この記事では新型コロナウイルスの影響による学生の内定取り消しについて解説いたします。

新型コロナウイルスが原因で経済の先行きが不透明な中、学生の内定を取り消す企業が複数見られました。

そうした学生を救うべく、追加採用に踏み切った企業もあるのです。

そこで今回は内定取り消しの実態や追加募集の要項などについてピックアップしました。

この記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

新型コロナウイルスによる内定取り消し

新型コロナウイルスが今も世界的に蔓延しており、経済活動が大きく停滞するなど全世界で経済の先行きに対する不安が広がっています。

その影響は日本にも及び、売上が急減したり倒産に追い込まれる企業が現れるほどです。

これは大企業や安定企業にとっても決して対岸の火事ではなく、企業活動の大幅な見直しを迫られる企業が続出しました。

具体的にはリモートワークや時差出勤といった働き方に関するものだけでなく、社員のリストラや会社説明会の中止といった人事に関するものも少なからず見受けられます。

そうした背景もあり、学生の内定を取り消す企業が相次ぎました。

なぜなら今後経済がどうなっていくのか見通しが立たず、人を雇うことによるリスクを極力排除したいからです。

入社間近のこのタイミングで内定を取り消された学生は、そんな中で就職活動の再開を余儀なくされました。

昨今の就活状況について

昨今の就職活動は、空前の人手不足や経済状況の回復基調が相まっていわゆる売り手市場が続いていました。

少子化の影響もあり学生の採用が難化する中、どうしても人手が足りなくなり「人手不足倒産」する企業もあったほどです。

それほどに学生に対しては各企業が旺盛な採用意欲を持っており、第二新卒にも広く門戸を開くなど積極的な採用活動を展開する企業が多く見られました。

ただしこれらは、今後も人手不足や経済の成長が続いていくという前提があったからです。

新型コロナウイルスという全く想定外の外的要因が発生したことにより、各企業は大幅な方針転換を迫られました。

そうした事情から、学生の内定取り消しが相次ぐようになったというわけです。

2021年度の就職活動への影響

新型コロナウイルスは内定取り消しだけでなく、2021年度の就職活動や企業の採用活動へも大きな影響を及ぼしています。

感染拡大を危惧した政府や各自治体が、イベントの自粛を提言したり不要不急の外出を控えるように要請しているからです。

その結果企業説明会が中止になったり、採用面接をオンラインで実施する企業が立て続いたりしました。

その為学生は十分に企業の説明を聞いたり、自分のことを知ってもらったりする機会を失ってしまったわけです。

これは学生にとっても企業にとってもミスマッチに対する不安を拭いきれない事態であり、今後の新型コロナウイルスに対する政府の対策を注視する状況が続くことでしょう。

内定取り消しに対する救済策

新型コロナウイルスによる内定取り消しを受けた学生に対しては、救済策を打ち出している企業や学校が続々名乗りを上げています。

例えば大学の就職課では企業に対して追加枠や温情措置の問い合わせをしたり、学生への心理的なフォローをしたりといった動きが見られました。

また内定取り消しを受けた学生に対して追加採用を行うことを表明した企業も少なからず現れています。

そこでこの項目では、追加採用を打ち出した企業の紹介や募集要項について取り上げました。

なお下記でご紹介する企業以外にも、追加採用を行なっている企業が多く見られるということを申し添えておきます。

コネクシオ

携帯販売大手のコネクシオは100人規模の追加採用を言明しています。

4月に約240人の入社を予定していますが、学生の将来に対する不安を解消する手助けになるべく追加採用に踏み切りました。

元々の採用人数である約240人に対して100人規模の追加採用を行うというのは、同社にとっても人件費増大や人員配置など様々な観点から大きな決断だといえるでしょう。

コネクシオは4月中を受付と選考の期間とし、4月~5月の入社が予定されています。

採用サイトはこちら

松屋フーズホールディングス

ファストフード大手の松屋フーズホールディングスも追加採用を表明した企業の一つです。

松屋フーズホールディングスは3月卒業予定の大学や短大、専門学校の学生だけではなく高校生も対象としています。

新たに営業総合職10人を採用する予定で、会社説明会や適性試験についてはウェブによる実施です。

ウェブを利用して遠隔での採用を行うことにより新型コロナウイルスのリスクを極力排除するという狙いが見られ、最終面接までウェブで行うとされています。

すでに入社が決まっている学生への準備などで多忙を極める中で、本来予定していなかった追加での採用活動を並行するというのは並大抵のことではありません。

また直接対面する機会がないまま採用まで踏み切るというのは、極めて大きな決断をしたといえるでしょう。

採用サイトはこちら

サミット

食品スーパーマーケット及びその他生活関連商品の小売チェーンのサミットは、同社が2019年度から実施している通年採用制度を活用することを表明しました。

内定取り消しを受けた学生を優先的に選考し、最短で2020年5月の入社が可能です。

入社時期は12月と3月を除く毎月16日で、同社本部の採用担当に電話するか求人サイト「doda」から申し込みます。

その後は日程調整の上会社説明会を経てWebによる筆記試験を実施し、筆記試験の合格者を対象に面接をするという流れです。

そして面接後1週間以内に合否連絡があり、晴れて入社へと至ります。

採用サイトはこちら

セブンエー美容

全身脱毛サロンの「恋肌」や「キレミカ」を展開する「恋肌グループ」のセブンエー美容は、内定取り消しとなった人や退職勧告を受けた人を対象にした特別採用選考を実施しています。

入社時期は2020年4月~6月で、今後の経済状況に応じて延長もあり得ると発表しました。

新型コロナウイルスの影響で内定取り消しを受けた学生だけではなく、同影響により他社から退職勧告を受けた社会人も特別採用選考の対象です。

募集職種はエステティシャンと本社社員(カスタマーサポート・総務人事・事務アシスタント)で、どちらも正社員での採用とされています。

公式エントリーページからエントリーし、エントリーした人には追ってWeb面接や説明会などの連絡がある予定です。

採用サイトはこちら

ジェーシーインターナショナルトレード

アパレルブランドである「BODYLINE」を運営するジェーシーインターナショナルトレードは2020年4月並びに2020年5月入社の追加採用選考を実施すると表明しました。

対象は2020年3月卒業予定の大卒・短大・専門学校卒の学生と、他社から内定の取り消しを受けた学生です。

募集職種はEC運営スタッフや経営企画スタッフ、企画スタッフ(ディレクター候補)や営業スタッフとされています。

また選考を希望する人は同社の採用ページから申し込みますが、従来の選考フェローと違いスピード選考となる予定です。

採用サイトはこちら

ネクストビート

ライフイベント・インバウンド・地方創生の3領域9事業を展開しているネクストビートは、元々の通年採用や通年入社と別で臨時採用選考を行うことを告知しました。

対象は2020年3月卒の学生だけではなく、他社から内定の取り消しを受けた学生や内定先企業に入社を迷われている学生も含まれています。

同社の臨時採用選考が特徴的なのは、1日で内定獲得も可能となる「スピード重視の採用選考」である点です。

通常行なっている書類選考は免除とし、一次面接~最終面接による選考及び内定通知をたった1日で完結することができます。

募集職種はビジネス職とエンジニア職で、どちらも一年目から大きな裁量を持って業務を行うことも可能です。

また同社は自社の採用ページだけでなく、「Wantedly」という国内最大級のビジネスSNS経由でもエントリーを募集しています。

採用サイトはこちら

株式会社すばる

M&A総合サービス事業を行う株式会社すばるは、内定取り消しを受けた学生を対象に臨時採用選考を行うことを決めました。

同選考は書類選考と最終面接による選考で、通常の採用プロセスではなく特別に最短で進めていくとされています。

入社時期は2020年4月頃で、募集職種はM&Aアドバイザリー職やM&A営業職、経理や人事、総務スタッフ職です。

内定を取り消された学生であれば、学歴不問で同社の採用ページからエントリーできます。

採用サイトはこちら

新型コロナウイルスの影響による経済の今後

新型コロナウイルスの影響により株価が連日大暴落するなど、各企業の業績悪化や先行き不透明感を懸念する声が少なからず聞かれます。

ベースアップやボーナスの額を当初の予定から大幅に見直す企業もあり、経済活動が大きく停滞する事態は避けられないかもしれません。

その為世界各国は経済支援に回す予算の捻出を表明するなど、この状況を好転させるべく経済政策を次々に打ち出しています。

日本では具体的な対策についてまだ検討している段階ですが、経済の今後を左右する大きな問題だといえるでしょう。

経済へのプラスの側面

新型コロナウイルスがもたらしたのは、必ずしもマイナスなことばかりではありません。

新種のウイルスという半強制的な外的要因により、日本ではなかなか普及してこなかったリモートワークや時差出勤が一気に広まる可能性があります。

また無駄な会議や業務が削減されるなど、以前より生産性が高まったという企業もあるでしょう。

どうしても悪い面ばかりが目につきがちですが、このようにプラスの側面があることに目を向けることも重要です。

まとめ この記事のおさらい

・新型コロナウイルスの影響で経済の先行きに対する不安が広がり、学生の内定を取り消す企業が続出した

・内定取り消しを受けた学生を救済すべく、臨時の追加採用選考を行う企業も少なからず現れた

・2021年度の就職活動では、企業説明会が中止になったり面接をウェブで行う企業が多く見られるようになった

・各国が経済対策を講じるなど、今後も経済への不安が拭えない状態が続くことが懸念されている

・新型コロナウイルスの影響は悪い面ばかりが目につきがちだが、リモートワークや時差出勤の普及などプラスの側面もある

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda