを通して基本的な生活習慣や社会性を身に付けさせていきます。

その為に子ども一人ひとりの発達度合いを考慮して保育計画を作成し、それを基に保育を行っているのです。

保育を行うにあたり計画や活動の記録、子どもの発達記録などの書類作成のほか、行事の企画や運営、遊びや教材等の準備、設備の点検や掃除など仕事内容は非常に幅広いです。

また子どもだけではなく、保護者支援も「保育士」の大切な役割だといえます。

おたより帳などを通して保育園での様子や子どもの発達について伝えたり、体温や食事量、睡眠時間や排泄に関しての情報を共有したりすることが必要です。

保育士の仕事内容

「保育士」の大まかな仕事内容については上述の通りです。

この項目では一日の流れに沿って、「保育士」の仕事内容を細分化して見ていきましょう。

朝~9時頃

登園してきた子どもたちの受け入れをすることが、「保育士」の仕事のスタートです。

保護者から伝達を受けたり子どもの視診や荷物管理、おたより帳の確認等を行いながら保育をします。

なお子どもたちが全員揃うまでは自由遊びをしているという保育園が多いです。

9時~

子どもたちが揃うと、クラスごとに一斉保育がスタートです。

朝の会で挨拶や出欠確認、歌や体操等を行っていきます。

9時半~

主活動としてその日の計画を基に保育をします。

外遊びや制作、水泳やリトミックなど、季節や年齢、園の方針によって様々な活動を取り入れているのが特徴です。

例えばクリスマスの季節ではクリスマス会をしたり、七夕の時期には笹に短冊を吊るしたりといったようなものが挙げられます。

11時半~

昼食の時間になり、手洗いの指導や配膳準備、片付けを行っていきます。

一人ひとり食べる量やアレルギーが異なるので、それらには十分に配慮することが必要です。

13時~

お昼寝の時間になるので、布団の準備をして子どもたちを寝かしつけます。

睡眠中は呼吸チェックを行い、子どもたちの安全をしっかり見守ることが必要です。

また子どもたちが寝ている間におたより帳の記入など、事務作業を進めることもあります。

15時~

15時からはおやつの時間としておやつや飲み物の準備、片付けを行います。

16時~

保護者のお迎え時間に合わせ、随時降園していく子どもたちを見送ります。

降園時は保育中の子どもの様子や伝達事項を保護者に伝えてることも重要な仕事です。

降園後〜

このように1日の大半は子どもの保育にあてられますが、降園後にも保育計画や記録の作成、教材準備や掃除、会議等の業務をこなす必要があります。

「保育士」と「幼稚園教諭」の違い

「保育士」と混同されがちな職業として、「幼稚園教諭」が挙げられるでしょう。

「保育士」と「幼稚園教諭」の違いは、必要となる資格(免許)や管轄が異なることです。

「保育士」になるには保育士資格、「幼稚園教諭」になるには幼稚園教諭免許が必要になってきます。

また保育園は厚生労働省が管轄する福祉施設であり、幼稚園は文部科学省が管轄する学校という扱いになるというのも大きな違いです。

それに実際に働く上では、預かる子どもの年齢や開園時間も異なる場合がほとんどだといって過言ではないでしょう。

保育士になるには「保育士資格」が必要

看護師国家試験
「保育士」になるには、上記の通り「保育士資格」が必要になってきます。

しかし「保育士資格」はどのようにして取ったら良いのか、あまりよく分かっていないという人もいることでしょう。

そこでこの項目では、「保育士資格」を取る方法として2つご紹介します。

保育士資格を取る方法①:保育士養成施設を卒業する

「保育士資格」を取る方法の1つ目は、指定保育士養成施設を卒業することです。

指定保育士養成施設を卒業すれば、卒業と同時に取得することができます。

指定保育士養成施設とは都道府県知事が指定している、「保育士」を専門的に養成する勉強をする学部学科やコースを設置する学校です。

卒業することで保育士資格が取得できるのが特徴で、大学や短大、専修学校(実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関・主に専門学校)が多く指定されています。

なお指定保育士養成施設以外の学校でも履修科目やコースによっては「保育士」になる為の勉強はできますが、後述する保育士試験を受験し、筆記と実技の全教科合格が必要です。

保育士資格を取る方法②:保育士試験に合格する

「保育士資格」を取る方法の2つ目は、保育士試験に合格することです。

保育士試験は国家試験であり、4月頃(前期)と10月頃(後期)の年に2回実施されます。

試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験に合格した人のみ実技試験に進むことができるのです。

また保育士試験の受験資格は、最終学歴によって異なります。

例えば大学・短期大学卒業の場合学校教育法に基づいた学校を卒業していれば、保育士とは関係のない学部学科でも受験可能です。

専門学校卒業であれば、以下の条件を満たしていれば受験することができます。

・学校教育法に基づいた専修学校(専門学校)である
・2年以上の専門過程を修め卒業している

筆記試験は次の9科目全てに合格することが必要です。

100点満点中60点以上が合格ラインで、回答は全てマークシート形式で行います。

1. 保育原理
2. 教育原理
3. 社会的養護
4. 子ども家庭福祉
5. 社会福祉
6. 保育の心理学
7. 子どもの保健
8. 子どもの食と栄養
9. 保育実習理論

筆記試験に合格すると実技試験を受験することが可能です。

実技試験は「音楽表現に関する技術」や「造形表現に関する技術」、「言語表現に関する技術」という3つの試験分野に分かれており、その中から2つを選択して受験します。

そして筆記試験と実技試験の両方に合格すると、晴れて「保育士資格」を得られるというわけです。

保育士の給料・年収

ハロー効果
「保育士」の給料や年収は、所属する保育園が公立か私立かによって異なってきます。

内閣府の発表した「令和元年度 幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査について」によると、保育所で働く保育士(常勤)の平均給与は公立と私立とで差がありました。

公立の施設長632,982円、主任保育士は561,725円、保育士は303,113円です。

それに対して私立の施設長は565,895円、主任保育士が422,966円、保育士 301,823円でした。

これらには月額給与の他に年間賞与の1/12が含まれています。

したがって、年収は上記金額を12倍すればそれぞれ算出できるということです。

保育士の勤務体系と休日

検討
「保育士」の勤務体系と休日は所属する保育園にもよりますが、フルタイムのシフト制や短時間勤務、朝夕出勤などといった多様な働き方があります。

フルタイムのシフト制の場合は早番・中番・遅番といった3交代制が一般的です。

また休日もシフトで決められることが多く、必ずしも自分の希望が通るとは限りません。

土日祝日が全て休みである職種と比べると年間休日は少なめですが、年間100~110日程度は休日があると考えて良いでしょう。

保育士の将来性

脇
「保育士」の将来性は、需要は年々高まっていることからも非常に有望だといえるでしょう。

その理由としては待機児童問題や共働きの増加といったものが考えられます。

預けたくても預ける施設がない待機児童問題や、共働きをすることで預かる施設を探しているといったことは今後も社会の課題として考えなければいけないことです。

つまり「保育士」は、これからの社会に強く求められている職業だといえます。

保育士がおもに勤める場所

特技がない
「保育士」がおもに勤める場所は保育園です。

公立や私立といった違いはありますが、一般的なイメージがある保育園を連想しても大きな間違いではありません。

その他には企業の中にある託児所や、病院内にある保育所といった選択肢も挙げられます。

いずれにせよ「保育士」の基本的な仕事は子どものお世話をすることですから、子どもを預けたいという需要がある層に向けて開かれた施設がおもに勤める場所になるということです。

まとめ この記事のおさらい

・「保育士」は、基本的には保育園にて子どものお世話をする職業

・「保育士」はただ預かって遊ぶだけではなく食事や排泄、着替えの補助はもちろん、生活や遊びを通して基本的な生活習慣や社会性を身に付けさせていく必要がある

・「保育士」になるには保育士資格、「幼稚園教諭」になるには幼稚園教諭免許が必要になる

・保育園は厚生労働省が管轄する福祉施設であり、幼稚園は文部科学省が管轄する学校という扱いになるという違いがある

・「保育士」になるには「保育士資格」が必要で、「保育士資格」を取る方法としては保育士養成施設を卒業するか保育士試験に合格する必要がある

・内閣府の発表した「令和元年度 幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査について」によると、私立よりも公立の方が「保育士」の給料や年収が高い

・「保育士」の勤務体系と休日は所属する保育園にもよるが、フルタイムのシフト制や短時間勤務、朝夕出勤などといった多様な働き方がある

・「保育士」の将来性は、需要は年々高まっていることからも非常に有望だといえる

・「保育士」がおもに勤める場所は保育園

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda