この記事では、履歴書における「建築士」の仕事内容や難易度、年収、勤務体系や勤務場所、将来性などについて考察します。

建築士になっていろいろな建物を作ってみたい・・・
そんな夢を抱いている人もいるはずです。

「建築士」とは具体的にどんな仕事をするのでしょうか?建築士になるためには?

この記事を通して、「建築士」に関する知識を深め、仕事選びの参考にしてください。

建築士とは

「建築士」とは、建築士法に定められた資格を持ち、建物の設計や工事監理をおこなう技術者のことです。

建築士の資格には、「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3つがあり、資格によって取り扱いができる業務範囲が異なります。

建築士の仕事内容

建築士の主な仕事は、建築物の設計、工事の監理、建築確認の申請です。

設計
建築主から、建物の用途やイメージをヒアリングして、「設計図」を作成します。「設計」というと建物の外観や室内のデザインを作る業務と思われがちですが、建物に関する法律や耐久性などさまざまな要素を踏まえて設計するのも建築士の大切な役割です。
設計図が出来たら、「CAD(キャド)」と呼ばれる設計ソフトや模型などで実際の建築物のイメージを作成します。
設計図や予算などのOKが出たら、実際の施工に入ります。
工事の監理
実際の現場は、工事の業者に任せますが、設計図通りに作業が行われているかをチェックするのも建築士の仕事です。進捗状況や予算などこまかく確認します。
また、修正が必要な時は、工事の業者と話し合い、設計図を修正する場合もあります。
建築確認の申請
延床面積が10平方メートルを超える建築物は、建築確認の申請をしなければなりません。
建築士は、建築主の代理として申請に必要な図面を作成します。
建築確認は、建築基準法に基づいて建物の安全性が確保されているかを確認する重要なもので、建物の安全性を担保するのは、建築士としての使命とも言えます。

建築士の資格には、「一級」「二級」「木造」の3つがありますが、以下のように扱える建築物の範囲が決められています。

【一級建築士が設計・工事監理を行わなければならない建築物】

・高さが13 又は軒の高さが9 を超えるもの。
・鉄筋コンクリート造、鉄骨造等で延べ面積が300 を超えるもの。

【二級建築士が設計・工事監理を行わなければならない建築物】

・鉄筋コンクリート造、鉄骨造等で延べ面積が30 を超え300 以内のもの。

【木造建築士が設計・工事監理を行わなければならない建築物】

・2階建までの木造建築物で延べ面積が100 を超え300 以内のもの。

建築士になるには

建築士は国家資格ですから、当然資格試験に合格しなければ建築士にはなれません。
令和元年現在において、建築士試験を受けるためには、学歴と実務経験が必要ですが、「建築士法の一部を改正する法律」により、令和2年3月1日から実務経験に関する記述が削除されます。
これにより、従来の受験資格が大幅に改定されました。

建築士試験の受験資格

建築士試験の受験資格は、「一級」「二級」「木造」によって違いがあります。

一級建築士の場合、大学において指定科目を修め卒業し、実務経験2年以上が条件でしたが、実務経験は免許を受けるための「登録要件」なり、令和2年3月からは卒業後、すぐに試験が受けられるようになりました。

また、これまでは二級建築士が一級建築士の試験を受ける場合も実務経験が必要でしたが、改定後は、二級建築士の免許取得後すぐに、一級建築士の試験が受けられます。

二級建築士および木造建築士の場合は、大学および高等専門学校で指定科目を修めて卒業した人は、卒業後すぐに受験することができましたが、高校もしくは中学校で指定の科目を修めて卒業した人は、3年以上の実務経験が必要でした。これも令和2年3月からは、卒業後すぐに受験が可能になります。

試験に合格後、設計事務所や建設会社に就職する

建築士の試験に合格しても、すぐに建築士の免許はもらえません。「実務経験」は、受験資格からは削除されましたが、「登録要件」です。つまり、実際の免許を取得するには実務経験が必要です。

資格試験合格後は、設計事務所や建設会社などに就職し、実務経験を積んでいきます。
一級建築士の場合、実務経験が2年以上です。

例えば、大学を卒業して受験せずに就職した場合、1年の実務経験後に一級建築士の試験に合格したとします。この場合、すでに実務経験が1年ありますから、合格後1年の実務で免許が取得できます。

今回の改訂では、工業高校を卒業後すぐに2級建築士に合格した場合、2年の実務経験で2級建築士の免許が取得でき、20歳という若さで一級建築士の資格試験にチャレンジできるのです。

建築士試験の難易度はどれくらいか

建築士の試験は、学科試験と設計製図試験の2つがあり、学科試験に合格しなければ設計製図試験は受けられません。
学科試験に合格すれば、かりに製図試験が不合格でも、その後2年間は学科試験が免除されます。

建築士の試験はそれぞれ、「一級」「2級」「木造」ごとに難易度が異なります。

一級建築士試験の難度
大型施設などの建築物の設計ができる一級建築士の試験は、当然難度が高くなっています。
一般的には9割が落ちると言われている難関の資格試験と言えるでしょう。一級建築士の試験は、毎年2500人から2600人ぐらいが受けています。学科試験では平成25年から平成29年までの平均合格率が約18%となっています。

学科試験に合格した人は、設計製図試験に進みますが、設計製図試験の合格率は平成25年から平成29年の平均で、約40%でした。

全体の合格率では、平均が約12%と難関試験になっています。
このように難易度の高い試験ですから、「一発合格」を目指すのではなく、数年かけて取るという気持ちで対策を講じるのがベストです。
まずは、学科試験をパスすることが最優先ですね。

2級建築士試験の難度
2級建築士の場合、平成25年から平成29年では学科試験の合格率は、平均約35%でした。
一級建築士と比較すれば、難度は低くなりますが、約3割の合格率ですから、決して易しくはありません。設計製図試験の合格率は、約53%で、全体の合格率は23%になっています。10人中7、8人は落ちる難しい試験と言えるでしょう。

木造建築士試験の難度
木造建築士試験では、平成29年の学科試験の合格率は約50%で、設計製図試験が約75%となっています。平成25年から平成29年までの平均合格率は、約34%です。
2級建築士に比べると、難度は低いと言えるでしょう。

建築士の年収

建築士の年収は、資格の種類によって違いがあります。

一級建築士の年収
厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、一級建築士の男性の年収が653.5万円、女性が560.9万円と報告されています。
当然、経験や年齢により年収は上下しますが、45歳から49歳がピークで、約800万円となっています。一級建築士の場合、働く会社の規模などによっても年収の差はあり、個人で設計事務所を経営していれば年収1000万円以上も夢ではありません。

二級建築士の年収
二級建築士の年収は、400万円から500万円ぐらいが平均になっています。大手ゼネコンがもっとも高く、次に設計事務所や建築会社、ハウスメーカーの順に年収は下がっていきます。
2級建築士でも個人事務所は設立できますが、一級建築士に比べ扱える建築物の範囲が狭くなるので、一級建築士より収入は少なくなります。
木造建築士の年収
勤める企業の規模や専門性によって違いはありますが、木造建築士の平均年収は350万円ぐらいと言われています。
木造建築士が扱えるのは、「2階建までの木造建築物で延べ面積が100 を超え300 以内のもの」に限られています。収入をアップさせたいのなら、二級建築士以上の資格を狙った方が良いでしょう。

建築士の勤務体系と休日

建築士の勤務体系は、勤務する会社によっても違いがありますが、一般的には9:00~18:00ぐらいになっています。

但し、建築士の仕事は建築主との打ち合わせが多くなります。つまり、クライアントの予定が最優先になるので、夕方以降の打ち合わせも少なくありません。
また、現場で何かあった場合は、時間に関係なく出かけることもあるので、普通の会社員より、時間は不規則になります。

休日においても例外ではありません。例えば、ハウスメーカーなどは家族向けの戸建住宅がメインになるので、打ち合わせなどは施工主が休みである土日が多くなります。
そのため、平日に休みをとる場合も少なくありません。

建築士が主に勤める場所

建築士試験に合格したら、実務経験を積んで建築士の免許を取得しますが、具体的にはどのような場所に勤めるのでしょうか?

建築士が務める場所は、「ゼネコン」「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」などがあります。

大手ゼネコンの設計部署では、商業施設や公共施設など大規模な建築物の設計をおこなっています。
ハウスメーカーは、それぞれの特性を生かした住宅設計を、工務店では地域に密着した住宅設計がおこなわれています。
また、個性的な建築デザインで人気の設計事務所も数多くあります。

建築士の将来性

都市の再開発や高層マンションなど建設ラッシュが引き続いています。
また、地方では空き家をリノベーションして住民を増やすなど、新しい試みが生まれ、建築に対するニーズは高まっていると言えるでしょう。

建築士の世界でも世代交代は進み、若い感覚の建築士に対する期待が高まっています。
このような状況から察すると、建築士の将来性は明るいと断言できます。
特に、難関の一級建築士は、どこにいっても歓迎されるでしょう。

建築士に英語は必要?

国内で主に日本人が施工主の建築物がメインなら、特に英語力は必要ありません。

勤務先が海外のプロジェクトなどをおこなっている大手企業の場合は、英語力は必要となります。特に建築主との打ち合わせが不可欠な建築士は、英語力があった方が仕事も進みや易くなります。
また、最近では海外勤務の募集も多く、建築士で英語力を求められるケースがあるようです。

国際的に活躍したいのなら、建築士でも最低限の英語力は身につけておきたいですね。

まとめ この記事のおさらい

  • 「建築士」とは、建築士法に定められた資格を持ち、建物の設計や工事監理をおこなう技術者のこと。
  • 建築士の主な仕事は、建築物の設計、工事の監理、建築確認の申請です。
  • 建築士の資格には、「一級」「二級」「木造」の3つがあります。
  • 建築士の試験は、学科試験と設計製図試験の2つ。
  • 建築士試験の難度は、一級が約2割、二級と木造が約3割の合格率。
  • 一級建築士の平均年収は653.5万円、二級建築士が400万円から500万円、木造建築士が、350万円ぐらいになっています。
  • 建築士の勤務時間や休日は不規則なことが多くなっています。
  • 建築士の勤務先は、「ゼネコン」「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」など。
  • 海外勤務などがある建築士には英語力が必要。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda