自分の考えを表わす場面は、ビジネスシーンにおいて多くありますが、このときに「思う」、または「思います」という言葉は使ってもいいのでしょうか。今回は、ビジネスシーンにおける「思う」について解説します。

思う、思いますの敬語表現

丁寧語の表現の仕方

丁寧語の場合、「思います」などと表現します。丁寧語は敬語表現の中でも必要最低限の表現です。

例文
「私はあなたの考えが間違っていると思う」
→「私はあなたの考えは間違っていると思います。」

謙譲語の表現の仕方

謙譲語の場合、「存じます」、「所存でございます」などと表現します。主に相手に何かを聞かれた時などに使用することが多いです。

例文
「私はこのプロジェクトに参加させていただきたくと存じます。」

尊敬語の表現の仕方

尊敬語の場合、「お思いになる」、「思われる」、「思し召す」などと表現します。主に目上の方に対して使用することが多いです。

例文
「部長はこのプランをどう思いますか?」
→「部長はこのプランをどう思われますか?」

「お思いになられる」は間違い

ビジネスシーンにおいて、「お思いになられる」や「思いになられる」と表現している方は少なくないでしょう。特に相手が目上の方の場合、尊敬語として使用してしまいがちですが、これは間違った表現になります。

先ほど紹介しましたが「思う」の尊敬語には「お思いになる」があります。その表現に同じく尊敬語である「れる・られる」を付けてしまうと二重敬語の状態になってしまうからです。二重敬語はビジネスシーンのマナーにおいて使用しないほうが良いです。

相手を尊重するために敬語を重ねてしまいがちですが、相手の方に失礼な印象を与えるので注意が必要です。

また、丁寧語の「思います」は日常生活でよく使用しますが、ビジネスシーンにおいては相手に失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。丁寧語よりも尊敬語や謙譲語を出来るだけ使用しましょう。

「思う」、「思います」の英語表現と例文

「思う」を「I think~」と表現することは間違いではありません。しかし、この表現は、言い方と表情でどのようにも捉えられてしまうものなので、ビジネスシーンにおいては誤解を招く恐れがあります。

例えば、I think you are making a mistake.を強い口調で言うと「あなたは絶対に間違っている」と捉えられやすくなり、弱い口調と不安そうな表情で言えば
「あなたは間違っているのではないでしょうか」というように捉えられるでしょう。
そのため、基本的にはthinkを用いない方が無難です。

また、推測する場合は、「I guess~」とを用いて、
I guess this is the right answer.
「これは正しい答えだと推測します。」と表現します。

意見を述べる場合は、「My position is that~」を用い
My position is that this is the right answer.
「私の意見は、これが正しい答えだということです。」と表現すると良いでしょう。

英語の場合、あまり敬語表現はないといわれていますが、多少はあります。例えば、「そう思います」を表現する場合、以下のような違いがあります。

例文
日常生活の場合
I think so. too.
例文
ビジネスシーンの場合
I agree with you.

日本語と同じように、敬語表現を使用すると「私」よりも「相手」になることが分かります。

まとめ

・「思う」の敬語表現は丁寧語、謙譲語、尊敬語がある。
・丁寧語はビジネスシーンでは用いず、主体が相手の場合は「思われる」などの尊敬語、自分の場合は「存じます」などの謙譲語を使用する。
・敬語を重ねる二重敬語にならないよう注意をする。
・英語にはあまり敬語表現がない。しかし、表現によっては失礼にあたる場合もあるため注意して表現をする。

正しい敬語表現を学習し、正しい表現を使って自分の意見を述べられるようにしておきましょう。