就職・転職活動において、自己PRは採用を決める重要な要素のひとつです。この記事では、就職・転職活動で自己PRが重要視される理由や作成する際の事前準備や抑えておきたいポイントを解説します。新卒向け、中途採用向けそれぞれの自己PRの例文を紹介します。

就職活動・転職活動で自己PRが重視される理由

自己PRは企業が選考するにあたり重要視している項目の一つです。自己PRを作成するにあったて注意すべきポイントはいくつかありますが、まずはどのような理由から自己PRが重視されるのかを知っておくことが大切です。

強みを聞くことで、入社後にどう貢献してくれるのかを知りたい

採用側の企業は、応募者が入社した後にこの会社でどんな風に活躍できるのか、何に貢献してくれるのかを確かめたいと考えています。これまでの人生の経験、そこから学んだこと、そしてそれを入社後にどう生かせるのか、学歴や所有している資格だけでは判断がつかない部分、資質や人間性を知ることが目的のひとつです。

組織風土にマッチするか、人柄を知りたい

入社後に活躍してもらうためには、企業と応募者のアンマッチを避けなくてはなりません。そのためには企業のカラーや方向性、企業理念に合った人かどうかを見極めることが必要になります。話し方、ものごとに対する考え方や取り組む姿勢などを、自己PRから読み取ろうとしているのです。

自己PRを作成する前にやるべきこと

自己PRは、自分の強みとして何を一番にアピールするのかが重要になります。何を盛り込むかを整理してから作成にとりかかるとよいでしょう。
自己PRを作成するときに頭に入れておきたいのが、自己PRと自己紹介は違うものだということです。自己紹介は自分のことを簡単に知ってもらうためのもので、名前、年齢をはじめ、学歴、経歴、趣味や性格などを伝えます。一つひとつ深く掘り下げるというよりは、「私はこんな人です」というのを分かりやすく簡潔に伝えるものです。
対して自己PRは、ひとつの経験やエピソードに焦点をあてて、どんな経験をしてそこから何を学んだのかを伝えるものです。自分を紹介するだけではなく、強みをアピールするのが自己PRです。

自分自身のこれまでの経験を棚卸しする

自己PRには、自分が今までやってきたことから裏付けられる強み、それを入社後にどう貢献できるのかを伝えることが重要です。「責任感が強いと言われます」「優しくて親切なのが自慢です」となどと性格を伝えるだけでは自己PRとして成り立っていません。

そのためには、自分が今まで経験してきたこと、感銘を受けたことなどを一度棚卸しましょう。自己PRに使えるかどうかは後から選択すればよいですから、いったん思いつくものを全て書き出していくことをお勧めします。

応募先の企業が求める人材像を考える

自己PRはひとつ考えればどこの企業にも使えるというものではありません。応募先の企業の社風や求める人物像に合わせて考えることが重要です。
自己PRは自分の長所を自慢するためにあるのではなく、あくまでも企業に必要な人材だと思ってもらうためにあるものです。自分の得意や強みをいくら話しても、企業の求めるものと違っていては意味がありません。例えば、素早い判断、スピーディーな行動を指針にしている企業に「何事もじっくり考えて慎重に行動するところが強みです」と伝えても逆効果になってしまいます。

企業のホームページや求人内容を見れば、企業理念や経営指針が必ず書かれています。求められる人物像をしっかり理解したうえで、その企業にとって必要な人材であることをアピールする内容を考えましょう。

自己PRを作成するときの3つのポイント

自己PRは、次の3つのポイントを押さえて作成することを心がけましょう。

冒頭で結論を述べる

ひとつめのポイントは、冒頭で結論を述べることです。
「自己PRをしてください」と言われて、結論を言わないままエピソードをだらだらと話してしまう人がいますが、これは避けなければいけません。
結論が分からない話を長々と聞かされても頭に入ってきませんし、聞く側が話の内容を汲みとって「きっとこういう結論なのかな」と間違って解釈されてしまうことにもなりかねません。
友人とカフェで話をするとしましょう。「昨日面白いことがあってね…」と始まれば、ここから面白かった話をストーリー立てて話してくれるんだな、とわかるので、聞いている方は楽しみだし安心感があります。それが何の話か分からないまま「昨日電車に乗ったら…」と長々続けられると聞いている方は途中で飽きてしまいます。
特にビジネスでは結論から話すというのは大変大事なことです。自己PRでもまず結論から話し、エピソードはその後に話すようにしましょう。

強みを裏付ける具体的な行動を入れる

まず結論で自分の強みを伝えたら、それを裏付ける具体的な行動や経験を続けます。ポイントは「具体的」であることです。
「自分の強みは責任感が強いことです。小さいころから周りの人に「責任感があるね」と褒められます。」これは具体的な経験が盛り込まれていない悪い例です。責任感を発揮した具体的なエピソードを盛り込んで伝えることが必要です。

強みを仕事にどう活かすのかを入れる

自己PRは自分の強みを自慢する場ではありません。採用側の企業にとってどう活かすことができるのかが分からなければ意味がないのです。まず「私の強みは〇〇です」と結論を述べ、次に「学生時代に・・・という経験をしました」と具体的なエピソードを入れ、最後に「入社後は自分の強みを〇〇の場面で発揮したい」というように、どんな風に貢献できるのかを必ず伝えるようにしましょう。

自己PRの例文【新卒向け】

例文①:部活をエピソードにした自己PR

私の強みはマネジメント力です。大学時代は体操部に所属しており、キャプテンを務めていました。チームの課題は団体戦でなかなか上位に食い込めないところでした。そこで私はチーム全員の力を最大限に引き出し団体戦を勝ち抜くためには何が必要かを考え、個人の目標の共有化を実行しました。

体操競技は団体戦とはいえ個人個人の得点合計で順位が決められます。そのため、選手は自分の技を磨くことだけに集中しがちになります。もちろんそれは大事なことですが、練習中から他のメンバーの状況を全員が理解していなければ良い結果に結びつきません。

私はまず、個人ごとに1週間ごとの達成目標を掲げてもらい、全員がクリアをした段階で次の目標に進むというチームプレーのスタイルを練習に取り入れました。その結果、昨年の大会では今までで最高順位の3位に食い込むことが出来ました。

入社後はこの経験を活かし、リーダーとしてチームの目標達成に貢献できる存在になりたいと考えております。

例文②:アルバイトをエピソードにした自己PR

私は、常に主体性をもって行動することを信念としています。大学時代は居酒屋でアルバイトをしていましたが、繁忙期にはスポットで短期のアルバイトを入れて人手を補っていました。しかし、短期のアルバイトに業務を教えるのに社員やレギュラーアルバイトの時間を取られてしまい、思ったようなオペレーションが出来ない日が続いてしまいました。

そこで私は、担当業務の見直しと業務マニュアル作成を提案しました。レギュラーのアルバイトと短期アルバイトの役割を分け、短期アルバイトの業務は短時間で習得できるように動画でマニュアルを作成しました。このことにより、短期アルバイトの有効活用ができ、お店のコストダウンとサービス向上に貢献することが出来ました。

入社後も、まかされた仕事をこなすだけでなく、気づいたことは率先して提案し、自分が中心となって行動していきたいと考えています。

自己PRの例文【中途・転職向け】

例文③:前職の営業経験をエピソードにした自己PR

前職では、セミナーや通信教育など社員教育のツールを販売する法人営業に携わっておりました。私が一番大事にしていたのは、お客様の課題を一緒に解決していくことです。お客様の悩みを聞き出し、社員教育のカリキュラムを一緒になって考えることから始め、世の中のトレンドや売れ筋だけに頼ることなくお客様に本当に必要な商品を提案することを丁寧に実行してきました。

一番印象に残っているのは、新入社員がなかなか定着せず辞めていくことが多いことに悩んでいたお客様です。メンター制度を導入することと、メンターに対しての教育を取り入れたことにより、お客様から退職数が減った、社員のモチベーションがアップしたという嬉しい報告を聞くことができました。

このような課題解決のお手伝いをしていく中で、いくつものお客様から複数年契約をいただき、営業成績としても3年連続で10%の伸びを記録しています。
御社に入ってからも、お客様に寄り添った丁寧な営業スタイルと課題解決力を活かして、売上アップに貢献したいと考えます。

就職・転職活動での自己PRについてのまとめ

  • 自己PRは企業が選考するにあたり重要視している項目の一つです。
  • 企業は、入社後にどう貢献してくれるのか、企業の風土にマッチした人物なのかを自己PRから知ろうとしています。
  • 自己PRを作成する前には、自分が経験したことの棚卸をし、企業が求める人物像を理解しておきましょう。
  • 自己PRを作成するときは「冒頭で結論を述べる」「強みを裏付ける具体的な行動を入れる」「強みを仕事にどう活かすのかを入れる」をポイントに考えましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda