この記事では、「調理師」の仕事内容や資格、年収、勤務体系、将来性について考察します。

「調理師」と聞いて、どのような職業を思い浮かべますか?「シェフ」や「パティシエ」と混同している人もいるかもしれません。

「調理師」は美味しい料理が食べられるところには必ずいる人です。この記事を通して、「調理師」の仕事や資格などをきちんと理解し、仕事の選択肢としてお役立てください。

「調理師」とは

「調理師」とは、「調理師法に基づき、都道府県から免許を受け、調理の業務に従事する資格を有する者」です。
さまざまな場所で調理師は活躍していますが、よく誤解されるのが調理師でなくても料理を作って提供することは可能です。
実際、調理師のいない小さな飲食店は数多くあるのです。飲食店を開業する際に必要なのは、「食品衛生責任者」で、調理師の資格は必要ありません。

では、調理師はなぜ必要なのでしょうか?
「調理師」は、調理人としての知識や技能だけでなく、食品衛生に関する知識も備わっています。当然、調理師がいれば社会的な信用につながりますし、調理師の資格のある人の求人も数多くあります。

調理師の仕事内容

調理師の仕事は、経験の度合いによって異なります。現場での経験が少なければ、下働きから始まります。調理器具の後片付けや下ごしらえなどを経験して一人前の調理人として認められるでしょう。
また、食材の仕入れや管理、調理場の清掃などの衛生管理も調理師の大切な仕事です。食中毒などを出さないように日々衛生状態をチェックします。万が一、食中毒などが出た場合は、お店が営業停止になったり、食の責任者である調理師は1年間の免許停止などの処分を受けることもあります。
そういう意味では、食に関するすべてのことに責任を負う立場にあるのが調理師なのです。

「調理師」と「料理人」の違い

一般的に料理を作る人を「料理人」と呼びますが、「料理人」と「調理人」の違いは何でしょうか?

「料理人」は文字通り、「料理を作る人」で、特別な資格は必要ありません。つまり、「私は料理人です」と言えば、料理人になれます。しかし、本当に美味しい料理が作れる料理人になるには当然修行が必要です。

一方、調理師の場合は、調理師免許がなければ「調理師」とは名乗れません。免許もないのに「調理師」として働けば、違法行為で罰せられます。

料理を作るという点では、料理人も調理師も差はなく、むしろ、長年修行した料理人の方がおいしい料理を提供できるかもしれません。実際、調理師免許を持たないで活躍している料理人は数多くいます。
つまり、「調理師」と「料理人」は、免許があるかどうかの違いと言えるでしょう。

「調理師」になるには

1953年5月10日に公布されたのが「調理師法」です。この法律は、職業として調理をする人の社会的な身分を定めるとともに、資質と技術を高めて食生活の向上に寄与することを目的としています。
「調理師」になるためには、この調理師法に基づいた「調理師免許」を取得しなければなりません。

国家資格である「調理師免許」の取得が必須

前述したように「調理師」になるには、「調理師免許」の取得が必須となります。この調理師免許を取得する方法は以下の2つがあります。

方法①:調理師学校(養成施設)で1年以上勉強し、卒業する

調理師免許を取得する方法のひとつが、厚生労働大臣の指定を受けた調理師学校(調理師養成施設)で学んで卒業することです。
調理師学校には、高等学校、専門学校、短期大学、4年制大学、職業能力開発短期大学公などさまざまな形態があります。
調理師免許を取得するために必要な知識には以下の7つがあります。

食文化概論
日本や世界各国の食文化や食の意義などについて学びます。
栄養学
栄養素の働きや調理の工夫、生活習慣病などの知識を習得します。
食品学
食品に含まれる基本的な成分や役割などを勉強します。
調理理論
調理器具の使い方や味付けの基本など実際の調理に必要な知識を身につけます。
衛生法規
調理師に必要な法律や法規、罰則などの知識を深めます。
公衆衛生学
細菌やウィルスなどの知識を把握し、公衆衛生を実践する方法や技術を学びます。
食品衛生学
安心安全な料理を提供するために、食中毒や添加物などの知識や対策を勉強します。

以上の学科を学び、調理師学校を卒業すれば、調理師試験を受けずに調理師免許が習得できます。
また、働きながら調理師免許が取得できる夜間コースもあるので、社会人や一般の大学に通いながら資格を目指すことも可能です。

方法②:飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格する

調理学校に行かないで調理師免許を取得することも可能です。この場合は、まず飲食店や給食センターなどで正社員が2年以上パートやアルバイトは、週4日以上1日6時間以上の調理業務の経験が必要です。

以上の条件を満たしたら、勤務先や経営者に調理業務従事証明書(実務経験証明書)を作成してもらい、必要書類とともに提出し都道府県で実施される調理師試験を受験します。
見事合格できれば、調理師免許の交付となります。
調理師の国家試験は、毎年全国の都道府県で開催されていますが、回数や実施日は都道府県によって違いがあるので、必ず確認してください。

調理師国家試験の難易度はどれくらいか

調理師の国家試験は、「公衆衛生学」「食品学」「栄養学」「食品衛生学」「調理理論」「食文化概論」から全60問、マークシートによる4肢択一でおこなわれます。
原則、満点の6割以上が合格ラインですが、1科目でも平均点を著しく下回る場合は、不合格となります。

調理師試験の合格率は、都道府県によって多少差はありますが、毎年平均で60%から65%ぐらいで推移しています。
つまり、10人中6人は合格できるので、合格率10%以下の国家試験に比べると難易度は低いと言えるでしょう。

調理師の年収

調理師の平均年収は、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」では、335万円と報告されています。日本全体の平均年収が420万円ぐらいといわれているので、調理師の年収は決して高くはありません。

また、調理師の年収は、地域によって収入の違いが存在します。
求人サイトの調査では、全国平均が316万円で、地域別では「北海道・東北295万円」「甲信越・北陸292万円」「関東308万円」「東海319万円」「関西323万円」「中国296万円」「四国279万円」「九州・沖縄273万円」で、関西がもっとも高くなっています。

調理師がおもに勤める場所

調理師が勤める場所は、「個人経営の飲食店」「大手チェーン店」「ホテル」「給食センター」「病院や福祉施設」などさまざまです。

・個人経営の飲食店
オーナーシェフなどが経営するレストランなどで料理人として修業しますが、調理師免許があればより信頼度が上がります。

・大手チェーン店
食材の仕込みや調理、後かたづけなどの仕事は個人のレストランと同じですが、大手チェーンの場合、社会保険などの保険関係が明確になっているので料理人として安定した仕事を求める人にはおすすめです。

・ホテル
ホテルでは、パーティーや宴会などの大規模な調理があるため、調理場では仕事が細かく分業制になっています。また、有名ホテルで修業すれば、キャリアアップにつながります。

・給食センター
学校や保育園、幼稚園などの給食センターでは、仕事を分担して一斉に調理をおこないます。また、水道水や食材の品質検査をおこなうのも調理師の大切な役割です。

・病院や福祉施設
病院や福祉施設では、症状や介護状態に合わせた食事が不可欠。調理師は、栄養士や看護師と相談しながら最適な食事を提供します。

調理師の勤務体系と休日

調理師の勤務体系や休日は、勤務先によってさまざまです。
例えば、個人経営の飲食店で、営業時間が11時30分から20時の場合、仕込みは遅くても9時ぐらいからは始まります。ランチからディナーの間は休憩できますが、かたづけや翌日の準備などを含めると23時を超えることも少なくありません。
定休日には休めますが、かなりハードな勤務体制と言えるでしょう。
ホテルの場合も同様ですが、従業員が多い分、シフト制など余裕のあるスケジュールで勤務できます。

大手チェーン店は、飲食店よりも勤務時間は短く、休日もきちんととれるようです。

給食センターの場合は、朝が早くなります。6時45分には出勤し、手洗い、うがい、健康チェックをして準備に入ります。10時30分ごろに調理が終了し、配膳します。
昼休みの後、かたづけや翌日の準備をして、16時には退勤します。

給食センターは、学校や企業が休みの時は同様に休みとなるので、休日は充実しています。

病院や福祉施設の場合は、1日3食を提供するので、早番のシフトがあります。

早番の場合は、朝5時ごろには出勤し献立を確認し、調理を開始。朝7時には配膳します。
9時ごろには朝食のかたづけをし、昼食の準備にとりかかります。11時30分ごろに配膳。13時に後かたづけをして、翌日の献立を栄養士と相談して作成します。

病院や福祉施設の場合、24時間365日調理が必要です。ですから、調理師の勤務や休日はシフトで決まります。

一般的に調理師の仕事は、人々が休みになる時期やクリスマスなどのイベントシーズンが忙しく、なかなか休みを取りづらいのが現実です。調理師を目指すのなら、その点を理解しておくことが大切です。

このようにハードな調理師の仕事ですが、その将来性はどうでしょうか?

調理師の将来性

調理師は、「食」を扱う仕事です。時代が変わっても人の「食」に対する欲求は消えることはありません。つまり、調理師である限り将来性は約束されていると言えるでしょう。

しかし、「食」をビジネスにして独立する場合は、そう簡単ではありません。世の中にはさまざまな飲食店やレストランが登場し、ライバル同士が競い合っています。
行列のできていたレストランが、数年後には廃業してしまうことも少なくないのです。
すべては、調理師の腕次第。リピーターのお客様が多ければ、それだけ収入も安定し、お店を広げていくことも可能になります。
「一国一城の主」を目指すのなら、調理師は魅力的な仕事です。

また、給食センターや病院などの勤務なら、安定した収入が得られ、将来への心配はありませんね。
 

まとめ この記事のおさらい

・「調理師」には、調理師法に基づいた「調理師免許」の取得が必要。
・「調理師」と「料理人」の違いは、免許のあるなし。
・調理師免許を取得する方法は、調理学校を卒業するか、実務経験2年以上を積み調理師の国家試験で合格するかのどちらか。
・調理師の平均年収は、335万円。
・調理師が勤める場所は、「個人経営の飲食店」「大手チェーン店」「ホテル」「給食センター」「病院や福祉施設」など。
・調理師の勤務体系や休日は勤務場所によって異なります。
・調理師の将来性は、「食」を扱う仕事ですから「食」に対する欲求が消えませんが、独立する場合は、全ては調理師の腕次第と言えます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda