今の職場に何らかの不満を持ち、転職を考える場合もあると思いますが、「前の職場のほうが良かった」などと後悔することだけは避けたいものです。

仮に後悔しないためのポイントが事前に分かっていれば、転職後「前の職場に戻りたい」と悩んでしまう場面も回避できる可能性が高まりそうです。

この記事では主に以下の3点について解説していきます。

  • 後悔する理由としやすい人の特徴
  • 後悔しないために必要なこと
  • 以前の会社に戻ることはできるのか?

転職で後悔しないためのポイントを押さえれば失敗する可能性が少なくなるでしょう。

転職後に後悔する3つの理由

仕事に対する不満から「転職をしよう」となった時には、「一刻も早く今の職場から抜け出したい」と思う場面もあります。

1つ目の理由は、「転職を急ぐあまり、募集要項に前職と似たような仕事内容が書かれているからと、あまり深く考えずに応募し、入社してみたものの、実際には自分が思っていた仕事内容ではなかったというケースが多いでしょう。

また、2つ目の理由として「思っていたより残業時間が多い」「休日出勤をしなければならない」など、転職先の雇用形態に戸惑いを感じる場合もあります。

例えば、収入は増えるのだけれども、前職と比べてプライベートの時間が確保しづらくなった場合は後悔してしまう気持ちのほうが強くなるのではないでしょうか。

3つ目の理由は「人間関係が前の職場と比べて悪い」と感じる方も多いようです。会社という集団の一員のなかでは些細なことでトラブルになりがち。人間関係は一度そうなってしまうと簡単には改善できません。「前の職場に戻りたい」などと考えてしまいます。

転職して後悔する人の特徴

「転職して成功だった」と思う人もいれば、「転職は失敗だった」と後悔する人もいます。

では、転職に失敗してしまう人に特徴はあるものなのでしょうか。その理由として考えられるものが3つあります。

  • 自分の判断を正しいと思ってしまう
  • 早く転職したい」と思い急いで決めてしまう
  • 状況判断が足りなかった

「今の会社を辞めて転職することは正しいことなのだ」と自分で思ってしまうとなかなかその考えを変える作業というのは難しいものとなります。

例えば周りからのアドバイスがあったとしても聞き入れずに転職を決断してしまうこともあるでしょう。客観的に自分を見つめなおすことも必要になってくるのかもしれません。

また、早急に転職先を決断してしまったり、事前の状況判断が不十分であったりした場合には「自分が思っていたことと違った」という場面が発生しやすくなるのではないでしょうか。

転職して後悔しないための対策

ケース1:仕事内容が自分のやりたいことと違っていた場合の対策

原因は自分自身や転職先の情報収集が欠けていた恐れがあります。

「自分は何のために転職するのか」「自分の強みを活かせる職場なのか」など転職後のことについてもしっかりと考えておく必要があります。

ケース2:雇用形態に不満を感じてしまう場合の対策

転職の理由は様々だと思います。

例えば「今よりも収入を上げたい」と一つの事柄を重視してしまうと他の項目が目に入らなくなってしまうこともあります。

募集要項に「自分の中でこれだけは守りたい」とする部分に反した内容が書かれていた時には、他が好条件だったとしても考え直した方が有効的でしょう。

ケース3:人間関係がよくないと感じた場合の対策

職場先の人間関係については実際に働いてみないと分からない部分が多々あると思います。

例えば、面接での担当者の態度や言葉遣いから判断することもできるのではないでしょうか。他にも相手先の邪魔とならない程度に職場の雰囲気や社内の様子など観察し「良くないな」と感じたら別の会社を受けることもできます。

また、インターネットを使って実際に働いている人の口コミを探してみることも効果的です。あくまでも口コミですから「それが真実」と鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、一つの判断材料となるでしょう。

転職前の会社には戻れるのか

さて、転職を失敗に感じてしまったら「我慢してそこに残る」か「また次の転職先を探す」かのどちらかになると思うのですが、その際に「できることなら転職前の会社に戻りたい」と思う場面も出てきます。

「戻れるかどうか」については「前職を円満に退職できたかどうか」によるところが大きいでしょう。前職を特に何の問題もなく円満に退職できたなら可能性はありますが、けんか同然に辞めてしまったのであればかなり確率が低いと言えます。

ただし、「辞めます」と言って会社を去ったわけですから、たとえ、戻れたとしても職場での信用度は下がってしまい、陰口を叩かれてしまう可能性もあります。

「転職前の会社には絶対戻ることはできない」とまでは言い切れませんが、その道はとても険しい道だということは転職する前には覚悟しておきましょう。

転職して良かった例

転職に対する失敗について見てきましたが、もちろん「転職して良かった」と思える事例もたくさんあります。まずは「今の仕事をしなくても良い」と精神的に解放されると感じることができる点が挙げられるでしょう。

他にも転職前の不満点を改善できた例として考えられるものは以下の通りとなります。

・給料が上がった
・自分のやりたかった仕事に就けた
・人間関係に恵まれた
・会社に拘束される時間が少なくなった

転職で後悔する人の特徴と対策に関するおさらい

転職で公開する人の特徴対策に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 転職して後悔する人は判断が早く、自分の判断を正しいと思っている
  • 自分のやりたいことと違った場合の対策は転職後のビジョンをしっかりと考えておく
  • 雇用形態に不満を感じてしまう場合はすべての雇用条件を確認しておく
  • 人間関係が良くないと感じた場合の対策は面接官の言葉遣いなどから読み取る
  • 円満退職をしていた場合は万が一転職に失敗しても戻れる可能性はある

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda