この記事では「人付き合いが苦手な人」について解説いたします。

社会で生きていく上で人付き合いを完全になくすことは極めて困難ですが、どうしても苦手だという人もいるかもしれません。

そこで今回は人付き合いが苦手な人の特徴や苦手を克服する方法、向いている仕事などをまとめました。

この記事の中で何かしら参考になるような情報があれば幸甚です。

人付き合いが苦手な人の5つの特徴

やる気が出ない
人付き合いが苦手な人には、共通する特徴を持っていることが多いです。

この項目では、その特徴として5つご紹介します。

自分に自信がない

まずは自分に自信がないことが挙げられます。

自信がないからこそ人に自分の意見や本音を伝えることを恐れたり、否定されることを過度に心配したりしてしまう傾向があります。

誰にでも上記のような傾向は多少あるかもしれませんが、人付き合いが苦手な人はそれがより顕著です。

一人の時間を大切にしている

一人の時間を大切にしている人も、人付き合いに苦手意識を持っている人が多いかもしれません。

というのも一人の時間を大切にしている人は、自分のペースを崩されたり人に合わせたりするのが億劫だと感じることが少なからずあるからです。

一人であれば自分の好きな時に好きなことをできるので、人に合わせて自分の意見を抑圧するということもありません。

他人の目を気にし過ぎてしまう

人付き合いが苦手な人は、他人の目を気にし過ぎてしまうところがあるかもしれません。

例えば「こんなことを言ったら嫌われるかもしれない」や「皆と同じ行動をしないと浮いてしまうかもしれない」など、人からどう見られるかを過剰に意識してしまう傾向があります。

その為なかなか自分がしたいことをしたり、自分の意見を人に伝えたりすることができないということもあるでしょう。

自分がどうしたいかよりも他人からどう見られるかの方が優先順位が高く、自分の言動を抑制しているところもあるかもしれません。

信頼していた相手に裏切られた経験がある

友達や恋人など、かつて信頼していた相手に裏切られた経験がある人は人付き合いが苦手な人に当てはまる可能性があります。

なぜならそのような経験をしたことがある人は、また同じような目に遭うことを恐れる人が多いからです。

また裏切られるくらいなら他人とは一線を置いた上でしか付き合わない、あるいはそもそも人付き合い自体を避けるという考え方をする人がいてもおかしくありません。

それはつまり、他人を深く信頼することがなければ、裏切られても大きく傷つくこともないという発想です。

自分自身に余裕がない

自分自身のことで精一杯で余裕がないという人も、人付き合いを苦手とすることが少なからずあります。

自分自身に余裕がないと、他人を思いやったり行動を合わせたりするだけの心のスペースも取れないことがあるのです。

お金に余裕がない人が他人にお金を寄付したりすることが難しいように、自分自身に余裕がない人も人付き合いをするだけの余裕がないのかもしれません。

人付き合いの苦手を克服する方法

従順な性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
人付き合いの仕方というのは、自分の意識や行動を少し変えてみるだけでも大きく改善できる余地があります。

そこでこの項目では、人付き合いの苦手を克服する方法として3つ取り上げました。

自分から挨拶してみる

まずは自分から挨拶してみるというのは有効な方法の一つです。

挨拶をされて不快に思う人はそう多くありませんし、挨拶をされるとついつい挨拶をし返そうとしてしまうという人も多いでしょう。

また相手も「自分からはなかなか声をかけにくい」と思っているだけだったかもしれません。

そこで自分から挨拶してみることで、相手にも話すきっかけや安心感を与えることができるというわけです。

全員から好かれようと頑張らない

全員から好かれようと頑張らないことも効果的だといえるでしょう。

いわゆる八方美人なタイプの人は自分の本音を偽って相手に合わせようとするところがあります。

そうすると人付き合いが面倒になり、人付き合いをするのが苦手になってくるという人もいるかもしれません。

しかし無理をしてまで全員から好かれようとしなければ、上記のような煩わしさを避けることができます。

それは自分の本音をさらけ出したり、素の自分を出したりしても苦にならない相手とだけ付き合っていけば良いからです。

相手の話をしっかりと聞く

相手の話をしっかりと聞くことも重要です。

人は基本的に自分のことを理解してもらいたいと思うもので、その為自分の話を聞いてもらいたいと考える人が多数派だといえます。

したがって相手の話をしっかりと聞いてあげれば、相手も「この人は私のことを理解してくれようとしている」と感じて心を開いてくれやすくなるでしょう。

また自分ばかり話しているのは申し訳ないと考え、こちら側の話もしっかりと聞いてくれるようになるかもしれません。

そうすればお互いのことをより深く知り合うことができるようになり、会話をするのが楽しくなるものです。

自分のことを知ってもらいたいと思うのであれば、まずは自分が相手のことを知ろうとすることがポイントだといえるでしょう。

つねにポジティブな発言を心がける

ネガティブな人が好きという人よりも、ポジティブな人が好きという人の方が多いということは容易に想像できます。

その為つねにポジティブな発言を心がけていると、「この人はポジティブな人なんだな」と好意的に感じてもらえることでしょう。

また相手との会話も明るくて楽しい内容になりやすく、話が弾むことが多いです。

逆にネガティブな話題ばかり口にしていると暗い雰囲気になってしまい、お互いに楽しい時間を過ごすのが難しくなるかもしれません。

ポイントは全ての発言をポジティブなものにするというのではなく、発言がポジティブな内容になるように心がけておくということです。

時には後ろ向きな話題になってしまうこともあるかもしれませんが、ポジティブを心がける気持ちがあるだけで明るい話題に切り替えやすくなることでしょう。

自分を他人と比べない

自分を他人と比べないことは、人付き合いをしていく上で重要だといえます。

なぜなら自分を他人と比べるということは相手との間に優劣をつけることに他ならず、健全な友好関係を築くのが難しくなるからです。

人には誰にでも得意なことや苦手なことがあるもので、相手より劣っている点があるからといって劣等感を抱く必要はありません。

人付き合いはどちらが優っているかを競うものではないと考えると、自分を他人と比べるのは意味がないことだと理解できるでしょう。

人付き合いが苦手なのは病気の可能性も

素直じゃない人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
人付き合いが苦手なのは自分の能力や素養の問題ではなく、病気に起因するものである可能性があります。

人付き合いが苦手だという人の病気としてよくあげられるのが、「自閉症スペクトラム障害」です。

「自閉症スペクトラム障害」とは発達障害の一つで、対人関係への苦手意識や何かにこだわる気持ちがきわめて強いという特徴があります。

どうして「自閉症スペクトラム障害」になるのかという原因は不明ですが、生まれつきの脳機能の異常によるものという考えが通説です。

これは薬で治すことができるものではありませんが、「療育」(治療教育)という個々の特性に合わせた教育的方法を用いた支援を受けることで生活の支障を少なくすることはできます。

人付き合いが苦手な人に向いている仕事3選

熱いな性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
生きていく以上仕事をする必要がありますが、人と関わる機会が多い仕事だと働くのが苦痛になってしまうかもしれません。

逆を言えば人と接することがほとんどない仕事であれば、人付き合いが苦手な人でも問題ないと言えます。

そこでこの項目では、人付き合いが苦手な人に向いている仕事を3つ取り上げました。

トラック運転手

トラック運転手は荷物を積んだり下ろしたりする時以外、一人でトラックを運転していることが多いです。

つまりそれだけ人と接する機会が少ないので、仕事上で人付き合いを心配する必要がありません。

その為運転をするのが苦にならないのであれば、トラック運転手は人付き合いが苦手な人に向いている仕事だといえるでしょう。

工場のライン

工場のラインとは、ベルトコンベアを流れる製品の加工・梱包・検査などをしていくものです。

例えば異物が混入したりしてないか目視で確認し、そういったものがあればラインから取り除いたりします。

同じことをひたすら繰り返したりするのが苦にならないのであれば、工場のラインで働く上での適性があるといえるかもしれません。

またこの仕事であれば人と接する機会も多くないので、人付き合いを懸念することはないでしょう。

清掃員

清掃員は指定された場所の清掃をするのが仕事です。

例えばオフィスやトイレ、階段や廊下などが清掃をする対象として挙げられます。

誰かと協力してやるというよりは一人で進めることが多く、人に合わせなければならないということもないでしょう。

仕事としてやっている以上ある程度テキパキと清掃を進める必要はあるでしょうが、人付き合いが仕事をする上で支障になるということはほとんどありません。

まとめ この記事のおさらい

・人付き合いが苦手な人には特徴があり、その特徴として自分に自信がない、一人の時間を大切にしているなどといったことが挙げられる

・人付き合いの苦手を克服する方法としては自分から挨拶してみることや全員から好かれようと頑張らないこと、相手の話をしっかりと聞くことなどが考えられる

・人付き合いが苦手なのは「自閉症スペクトラム障害」という病気である可能性があるかもしれない

・「自閉症スペクトラム障害」は薬で治すことができないが、「療育」(治療教育)を受けることで生活の支障を少なくすることはできる

・人付き合いが苦手な人に向いている仕事はトラック運転手や工場のライン、清掃員といったものが該当する

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda