この記事では「スタイリスト」の仕事内容やなり方などについて解説いたします。

華やかで高いセンスが求められるイメージを持っている人が多いことでしょうが、実際にどのような仕事なのか理解している人はそう多くないかもしれません。

そこで今回は「スタイリスト」を目指す上で有利な資格や年収、勤務体系や休日なども含めて取り上げました。

それでは一つずつ見ていきましょう。

スタイリストとは

訴求力
「スタイリスト」とは「雑誌や広告、テレビや映画の撮影、コンサートやステージなどでモデルやタレントに洋服や靴、小物やアクセサリーなどをコーディネートする仕事あるいはそれを仕事とする人」です。

モデルやタレントが出演する媒体やシーンに応じた洋服や靴などを考え、コーディネートします。

人を輝かせたり、テレビや映画のブームを生み出したりすることができる魅力がある仕事だといえるでしょう。

スタイリストの仕事内容

「スタイリスト」は単にコーディネートするだけが仕事ではありません。

例えば事前に他のスタッフと打ち合わせを行い、イメージを固めて衣装や小道具を調達します。

撮影現場ではカメラマンやメイクアップアーティスト、ヘアメイクの人などと連携を取りながら仕事を進めていくことが重要です。

スタイリングが決まったら必要なアイテムの手配や借入、撮影時の現場作業や返却なども「スタイリスト」が行います。

芸能人やモデルのファッションを自らのアイディアやセンスでコーディネートし発信できる仕事なのでやりがいがある一方、華やかながらも地道で肉体労働の要素も多い仕事です。

自分の提案が却下されたり他のスタッフとの意見の食い違いが起こったりするなど、自分の思い通りに仕事が進むことは珍しいといえます。

この点をよく理解しておかないと、イメージとのギャップや仕事の過酷さに苦しんでしまうことになるかもしれません。

スタイリストになるには

ことごとく
では実際に「スタイリスト」になるにはどうしたら良いのか、今ひとつピンとこないという人が多いかもしれません。

この項目では、「スタイリスト」になるにはどのような道があるのかをまとめました。

服飾系の大学や専門学校で基礎知識を身につける

「スタイリスト」のなり方として主流だといえるのが、服飾系の大学や専門学校で基礎知識を身につけることです。

実際に「スタイリスト」を仕事としている人は、この道を通っている人が多いことでしょう。

なぜなら「スタイリスト」として求められる知識やスキルは、日常生活や学術的なことを学ぶ大学などでは身につけにくいからです。

その点服飾系の大学や専門学校であれば、「スタイリスト」に必要なことを体系的に学習することができます。

また志を同じくする仲間と出会ったり、同年代のライバルと切磋琢磨したりする環境に身を置くことができるのもメリットです。

ただし上記のような大学や専門学校を卒業しなければ「スタイリスト」になれないわけではありません。

以下に示すようななり方もありますし、実際にそのようななり方をした「スタイリスト」も大勢いるということは知っておいても良いでしょう。

アパレル企業やスタイリスト事務所などに就職する

服飾系の大学や専門学校を経ずに「スタイリスト」になる方法として、アパレル企業やスタイリスト事務所などに就職することが挙げられます。

アパレル企業であれば自社が取り扱っている商品でコーディネートすることができますし、スタイリスト事務所に所属しながらスキルを磨いていくこともできるというわけです。

ただしアパレル企業は基本的に自社の商品のみでコーディネートするという制約があり、他の「スタイリスト」に比べて不自由さを覚える人がいるかもしれません。

またスタイリスト事務所に所属しても、学校ではなく仕事であることから手取り足取り教えてもらうことを期待しない方が良いでしょう。

フリースタイリストのアシスタントになる道も

服飾系の大学や専門学校に通ったり、アパレル企業やスタイリスト事務所などに就職したりする以外に、フリースタイリストのアシスタントになるという道もあります。

フリースタイリストのアシスタントとして「スタイリスト」に必要な知識やスキルを身につけながら、一人前になることを目指すなり方です。

実際にプロとして活躍する「スタイリスト」の仕事を間近で見られることから、他の方法では得られないような経験をすることができる手段だといえるでしょう。

その一方で学校のように基本的なことから教えてもらえたり、アシスタントという待遇から金銭的に苦労したりするということが考えられます。

どのなり方がベストかというのは一概に言えませんが、それぞれのメリットやデメリットを総合的に勘案して判断した方が良いかもしれません。

スタイリストを目指す上で有利な資格

示唆
「スタイリスト」を目指す上で、必須というわけではありませんが、持っていると有利になる資格は存在します。

この項目では、その資格を3つ取り上げました。

色彩検定

色彩検定はスタイリングやコーディネートに大切な「色」の知識を証明する資格です。

「スタイリスト」は一人ひとりのモデルやタレントに合った色や、撮影場所やコンセプトに適した色など、その場面や状況によって使用する色や組み合わせを考えなければいけません。

実は色彩検定はもともと服飾系の団体が主催していた資格であり、「スタイリスト」に限らずファッションや服飾の分野に強い資格だといわれています。

現に服飾関連の仕事に就いているほとんどの人が色彩検定を持っているので、そういった点で「スタイリスト」を目指す人は色彩検定を持っていると有利です。

色彩技能パーソナルカラー検定

色彩技能パーソナルカラー検定は、実務上必要な色の見分けに重点を置いている試験です。

色そのものに対する知識というよりは、色彩学を基にしたパーソナルカラー(個人に似合う色)を見分ける能力を試験で測ります。

NPOパーソナルカラー協会が主催しており、受験者は「スタイリスト」以外にもメイクアップアーティストやネイリストなど、ファッションや美容関連の職業に就く人が多いです。

検定は級位制ではなく、モジュール1からモジュール3までを順番に受験していきます。

カラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーター検定試験は色彩検定と同じく色の知識を問う検定試験です。

またカラーコーディネーター検定は商工会議所が主催しており、学術系や工業系の分野に強いとされています。

「スタイリスト」を目指す人はファッションや服飾関係に強いといわれる色彩検定を受験することが多いです。

ただし色のスペシャリストとして幅広く活躍する人の多くは両方の試験で1級を取得しています。

なおカラーコーディネーター検定の1級試験の分野は「ファッション」、「商品」、「環境」の3つです。

スタイリストの年収

「スタイリスト」の年収はアパレル企業や事務所所属かフリーランスか、また経験や実力がどれだけあるかによって大きく異なります。

特にアシスタントの場合は半人前扱いということもあり、一般的な会社員の半分以下であるケースも多いです。

また事務所所属であっても正社員として雇用されることはほとんどなく、契約社員やパート、あるいは仕事がある時のみの日給や時給での雇用である場合が多く見られます。

事務所所属の「スタイリスト」で平均年収が200~500万円、アシスタントは手取月給が10万円前後というのが一般的です。

フリーランスは一回あたりの単価で支払われるので0円の時もあれば、大きなショーだと1回で100万円近くを得られることもあります。

ただし交通費や食事代、道具等の諸経費もかかるため、収入がすべて手元に残るわけではありません。

スタイリストの勤務体系と休日

接客の自己PR
「スタイリスト」の勤務体系や休日は一般的に不規則であることが多いです。

締め切りに合わせて仕事を進めることから、勤務時間や休日がバラバラであることが多々あります。

ただしある程度自分の裁量で仕事ができるようになれば、もう少し規則的に仕事をすることができるようになるかもしれません。

スタイリストの将来性

「スタイリスト」はモデルやタレントを相手にしているというイメージが強いかもしれませんが、昨今は一般人にメイクやファッションのアドバイスをする「パーソナルスタイリスト」も増えてきました。

例えば特別な日に綺麗に着飾りたいといった需要は少なくないので、働く場や活躍する機会は今後も十分にあるとされています。

このように美に関する需要がこの先も見込まれることを考えると、「スタイリスト」は将来性がある仕事だといえるでしょう。

スタイリストがおもに勤める場所

「スタイリスト」がおもに勤める場所は、所属などによって異なります。

例えばアパレル企業に所属していれば基本的に自社、スタイリスト事務所であればスタジオや撮影現場といった具合です。

またフリーの「スタイリスト」であれば単発の仕事に応じて色んな場所を転々とすることも多いでしょう。

まとめ この記事のおさらい

・「スタイリスト」とは「雑誌や広告、テレビや映画の撮影、コンサートやステージなどでモデルやタレントに洋服や靴、小物やアクセサリーなどをコーディネートする仕事あるいはそれを仕事とする人」

・「スタイリスト」の仕事内容は単にコーディネートをするだけでなく、必要なアイテムの手配や借入、撮影時の現場作業や返却なども行う

・「スタイリスト」になるには服飾系の大学や専門学校で基礎知識を身につける以外に、アパレル企業やスタイリスト事務所などに就職したり、フリースタイリストのアシスタントになるといった道がある

・「スタイリスト」を目指す上で有利になる資格としては色彩検定や色彩技能パーソナルカラー検定、カラーコーディネーター検定試験が挙げられる

・「スタイリスト」の年収は所属や経験などによって大きく左右される

・「スタイリスト」の勤務体系や休日は不規則であることが多い

・一般人からの需要が高まっていることからも、「スタイリスト」の将来性はあるといえる

・「スタイリスト」のおもに勤める場所は所属などで異なる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda