この記事では「Web会議サービス」について解説いたします。

在宅勤務が奨励される機運が高まる中、遠隔地であってもリアルタイムでやりとりができる「Web会議サービス」が話題になってきました。

しかしながらこれまで利用したことがない人にとっては、そもそもどんなサービスなのか自体よく分からないかもしれません。

そこで今回は「Web会議サービス」が普及しだした背景や概要、サービスの種類やそれぞれの特徴などについてまとめました。

この記事が「Web会議サービス」を利用する上での一助になれば幸いです。

Web会議サービスとは

在宅ワーク
「Web会議サービス」とは「遠隔地点の相手と音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するサービス」です。

音声やビデオ通信以外にもテキストチャットや画面共有、ファイルの送受信といった機能も有するサービスが少なからず見られます。

昨今話題になっている在宅勤務やテレワークを実現すべく導入を進んでいる企業も多いです。

「Web会議サービス」は後述する必要なものさえ用意すれば、場所を選ばずに同僚や取引先とやり取りすることができます。

もしかすると今後「Web会議サービス」が日本の働き方自体を一変するきっかけになるかもしれません。

それ程の魅力と可能性を秘めたサービスだといえるでしょう。

Web会議サービスが普及しだした背景

「Web会議サービス」自体は以前から存在していました。

実際に導入・活用している会社も少なからず見受けられましたが、あくまで「業務を補うもの」という位置付けに過ぎなかったというのが現実です。

それは「仕事はできる限り対面で行うべきだ」や「会社には毎日出勤するべきだ」といった旧態依然の価値観が根強く残っていたことが考えられます。

またこれまでのやり方を変えたり、新しいものを取り入れることへの抵抗感から「Web会議サービス」の利用に消極的だったという会社もあったことでしょう。

そうした中で「Web会議サービス」が普及しだしたのは、「新型コロナウイルス」の出現が大きな理由です。

「新型コロナウイルス」は飛沫感染することが分かっており、政府や各自治体はこのウイルスの拡大を抑制すべく不要不急の外出を控えるよう国民に要請しました。

そこで外出せずに仕事を進める手段として脚光を浴びているのが「Web会議サービス」だというわけです。

Web会議サービスに必要なもの

「Web会議サービス」を利用する際に必要なものは、おもに以下の通りです。

・PCやタブレット端末、スマートフォンなどの電子媒体
・光回線やモバイルルーターなど、インターネット接続手段
・マイク(電子媒体に付属していない場合、あるいはより高性能なものを求める場合)
・カメラ(電子媒体に付属していない場合、あるいはより高性能なものを求める場合)

まずはPCやタブレット端末、スマートフォンなどの電子媒体は必要です。

タブレット端末やスマートフォンでも「Web会議サービス」は利用できますが、PCはデータの送受信などを並行してやりやすいのでPCの方がやりやすいかもしれません。

続いて光回線やモバイルルーターなど、インターネットに接続する手段は必須です。

過度な容量のプランを選ぶ必要はありませんが、容量が少なすぎると通信が滞ってしまう恐れがあります。

「Web会議サービス」を通してどのようなことがしたいのか、その為にどれくらいの容量が必要なのかを考えて最適なプランを選択すると良いでしょう。

また電子媒体に付属していなかったり、付属品より高性能なものを求める場合はマイクやカメラも必要です。

最近はマイクとカメラが機能として付属されている電子媒体が多いですが、それでは音をうまく拾えなかったり画像が粗かったりするかもしれません。

まずは付属のもので試してみて、それで不都合があれば必要に応じて購入を検討しても良いでしょう。

Web会議サービスの機能と特徴

計画的
「Web会議サービス」はその種類によって機能と特徴が異なります。

その為どの「Web会議サービス」を利用したら良いか分からないという人もいるかもしれません。

そこでこの項目では、主要な「Web会議サービス」の機能と特徴をまとめました。

Skype

「Skype」はマイクロソフト社が提供する「Web会議サービス」で、一般向けのチャットツールとして長い歴史を誇ります。

音声通話やビデオ通話はもちろん、チャットやデータの送受信をすることも可能です。

また「Meet Now」という機能を使えばユーザ登録していない相手ともやり取りをすることができ、Webサイトで作った専用URLを共有するだけで「Web会議」ができます。

ユーザ登録するほどの間柄ではない人とコミュニケーションを取る上では貴重な機能だといえるかもしれません。

LINE

「LINE」はLINE社が提供しているサービスで、おもに日本の一般ユーザの間では高い利用率を誇っています。

「LINE」はスマートフォン向けのサービスだというイメージが強いかもしれませんが、PC専用のアプリもあるのでPCでの利用も可能です。

PC専用アプリを使えばデスクトップの共有やファイルの送受信をすることもできます。

「LINE」を利用しているユーザは非常に多いというメリットがある反面、グループ外のメンバーを「Web会議」に招待することはできないのがデメリットです。

また会議の録画ができないなど、利用できる機能が他のものよりも制限されているので不十分に感じることがあるかもしれません。

ZOOM

「ZOOM」はZOOMビデオコミュニケーションズ社の「Web会議サービス」で、今最も話題になっている「Web会議サービス」の一つです。

会議の録画やホワイトボードの利用など、多くの機能を備えているという特徴があります。

ホワイトボードはテキスト入力や手書きをサポートしているので、よりリアルに近いコミュニケーションを求めている人にとっては利用しやすいかもしれません。

その反面無料版では複数人でのグループミーティングは40分に制限されているという短所があります。

本格的にビジネス利用する場合、「プロ」や「ビジネス」などの有料プランへの移行が必要になってくるでしょう。

また「ZOOM」はセキュリティ上の問題が指摘されていることから、利用を禁止している組織も見受けられます。

Microsoft Teams

「Microsoft Teams」は「Skype」と同様マイクロソフト社の提供です。

チャットや「Web会議」などの機能を統合したチームコラボレーションハブとして、その利用のしやすさや他の機能との連携の取りやすさなどには定評があります。

このサービスは同社のクラウドサービスである「Office 365」や「Microsoft 365」に組み込まれており、無料版を利用することも可能です。

「Microsoft Teams」だけでチーム内や社内でのやり取りを完結できるほどの機能を持っているので、必要に応じてその機能を取捨選択するという使い方が良いかもしれません。

Web会議サービスがもたらした需要


「Web会議サービス」の隆盛によって、従前よりも需要が増えた、あるいは新たな需要が生まれた分野やサービスがあります。

例えばマイクやカメラはこれまで以上の売れ行きを見せており、店舗によっては売り切れ状態が続いたりネットでは価格が高騰したりしている程の人気です。

すでにマイクやカメラが内蔵されているPCやタブレット端末などの電子媒体もまだまだ需要が伸びる余地があります。

また家では仕事をする気分にならなかったり、家族がいて集中できないといった人も少なくありません。

そうした人向けにホテルや民宿では「Web会議サービス」やリモートワークしやすい環境を提供する名目のプランを打ち出すところも出現しました。

例えばホテルに籠って仕事をすることで、家にいるよりも能率的に仕事を進めることができるようになるというわけです。

この場合は自腹になることがほとんどですが、1日あたり数千円を払ってでも仕事に専念できる環境が欲しいというニーズも少なからず見られます。

その他にも宅配サービスやテイクアウトの需要も非常に旺盛です。

宅配サービスを利用すれば家にいながら食事を届けてもらうことができますし、スマートフォンから手軽に注文することもできます。

営業の自粛をする飲食店も多く見受けられますが、それは店内での飛沫感染リスクを恐れてのことです。

そこでテイクアウトであればそうしたリスクを最小限に抑えることができるということで、テイクアウトを新たに開始したという飲食店も増えました。

Web会議サービスの今後

「Web会議サービス」はその利便性や手軽さから、「新型コロナウイルス」の蔓延が収束した後も引き続き利用する会社や組織が多いことでしょう。

これまで介護や育児などが課題となって仕事を断念せざるを得なかった人にとって、この傾向は大きなチャンスです。

また会社にとっても人材難を解消したり経営効率化を進める上で必要なサービスだと考えられます。

まとめ この記事のおさらい

・「Web会議サービス」とは「遠隔地点の相手と音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するサービス」で、音声やビデオ通信以外にもテキストチャットや画面共有、ファイルの送受信といった機能がある

・「新型コロナウイルス」の出現は、「Web会議サービス」が普及しだしたきっかけだとされている

・「Web会議サービス」を利用する際に必要なものはPCなどの電子媒体とインターネット接続手段、マイクとカメラが挙げられる

・「Web会議サービス」は「Skype」や「LINE」など多く見られるが、その機能や特徴はそれぞれ異なる

・「Web会議サービス」の普及はマイクやカメラ、ホテルの専用プランや宅配サービスなどの需要を生み出した

・「新型コロナウイルス」収束後も、「Web会議サービス」は引き続き利用され続けることが予想される