本人に代わって退職の意思を会社に伝えてくれる「退職代行サービス」は、ここ2~3年で広く知られるようになった比較的新しいサービスです。近年メディアに取り上げられることも多くなり、代行業者の数も利用者の数も増えています。

この記事では、数ある退職代行サービスの中から、労働組合が運営するという新しい仕組みを取り入れている「退職代行SARABA」を取り上げて紹介します。

退職代行サービスとはなにかの基本をはじめとし、ほかの退職代行にはない「退職代行SARABA」の特徴までを分かりやすく解説していきます。

「退職代行SARABA」について、より詳細な情報を知りたい!という方は、下記の公式サイトもあわせてご参考ください。

退職代行サービスの基本

しなやかな人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
「退職代行SARABA」の特徴を解説する前に、まずは退職代行サービスとはどんなものなのかを簡単に説明します。

退職代行サービスは、ひとことで言うと「本人に代わって退職の意思を会社に伝える」サービスです。

退職代行の流れはいたってシンプルです。利用したい退職代行サービスに相談し、料金を支払って退職日などの必要事項を伝えれば、後は退職代行会社が退職の意向を伝えてくれます。

退職代行サービスを利用するメリット

リファラル採用ってなに?企業側・社員側のメリットデメリットを解説
退職代行サービスは便利ですが、どうしても費用が発生してしまいます。退職代行を使うことなく辞められればそれに越したことはありませんが、どうしても自分で退職を言い出すことが難しい人にとっては、料金を支払っても余りあるメリットがあるといえます。

なんといってもストレスが軽減されるのがメリット

会社を辞めたいと思ったことがある人なら分かると思いますが、「辞める」というひとことを言い出すのはかなり労力がいる行動です。
会社に行き続けるのも限界が近い、けれど辞めると言ったあとのことをか考えるともっと気が重い、となかなか退職への一歩が踏み出せないのが会社を辞めたい人に共通する悩みです。

この「退職の意思を会社に伝える」という一番のストレスを感じるステップを、退職代行サービスは代わりにやってくれます。悩み続ける毎日から脱することができるのです。

また、退職の意思を伝えても、「後任者が見つかるまで続けてほしい」「急には無理なので時間がほしい」などと言われれば、なかなか断るのは難しいものです。退職を申し入れてから実際に退職するまでの間に出社を続けるのは、肩身が狭く気まずく感じる人も多いでしょう。

退職代行サービスを使えば、ほとんどのケースで退職の申し入れから一度も出社することなく退職できます。これも嬉しいメリットのひとつではないでしょうか。

退職代行を使うのがおすすめなケースとは?

もちろん、退職代行を使わなくてもすんなり退職できる会社もあります。ではどんな場合に退職代行を使うと有効なのでしょうか。

まず考えられるのは、パワハラを受けているなどの理由で、上司に退職したい旨を言い出しにくいケースです。パワハラが辛くて辞めたいのに、その原因となっている上司に退職を言い出すことなどなかなかできるものではありません。

気が弱い人や自分の意見を言うのがあまり得意でない人も、退職代行を利用するのが良いかもしれせん。やっとのことで退職の意思を伝えたのにもかかわらず、「今は人手が足りないからもう少し伸ばしてくれないか」と言われて断り切れず働き続けているうちに、うやむやにされてしまうのを防ぐことができます。

退職代行サービスを利用するにあたって注意すること

内向的な性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説

退職代行サービスにできることを理解しておく

一般的な退職代行サービスにできるのは「退職の意思を伝える」ということです。未払い給料や残業代などの支払い交渉、損害賠償を請求されたときの対応などは請け負うことができません。このような行為は弁護士以外はできないことが法律で定められているからです。

今回紹介する「退職代行SARABA」は弁護士事務所ではありませんが、労働組合の交渉権を利用して会社に未払い給料などの請求や退職日の交渉などをすることが可能です。

職場の人から悪いイメージで見られる場合もある

退職代行サービスがメジャーになってきたとはいえ、まだ退職代行を使って会社を辞めることに良いイメージを持っていない人もいます。「なんで相談してくれなかったんだ」「挨拶もなしに無礼だ」などと悪く言う人がいることは覚悟をしておく必要があります。

業者選びにも注意が必要

退職代行は正しく業者を選べば安心して利用できるサービスです。しかし、昨今のブームに乗る形で悪質な業者が登場しているという話も聞きます。後々トラブルになることのないように、確認すべきポイントは押さえておきましょう。

トラブルになりやすいのは、追加料金の発生と非弁行為です。

退職代行サービスの中には、とても安い利用料金をあげているところもあります。安い業者が全て悪いということではありませんが、追加料金がかからないかを初めに確認しておくことが大事です。基本料金が安いので契約をしたら、電話やメールの回数が制限されていて、結局は高い追加料金を支払うことになったら元も子もありません。

もう一つは、未払い給与の交渉など非弁行為についてです。弁護士事務所や労働組合ではない一般的な退職代行業者が交渉や損害賠償に関わる業務をうたっている場合は、法を犯している可能性が高いので要注意です。

「退職代行SARABA」の特徴

御社
「退職代行SARABA」は「もうこんな会社とはおさらばだ」をキャッチに、SARABAをサービス名にした退職代行サービスです。労働組合が運営するという新しい仕組みを取り入れているのが大きな特徴です。

それでは退職代行SARABAの特徴を順番に紹介していきます。

利用者は20代~30代、勤続年数3年未満の人が中心

「退職代行SARABA」の利用者は、20代~30代、勤続年数3年未満の層が中心です。「会社に入ってみたもののカラーが合わなかった」「そろそろ次のステップに踏み出したい」と転職を考えている若い世代の利用が多いのでしょう。

古い考えの上司だと「3年は我慢しろ」などと理不尽なことを言われそうで、なかなか自分では言い出しにくいのかもしれません。

利用料金は追加料金なしの25,000円

「退職代行SARABA」の利用料金は税込25,000円です。25,000円はおもな退職代行サービスと比較してもリーズナブルなものとなっています。

この料金内で、電話、LINE、メールでの相談を回数無制限で利用できます。また、申込前の相談には料金はかかりません。追加料金なしで納得するまで相談できるので安心です。

全額返金保証あり

退職代行サービスに依頼するにあたって、退職できなかったときでも料金を支払わなければならないのかが気になる人もいるでしょう。

「退職代行SARABA」は、「依頼を受けて万が一退職できなかった場合は料金を全額返金」という全額返金保証が付いています。

返金保証があると聞くと、「退職できないケースが多いのでは…?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、「SARABA」を利用して退職できなかったことは今までに一件もないそうです。自信と実績があってこそ、返金保証制度を採用しているともいえるのではないでしょうか。

電話、LINE、メールは24時間365日対応

「退職代行SARABA」は24時間365日相談に対応しています。さらに最速で相談当日から代行業務が可能です。「もう、一日でも会社に行きたくない」というときには心強いサービスです。

行政書士監修の退職届付き

「退職代行SARABA」に申し込むと、行政書士が監修した退職届が無料でもらえます。書類の不備で退職手続きがうまく進まないという心配がありませんし、書類準備に時間をとられるストレスもありません。

無料転職サポートが受けられる

「退職代行SARABA」は人材紹介会社と提携しています。退職が決まれば無料で転職サポートを受けることができます。退職と転職の両方で頼りになるのは嬉しいメリットといえるでしょう。

労働組合が対応するため交渉が可能

「退職代行SARABA」の大きな特徴が、一般の退職代行業者には認められていない「交渉」ができるということです。

通常、弁護士以外が給料未払いの交渉などをすることはできません。一般の退職代行サービスは利用者の意思を伝えるといういわば使者的な役割です。そのため、会社が「そういうことなら残りの給料は支払わない」などと理不尽なことを言ってきた場合にはそれ以上の交渉をすることができないのです。

未払い給料や残業代の交渉をするには弁護士に依頼しなくてはなりません。弁護士事務所が運営している退職代行サービスもあり、そこに依頼をすれば交渉までを引き受けてもらえますが、弁護士事務所が運営する退職代行サービスでは、交渉業務はオプションで別料金が発生することがほとんどです。費用のことを考えると、弁護士事務所に気軽に依頼するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

「退職代行SARABA」は労働組合が運営する退職代行サービスです。労働組合は会社と交渉する権利を有しています。そのため「SARABA」では未払い給与の支払い、有給消化などについて交渉することが可能なのです。交渉に別料金がかかることもないので安心です。

弁護士事務所のように高い料金を支払うことなく交渉までを行ってくれる「退職代行SARABA」ですが、念のためにできないことがあることも覚えておきましょう。

万一、会社から損害賠償の裁判を起こされた場合、裁判の代理人になることは「SARABA」にはできません。しかし、実際に会社から訴えられたケースは一度もないということなので、これについては心配する必要はないでしょう。

「退職代行SARABA」を利用する一番のメリットは?

国家公務員
「退職代行SARABA」の特徴を順番に紹介してきましたが、「SARABA」を利用する一番のメリットを考えたいと思います。

「退職代行SARABA」の最大の特徴は、やはり他社にはできない「交渉」が可能だということでしょう。加えて、交渉までできるにも関わらず、利用料金がリーズナブルなところもメリットといえるでしょう。




この記事のまとめ おさらい

  • 退職代行は本人に代わって退職の意思を会社に伝えるサービスです。
  • パワハラなどを受けていて退職を言い出しにくい人、気が弱くて言いくるめられてしまいそうな人は退職代行サービスを使った退職もおすすめです。
  • 退職代行業者を選ぶ際には「追加料金が発生しないか」「非弁行為を犯していないか」をしっかり確認しましょう。
  • 「退職代行SARABA」はほかの退職代行にはできない「交渉」が可能なことが最大の特徴です。
  • リーズナブルな料金でサービスを利用できて退職に失敗したら返金保証があるのも「退職代行SARABA」の安心できる特徴です。
  • 転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

    まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

    業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

    転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

    マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

    それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

    JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

    JAC

    年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

    また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

    ビズリーチ

    リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

    r-agent

    dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

    またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
    簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

    doda