この記事では「入学祝い」について解説いたします。

「入学祝い」という言葉自体は知っていても、渡す時期や贈る相手等はよく理解していないという人もいるかもしれません。

そこで今回は金額の相場や品物の中身、贈るときのマナーやお返しについても取り上げました。

いざというときに慌てることがないように、一つずつ確認しておきましょう。

入学祝いとは

「入学祝い」とは文字通り「子供が入学したことに対するお祝い」です。

入学先は小学校や中学校、高等学校や大学等があり、金額や渡す品物の中身も変わってきます。

その為「入学祝い」と一括りにするのではなく、対象の子供や家族のことを考えた上でお金や品物を用意する必要があるといえるでしょう。

入学祝いを渡す時期

「入学祝い」を渡す時期はできれば入学式の2~3週間前、遅くとも式の1週間前までに贈るのが良いとされています。

なぜならあまり間際だと、入学の準備等で何かと忙しくしているものだからです。

また例えば3月に小学校を卒業して4月に中学校に入学する等、卒業と入学の時期が近いというケースは非常によく見られます。

もし上記のように卒業と入学のタイミングが重なったら、「卒業祝い」はなしにして「入学祝い」だけ贈れば問題ありません。

ただし入学先が分からないという場合は、「卒業祝い」として贈っても良いでしょう。

入学祝いを贈る相手

入学は身内にとっての慶事だという考え方が一般的なので、「入学祝い」を贈る相手は親戚の子供や孫、甥や姪等に限られることが多いです。

逆に単なる友人にまで「入学祝い」を贈ってしまうと、相手に気を遣わせてしまう可能性があります。

ただし特に親しい友人の子供になら「入学祝い」を贈っても構いません。

入学祝いの金額の相場

基本的に「入学祝い」の相場は5,000~10,000円程度が目安とされており、贈り先との関係や進学先によって判断します。

贈る相手の血縁が近く、贈る側の年齢が上になればなる程「入学祝い」の相場は高くなると考え方が主流です。

また小学校や中学校へ入学する際には、金額を少し多めにして贈ることもあります。

例えば祖父母が孫に入学祝いを贈る場合を考えてみましょう。

上記のような場合幼稚園や高等学校、大学では10,000円程度、小学校だと20,000円程度、そして中学校で30,000円程度が相場だとされています。

また伯父(叔父)や伯母(叔母)が自身の兄弟の子供に贈る場合は、いずれのケースでも10,000円程度が一つの目安です。

友人の子供に贈る場合には幼稚園だと3,000~5,000円程度で、それ以外では5,000~10,000円程度と考えて大きな間違いにはならないでしょう。

入学祝いで品物を贈る場合は何を選べばいい?

「入学祝い」ではお金ではなく、品物を贈るということも十分あり得ることです。

「入学祝い」を品物で贈る場合、新しい学校や生活の中で使える実用的な物を贈るのが基本だとされています。

つまり子供の年齢や入学先に合わせて、何を贈るのが良いのか変わってくるということです。

そこでこの項目では、入学先別の品物として考えられるものをピックアップしました。

幼稚園の入学祝い

幼稚園では全ての持ち物に名前を書かなければならないことが多いので、例えば名前を書く手間が省ける「名前スタンプセット」はとても人気があります。

その他にはタオルやハンカチのような身の回りの品や、文房具や絵本といったものが考えられるでしょう。

小学校の入学祝い

小学校の入学に合わせてランドセルや学習机といった値が張る物を購入するケースが多いですが、これらは祖父母から贈られるケースが非常に多いです。

もしそれらを贈りたいと考えているなら、事前に大きさや色の希望を聞いておいた方が良いでしょう。

気軽に買い直せるものではないからこそ、本人や両親の希望に沿う物を贈ることが大切だからです。

また文房具や雨具等については学校指定の物が決まっているという可能性がある為、これらも事前に確認しておきましょう。

上記以外の贈り物としては、図鑑や本、地球儀や洋服等が挙げられます。

中学校・高校の入学祝い

中学生や高校の「入学祝い」では、いつまでも子供扱いするような品物は贈らない方が良いかもしれません。

ある程度大人っぽい品物を選ぶように意識し、本人の趣味や性格、好みに合わせて選ぶことが重要です。

確実なのは事前に本人に希望を聞いてみるか、あるいは一緒に買いに行って本人に選んでもらうことでしょう。

品物の具体例としては電子辞書や定期入れ、腕時計や財布、名前入りのボールペンや革靴といったものが考えられます。

とはいえ定期入れは自転車通学の場合不要ですし、腕時計や財布はお気に入りの物をすでに持っているかもしれません。

そうしたことを考えると、やはり本人に希望を聞くか直接選んでもらうのが最も無難です。

大学・専門学校の入学祝い

大学や専門学校では一人暮らしをするのか、あるいは親元から通うのかによって新生活に大きな差が出てきます。

一人暮らしを始める人に対しては、新生活で必要な物をプレゼントすれば喜ばれることでしょう。

洗濯機や冷蔵庫という大きな電化製品はその分高価になってしまいますが、例えば電子レンジや掃除機等であればそれ程高くない物も多いです。

ただし本人や家族がすでに買いそろえてしまっているということも大いに考えられるので、事前に確認してから贈るようにしましょう。

また一人暮らしか実家暮らしかに関わらず、冠婚葬祭の際に欠かせないスーツや靴、何かと使う機会が多いハンコ等も人気の贈り物です。

その他には電子辞書やシステム手帳、テレビやケトルといった家電、女の子であればアクセサリーや化粧品等もよく見られます。

入学祝いを贈るときのマナー

「入学祝い」を贈るときには、様々なマナーを理解しておく必要があります。

この項目では、品物を贈る場合と現金を贈る場合に分けて取り上げました。

品物を贈る場合

品物を贈る場合は、その品物が入っている箱等にのしをつけて、紅白の蝶結びの水引きをかけるのが一般的です。

また表書きは幼稚園なら「祝御入園」、小学校や中学校、高等学校や大学、あるいは専門学校なら「入学御祝」や「祝 御入学」等とします。

また表書きの墨の色は濃い黒色です。

もし不安なら百貨店やデパート等、品物を購入する所で相談してみても良いかもしれません。

現金を贈る場合

現金を贈る場合は、直接封筒等にお金を入れるのではなく中袋を挟むことが多いです。

その中袋の表面の金額は「大字」(だいじ)で書くのが正式とされています。

「大字」とは「漢数字の一・二・三といったものの代わりに使う壱・弐・参等の字」で、これは数字の改ざんを防ぐ為に利用されているものです。

とはいえ現代では特に数字を書き換えられるというリスクがほとんどないこともあり、通常の漢数字を使っても特に問題ありません。

また中袋の裏面は、封筒の継ぎ目に向かって右下に住所、左下に名前の順で書き入れます。

お金は贈った相手が利き手で紙幣を取ったときに表側(肖像画が印刷されている側)で上下が正しい向きになるように気をつけましょう。

細かいことかもしれませんが、こうした手間をかけることで贈った相手もその心遣いを嬉しく感じるものです。

逆にお金の表裏や上下がバラバラになっていると、雑な人だという悪印象を与えてしまうことになるかもしれません。

入学祝いをもらったらお返しは必要?

「入学祝い」は子供のお祝いに対するものなので、基本的にお返しをする必要はありません。

「入学祝い」はお返しをしなくても失礼ということにはなりませんが、お礼は必ずするのが望ましいです。

もし「入学祝い」をもらったらできるだけ早く、お礼の電話をするかお礼状を送りましょう。

電話にせよお礼状にせよ、子供本人からもお礼を伝えることがとても重要なポイントです。

お礼状の場合は子供にもお礼状を書かせて、親のお礼状と一緒に贈ります。

まだ幼い等の理由で字が書けないなら、絵を添えても問題ありません。

電話でお礼を伝える際には途中で子供本人に代わって、直接「ありがとうございました」とお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

大人同士のやり取りで完結させてしまっては、子供も「入学祝い」をもらったことに対する実感が湧きにくいかもしれません。

自分に対して贈ってくれたものなのだと自覚した上で感謝する気持ちが持てるよう、上記のように本人にもお礼をさせることが重要です。

「入学内祝い」としてお返しをする場合もある

先述のように「入学祝い」は特にお返しをする必要はありません。

ただし「お返しをしてはいけない」という決まりがあるわけでもない為、もしどうしてもお返しをしたいという気持ちがあれば「入学内祝い」としてお返しをしても良いでしょう。

「入学内祝い」はあくまでお返しなので、「入学祝い」よりも高価な物を渡してしまっては逆効果です。

もらった物の3〜5割程度が一つの目安で、品物の金額が分からなければおおよその予想で構いません。

「入学内祝い」として人気があるのは商品券やカタログギフト、ご当地グルメやスイーツ、紅茶セットやコーヒーの詰め合わせ等です。

もし相手の好み等が事前に分かっていれば、それに合わせて贈る物を考えるのも良いかもしれません。

まとめ 入学祝いに関するおさらい

  • 「入学祝い」は「「子供が入学したことに対するお祝い」で、入学式の2~3週間前、遅くとも式の1週間前までに贈るのが良い。
  • 「入学祝い」を贈る相手は親戚の子供や孫、甥や姪等に限られることが多いが、親しい友人の子供に贈るケースも見受けられる。
  • 「入学祝い」の相場は5,000~10,000円程度が目安とされており、贈り先との関係や進学先によって判断する。
  • 「入学祝い」の品物は相手の年齢や好み等に合わせて決める必要がある。
  • 「入学祝い」のお返しは不要だが、「入学内祝い」としてお返ししても問題ない。