この記事では職歴について解説いたします。

履歴書では職歴欄が設けられていますが、どのように書いたら良いのかよく分からないという人も多いかもしれません。

そこで今回は履歴書の職歴欄を書くときのポイントや注意点も含めて取り上げました。

特に履歴書を書く際の参考にしていただけると幸いです。

職歴とは

職歴とは「過去に従事した職務や職業上の地位、および当該職務のこと」です。

平たく言うと、「その人がこれまでにどのような職業に就き、どのような仕事をしていたか」を表しています。

学生であればこれまでのアルバイト経験を問われることがありますが、社会人であれば新卒からの仕事に関する経歴を指すのが一般的です。

すべての入社・退社歴を書く

履歴書の職歴欄には、これまでのすべての入社・退社歴を書きます。

その際に入社・退社の年月日も記入しますが、そうすることでこれまでの職歴が時系列で示すことができるというわけです。

もしその時系列に未就労期間があれば面接で理由を聞かれることがあるので、答えられるようにしておいた方が良いかもしれません。

会社名は略さずに正式名称で記入する

会社名は略さずに正式名称で記入します。

例えば「株式会社○○商社」に所属していたのであればそのように書くのが正しいです。

「(株)○○商社」のように株式会社を略したり、「株式会社○商」のように通称で記入するのは避けましょう。

履歴書の職歴欄の書き方・記入例【ケース別】

この項目では履歴書の職歴欄の書き方や記入例をピックアップしました。

ケースによって書き方が変わってくるので、ケース別にまとめています。

転職歴がある場合

転職歴がある場合、例えば次のように書きます。

○○年○月 株式会社○○ 入社
△△年△月 株式会社○○ 一身上の都合により退職

もし複数の転職歴がある場合は、同じ要領で下に続けて書き加えていきます。

また「一身上の都合」とは「自分の身の上に関する事柄」のことで、言い換えると個人的な事情や、家庭の事情というところです。

「自己都合」での退職は上記のように書くのが一般的で、「会社都合」による退職では「会社都合により退職」のように記入します。

転居や結婚、介護や病気療養の為の退職や、自分が望む仕事内容や待遇などを求めて転職する場合が「自己都合」です。

その一方で「会社都合」とは例えば会社の倒産や解雇などが挙げられます。

「会社都合」による退職は失業給付金の支給を受ける期間が「自己都合」の場合より短いというメリットがありますが、面接でその理由を聞かれる恐れがあるのがデメリットです。

特に退職が解雇によるものであれば、どのような理由で解雇されたのが聞かれると思っておいた方が良いかもしれません。

別の部署に異動した場合

別の部署に異動した場合は、下記のように記入します。

○○年○月 株式会社○○ 入社 ○○部に配属
△△年△月 株式会社○○ △△部に異動
□□年□月 株式会社○○ 一身上の都合により退職

ただし「株式会社○○」に所属していることは変わっていないので、その部分は省略して単に「△△部に異動」のように書くこともあります。

合併などで会社名が変わった場合

合併などで会社名が変わった場合は、次のような書き方が考えられるでしょう。

○○年○月 株式会社○○(現株式会社△△) 入社 
□□年□月 株式会社△△ 一身上の都合により退職

あるいは以下のように記入する場合もあります。

○○年○月 株式会社○○ 入社 
△△年△月 株式会社○○から株式会社△△へ社名変更
□□年□月 株式会社△△ 一身上の都合により退職

自営業や個人事業主から転職している場合

自営業や個人事業主から転職している場合は、例えば下記のように記入します。

○○年○月 家業である○○に従事
△△年△月 一身上の都合により退職
○○年○月 個人事業主として開業
△△年△月 一身上の都合により個人事業主として廃業

もしスペースがあれば、具体的にどのようなことをしていたか記載しても良いでしょう。

派遣社員として働いていた場合

派遣社員として働いていた場合のポイントは、「どの派遣会社に登録し」「どこに派遣され」「いつからいつまで働いていたのか」という点をわかりやすく記載することです。

例えば以下のような書き方が考えられます。

○○年○月 株式会社○○に登録
      株式会社△△に一般事務として派遣(△△年△月まで)
      株式会社□□に経理事務として派遣(□□年□月まで)
□□年□月 株式会社○○ 派遣期間満了につき退職

派遣社員は一般的に入社ではなく「登録」と記入することには注意が必要です。

アルバイトとして働いていた場合

アルバイトは職歴欄に書かないことが多いかもしれませんが、次のような場合は書いた方が採用に繋がりやすくなる可能性があります。

・履歴書の提出先の業務内容が、アルバイトのものと重なっている場合
・アルバイト経験がアピールになる場合
・アルバイトの期間が長い場合

また職歴欄に書く場合は、下記のような書き方が考えられます。

○○年○月 カフェ○○ アルバイト入社
△△年△月 カフェ○○ 一身上の都合により退職

在職中の場合

在職中の場合は、例えば下記のように記入します。

○○年○月 株式会社○○ 在職中

○○年○月 株式会社○○ 現在に至る

もし退職日が決まっているならその後ろに「(△△年△月 退職予定)」と付け加えると良いでしょう。

履歴書の職歴を書くときのポイント・注意点

この項目では履歴書の職歴を書くときのポイントや注意点をご紹介します。

書き方のことで減点されることがないよう、よく確認しておきましょう。

応募職種にアピールできる職歴は、仕事内容も記入する

応募職種にアピールできる職歴は、その仕事内容も記入します。

例えば営業職で応募している場合、営業経験があればどのような仕事をしていたかも記入するということです。

逆に未経験の職歴に応募する際には、わざわざ書く必要はないでしょう。

職歴詐称はNG

職歴詐称は絶対にNGです。

未就労期間が長い、これまでの職歴がアピールにならないといった理由で職歴を詐称したとしても、いずれ露見した時に懲戒処分を受けるなどのリスクがあります。

前職確認として職歴に記載の会社へ問い合わせるケースもあるので、どこかでばれてしまうと思った方が良いでしょう。

もし職歴について何かしら思うところがあるのであれば、詐称するのではなく面接の場で口頭説明できるようにしておく方が面接者の心象も良くなります。

最後の行は「以上」と記入する

職歴の最後の行は、次のように「以上」と記入します。

○○年○月 株式会社○○ 入社
△△年△月 株式会社○○ 一身上の都合により退職
                      以上

最後に「以上」と記入することによって、そこで職歴が終わっていることを伝えることができるというわけです。

まとめ この記事のおさらい

・職歴は「過去に従事した職務や職業上の地位、および当該職務のこと」で、平たく言うと「その人がこれまでにどのような職業に就き、どのような仕事をしていたか」を表している

・履歴書の職歴欄にはすべての入社・退社歴を書き、会社名は略さずに正式名称で記入する

・これまでの職歴によって職歴欄の書き方が変わってくるので、それぞれのケース別に職歴欄の書き方を理解しておく必要がある

・履歴書の職歴を書くときのポイント・注意点としては応募職種にアピールできる職歴は仕事内容も記入する、職歴詐称はしない、最後の行は「以上」と記入するということが挙げられる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda