この記事では「編集者」について解説いたします。

ドラマや映画などでも取り上げられる「編集者」という職業ですが、その実態については今ひとつ分からないという人もいることでしょう。

そこで今回は「編集者」の仕事内容や種類、なり方や年収、勤務体系や休日なども合わせてまとめました。

この記事を通して「編集者」に対するイメージがより明確になれば何よりです。

編集者とは

自己PR 例文
「編集者」は雑誌や漫画や書籍などの出版物を企画し、作品として仕上がるまで制作全般を管理する人です。

「編集者」はライターと混同されがちですが、執筆は主にライターの役割なのでその役割が異なります。

「編集者」というと出版社に務めるイメージがあるかもしれませんが、昨今ではネットでの業務が飛躍的に増加しているのが特徴です。

その為WebメディアやWebマガジン、あるいは電子書籍などの企画や編集を担当することもあります。

編集者の仕事内容

「編集者」の主な仕事は誌面の企画発案・構成を考え、それに必要なイラストや写真・文章をデザイナーやカメラマン・ライターに依頼することです。

まずは読者層に合った企画を考案し、編集会議で提案します。

会議には編集長や広告担当者などのスタッフが集まって取り上げる企画や特集を選び、ページ数や構成を決めていきます。

企画が決定したら取材地の選定や使う写真・イラストなど、具体的な誌面内容を決めていきますが、この段階でしばしば問題となるのが予算です。

限られた予算内に諸経費を抑え、かつ良質な誌面にする必要があります。

それが済んだ後に行われるのがライターやカメラマンなど、スタッフとの打ち合わせです。

その他インタビュー対象者や店舗への取材、撮影の依頼やスケジュール調整なども重要になってきます。

時には宿泊先の手配が必要なこともあるので、やるべきことが多岐に渡っていることが想像できるでしょう。

撮影が終わればその写真を使って、タイトルのサイズや配色・文章の配置といった誌面のレイアウトを作成します。

そしてデザイナーやライターへデザインや文章の発注を行い、原稿の校正を何度か繰り返して印刷会社に入稿すれば「編集者」の仕事は終わりです。

製本された書籍や雑誌は営業部や広報担当部を通じて出版されます。

編集者の種類

一口に「編集者」といっても、様々な種類があります。

例えば小説を掲載する文芸書に携わる「文芸書の編集者」は、作家から原稿をもらってくることから始まります。

連載している作家が急病などで書けなくなってしまったときは、ページ分の穴が空いてしまうので避けなければなりません。

どうしても不可能な場合には他の小説家に穴埋めのお願いをしなくてはならない為、高いコミュニケーション能力が必要です。

作家から取材や資料集めを依頼された場合は「編集者」が担当したり、同行することもあります。

書籍化される際には作家と打ち合わせをして、原稿の書き直しをしたりデザインを検討したりと様々な仕事を担当しなければなりません。

また「雑誌の編集者」であれば、スポーツやビジネス、旅行やファッションなど多様なジャンルから自分の希望あるいは会社から指示された分野で編集に関わります。

雑誌はあらかじめ発行頻度が決められていて、週刊・月刊・各月刊・年刊などバラバラです。

雑誌は他の書籍と比べて締切までのスパンが短い関係で、一定の期間ですべての業務を終わらせなければならず、激務になりがちだとされています。

文芸書や雑誌以外では、コミックや書籍などが挙げられるでしょう。

このように「編集者」の種類によってその業務内容や特徴は様々なので、一概には語れません。

編集者になるには

おざなり
「編集者」になるにはどうしたら良いのか疑問に思っている人もいることでしょう。

そこでこの項目では、「編集者」のなり方についてまとめました。

①出版社や新聞社の出版局に就職する

まずは出版社や新聞社の出版局に就職することが考えられるでしょう。

なぜなら出版社や新聞社というのは出版物を取り扱う会社であり、「編集者」が不可欠だからです。

大手出版社は大卒や大学院卒を対象としていることが多いですが、中小出版社であれば短大卒や専門校卒であっても採用しています。

その為大卒や大学院卒でなかったとしても、まずは中小出版社でキャリアをスタートするという選択肢を選ぶことが可能です。

知識や経験が求められることが多いですが場合によっては中途入社も可能であり、経験や専門知識があればその分野を扱っている出版社で働くこともできるでしょう。

②編集プロダクションに就職する

「編集プロダクション」とは、「出版物の企画・編集・制作を代行する会社」のことです。

以前は出版物を制作する際に企画・取材・編集を出版社内で行ない、執筆・イラスト・デザイン・撮影といったものを外部に依頼していました。

しかし高度成長期に書籍や雑誌が相次ぎ創刊するにつれ、出版社内は人手不足となっていったのです。

そこで登場したのが「編集プロダクション」で、現在では「編集プロダクション」が企画を練ったり、フリーランスのライターやフォトグラファー、デザイナーに依頼をします。

まずは「制作・編集して印刷所に入稿し、書籍や雑誌として出版社に納品するのが一般的になったというわけです。

また「編集プロダクション」は出版社の下請け業務が多く、これは出版社の業務アウトソーシングとして機能している色合いが強いからとされています。

出版社が制作に限らず印刷や流通まで全工程に携わるのに対し、「編集プロダクション」は出版社から依頼された制作業務がメインです。

近年は「編集プロダクション」が企画から携わる機会も多くなりましたが、「編集プロダクション」の企画でも雑誌の発行元は出版社の名前になります。

③フリーランス編集者として活動する

「フリーランス編集者」とは出版社や「編集プロダクション」に所属するのではなく、フリーランスの「編集者」として働いている人のことです。

「フリーランス編集者」になる人のほとんどは、過去に出版社や「編集プロダクション」での実務経験を経てその後独立するという流れをたどっています。

なぜなら「編集者」が仕事を得る為には、実績やコネクションがとても大切だからです。

出版社や「編集プロダクション」も無名の「編集者」に仕事を任せることはほとんどありませんが、実績のある先輩に同行したりすることで経験を積むことができます。

一度出版社や「編集プロダクション」で経験を積んでおけば信頼を得やすくなりますし、仕事を任せてもらいやすくなるというわけです。

大手出版社などは大卒資格が必要

大手出版社などは大卒資格が必須条件に挙げられることが多いので、それも見据えた上で進路を考える必要があります。

その上大手出版社の社員は難関大学卒の人が多いことから、難関大学を卒業している方が有利だといえるかもしれません。

ただし経験者の転職の場合はその限りではなく、中小の出版社で経験を積み実力が認められた人であれば高卒でも大手に転職できる可能性は十分にあります。

編集者の年収

吝嗇
「編集者」の年収は会社や年齢・経験によって異なりますが、全世代での平均年収は400万円程度とされています。

大手や老舗出版社となると1300万円を超える「編集者」もいますが、20代前半の場合は300万円程度が多いです。

20代後半は400万円前後、30代は450万円前後、40代以上は500万円前後が平均値だといえます。

なお「フリーランス編集者」の平均年収は約1000万円とされていますが、ここから交通費やフィルム代などの諸経費が引かれるので実際の手取りはもっと少ないです。

編集者の勤務体系と休日

役不足
自分が所属している編集部が何を扱うのなのか、あるいはその発行物の刊行頻度によって「編集者」の勤務体系は異なります。

例えば雑誌はほとんどが定期刊行物なので締切があり、勤務時間が不規則になることが多いです。

自分のやるべき業務が終わっても他の業務が滞っていたり遅れがが発生したりすれば、締切に間に合わせる為に駆り出されることもあるでしょう。

しかし書籍を扱う部署で締切前以外であれば、比較的余裕があり穏やかな働き方ができるとされています。

また上記のような理由から、「編集者」の休日も不規則である場合がほとんどです。

特に締切前や大型連休前・年末年始前などは印刷所が停止してしまうので通常よりもタイトなスケジュールで動かなくてはなりません。

したがって「編集者」は休日返上で働き、締切後にようやく休みをとるというケースがよく見られます。

編集者の将来性

アクチュアリー
今後は紙媒体よりWeb媒体の需要の方が多くなることが予想される為、紙媒体だけでなくWeb媒体でも編集ができる「編集者」であれば将来性があるといえます。

逆に紙媒体の編集だけにこだわる「編集者」は、紙媒体の需要自体が減っていくことから今後淘汰されていくとする予想が大方の見方です。

編集者がおもに勤める場所

在宅ワーク
「編集者」がおもに勤める場所は出版社や新聞社の出版局、「編集プロダクション」などが考えられます。

また経験を積んだ上で「フリーランス編集者」になれば、場所を選ばずに働くことも可能です。

ただし取材や撮影などであちこち転々とすることも仕事柄十分にあり得ます。

まとめ この記事のおさらい

・「編集者」は雑誌や漫画や書籍などの出版物を企画し、作品として仕上がるまで制作全般を管理する人

・「編集者」の主な仕事は誌面の企画発案・構成を考え、それに必要なイラストや写真・文章をデザイナーやカメラマン・ライターに依頼すること

・「編集者」には「文芸書の編集者」や「雑誌の編集者」など、様々な種類がある

・「編集者」になるには出版社や新聞社の出版局あるいは「編集プロダクション」に就職したり、「フリーランス編集者」として活動したりすることが考えられる

・「編集者」の年収は会社や年齢・経験によって異なるが、全世代での平均年収は400万円程度とされている

・「編集者」の勤務体系や休日は不規則であることが多い

・紙媒体だけでなくWeb媒体でも編集ができる「編集者」であれば将来性があるといえる

・「編集者」がおもに勤める場所は出版社や新聞社の出版局、「編集プロダクション」などが考えられる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda