この記事では「気の置けない」の読み方や意味について解説いたします。

日常会話でもよく使われる表現ですが、その意味や使い方を間違えると思わぬトラブルに発展しかねません。

そこで今回は「気の置けない」の由来やよくある誤用、ビジネス上での使い方や類義語、反対語や英語表現も含めて取り上げました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

「気の置けない」の意味と使い方

「気の置けない」は「気を使わない」という意味で使用される慣用句です。

これと逆で「気を使う」というのは「相手の顔色を伺ってしまい疲れてしまう」というようなことをいいます。

つまり「気の置けない」とは、「遠慮をする必要がない」や「気を使うことなく気楽に付き合える」というニュアンスを持った言葉です。

また使い方としては、次のようなものが挙げられます。

・私にとって彼は気の置けない人だ。

自分にとって彼が気を使わずに付き合える人であるという意味です。

「気の置けない」は、このようにポジティブな意味として使われます。

「気の置けない」の言葉の由来

「気の置けない」という言葉の由来は、「気の置ける」という言葉です。

「気の置ける」は「気を使う」という意味の慣用句で、この場合の「置ける」は「使う」という意味で用いられています。

つまり「気の置けない」は「気の置ける」の否定形である為、「気を使わない」という反対の意味になるというわけです。

「気の置けない」は「気を置きたくても置けない」というニュアンスを含んでおり、遠慮のいらない自然な関係であるということを表現しているといえるでしょう。

「気の置けない友人」「気の置けない仲間」とは

「気の置けない」という慣用句を使った表現に「気の置けない友人」や「気の置けない仲間」というものがあります。

「気の置けない友人」は「気を使わない親しい友人」という意味で使用される表現です。

「心から打ち解けることができる友人」というニュアンスがあり、ポジティブな言い回しだといえるでしょう。

「気を使う必要がない」というより、「自然と気を使うことのない関係でいることができる」という解釈の方が適しています。

また「気の置けない仲間」は、「気を使わない親しい仲間」を言い表す言葉です。

なお「気の置けない仲」という表現もありますが、これは「遠慮のいらない人との親しい間柄」を表しています。

「気の置けない」のよくある誤用

「気の置けない」を「気を許せない」や「油断ならない」という意味で解釈するのはよくある誤用です。

これは「気を置けない」を「気を許すことができない」という解釈をしてしまっている為に起こる間違いで、「〜ない」という否定表現を使用していることに起因する誤用だと考えられます。

本来は「気の許せる」という意味で使用される言葉になる為、特に目上の方への誤用に注意が必要です。

また「気を置かない」という誤用もよく見受けられます。

「置かない」というのは自分の意志ですが、先述のように「置けない」と表現することにより「置きたくても置けない」という様子を表現しているのです。

それが「気を置かない」とすると、微妙にニュアンスが異なってしまいます。

その為「気を置かない」という表現も誤用であるということにも留意しておきましょう。

「気の置けない」のビジネス上での使い方

「気の置けない」はビジネス上でも使うことがある表現です。

例えば下記のような使い方が考えられます。

・当社とA社の関係は、気の置けない間柄だといっても過言ではないくらい良好だ。

ビジネス上では、社外の人や組織とは一定の距離感があるものです。

この例では、そうした距離感を感じさせないくらい両社の関係が良好であることを表しています。

「懇意」「昵懇」などの言葉が使われることも多い

ビジネス上では「気の置けない」ではなく「懇意」や「昵懇」という言葉が使われることも多いです。

「懇意」は「こんい」と読み、「親しくしていること」や「遠慮のいらない間柄であること」という意味があります。

また「昵懇」の読みは「じっこん」で、「親しく打ち解けて付き合うこと」という意味です。

それぞれ次のような使い方が挙げられます。

・旧来の知人である彼女と懇意にしているお客様を紹介してもらうことができた。

ビジネスの世界では人脈やコネクションが新たなビジネスチャンスを招くことが少なからずあります。

この例では、元々の知り合いである彼女と親しくしているお客様を紹介してもらえたという意味です。

・彼の営業成績が優れているのは、誰とでもすぐに昵懇の関係になれるからだろう。

「昵懇の関係」とは、「親しく打ち解けて付き合っている関係」という意味です。

この例だと、誰とでもすぐに打ち解けることができるので彼の営業成績が優れているということでしょう。

「気の置けない」の類義語と例文

「気の置けない」の類義語としては、以下のようなものが考えられます。

・気兼ねない

・気心の知れた

また上記の類義語を使うと、下記のような文章を作ることができます。

・気兼ねない友達が一人いるだけで随分心が軽くなるものだ。

「気兼ねない」は「きがねない」と読み、「他人に気遣いして遠慮をすることがない」という意味です。
そうした友達が一人でもいれば、悩んでいることを相談する等できる為心が軽くなるということを表しています。

・彼とはすっかり気心の知れた関係になった。

「気心の知れた」の読みは「きごころのしれた」で、「親しい、仲の良い」という意味があります。
この例だと、彼とは随分と仲の良い関係になったという意味です。

「気の置けない」の反対語と例文

「気の置けない」の反対語は、以下の通りです。

・気を許さない

・気が抜けない

また例文は次のようなものが挙げられるでしょう。

・彼女は決して誰にも気を許さない。

「気を許さない」は「気を許す」という表現に打ち消しの「ない」をつけた言葉で、「警戒心を解くことができない」という意味があります。

この例では、彼女が誰にも警戒心を解かないということでしょう。

・部長はマナーに厳しいので、一瞬も気が抜けない。

「気が抜けない」とは「常に緊張感がありリラックスできない」という意味です。

この例だと、部長がマナーに厳しい為わずかな間もリラックスできないということを表しています。

「気の置けない」の英語表現

「気の置けない」の英語表現としては、「close」が最も適切でしょう。

例えば「He is a close friend of hers.」のように使い、この場合は「彼女にとって彼は気の置けない友人です」という意味です。

その他には「have known each other for a long time」(長い間お互いを知っている)といった表現が考えられます。

まとめ この記事のおさらい

・「気の置けない」は「気を使わない」という意味がある

・「気の置けない」を「気を許せない」や「油断ならない」という意味で使用したり、「気を置かない」と表現するのはよくある誤用

・「気の置けない」の類義語としては、「気兼ねない」や「気心の知れた」といったものが挙げられる

・「気の置けない」の反対語は、「気を許さない」や「気が抜けない」が考えられる

・「気の置けない」の英語表現としては、「close」や「have known each other for a long time」が挙げられる