ここでは「ハロー効果」について解説いたします。

「ハロー効果」は「認知バイアス」と呼ばれる心理現象の一種です。アメリカで最初に提唱されてからすでに100年にもなりますが、近年、人の判断に影響を与える要因として注目を集めるようになりました。

そこで今回は「ハロー効果」の意味について、具体的な活用例とともに解説していきます。どうぞ最後までおつきあいください。

ハロー効果とは

「ハロー効果」はアメリカの心理学者エドワード・ソーンダイクが1920年に提唱した、先入観による心理的な誤認効果のひとつです。

「halo」はキリストや聖人の肖像画の頭部に描かれる後光のこと。比喩的に「栄光」を意味する場合もあります。天使の頭に光るリングも、英語では「halo」といいます。

写真用語で強い光がレンズでにじむことを意味する「ハロ」も同じ語源ですが、「halo」の正しい発音は「ハロー」でも「ハロ」でもなく、「ヘイロー」になります。

では「ハロー効果」とは、いったいどのような現象でしょうか。

たとえば誰かに意見を聞く場合、同じ意見でも相手が後光(ハロー)がさすほど偉い人か、あるいはただの凡人かによって、受ける印象や信頼度が変わってきます。

人物や事物の価値を評価する場合も、評価する人にプラスかマイナスに偏った印象や先入観があると、全体の評価に影響を与えてしまう傾向があります。

このように人の判断や意思決定が、他の明確な印象に左右されてしまうことを「ハロー効果」といいます。

ハロー効果の種類

「ハロー効果」は偏った印象や先入観によって人が評価を誤ったり、デマを簡単に信じたりする「認知バイアス」の一種ですが、すべてが悪いわけではありません。時には良い効果を及ぼす場合もあります。

ハロー効果が人の評価や意志決定に良い影響を及ぼすことを「ポジティブ・ハロー効果」と言います。逆に、悪い影響を及ぼすことを「ネガティブ・ハロー効果」と呼んで区別しています。

「ポジティブ・ハロー効果」の意味と具体例

ポジティブ・ハロー効果は人や事物の部分的な印象によって、全体の価値を本質以上に高評価してしまうことをいいます。

たとえば、取引先の担当社員が一流大学出身だとわかったとたん、根拠もないのに優秀な人に思えてきたり、菓子店が内外装をリフォームすると菓子の味まで新しくなったように感じられるのは「ポジティブ・ハロー効果」によるものです。

ことわざでも「惚れてしまえばあばたもえくぼ(人を好きになると天然痘の醜いブツブツも可愛いえくぼに見えてくる)」といいますが、これもポジティブ・ハロー効果の典型例といえるでしょう。

「ネガティブ・ハロー効果」の意味と具体例

ネガティブ・ハロー効果は、ポジティブ・ハロー効果の正反対の現象です。ほんの一部でも印象の悪いところがあれば全体の評価まで悪くなってしまう否定的な認知バイアスを示します。

たとえば新興国産の商品に欠陥があると、その国の製品が全て悪く思えてきます。また、英語が苦手な人が、外国人に日本語で話しかけられても「私、英語わかりません!」と逃げてしまうのも「ネガティブ・ハロー効果」によるものです。

ことわざで「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(僧侶が大嫌いな人は、僧侶の衣装まで大嫌いになる)」というのもネガティブ・ハロー効果の典型例といえるでしょう。

ハロー効果は様々な場面で活用できる

ハロー効果で事物の価値や人の評価を誤ってしまうのは大問題ですが、逆に考えれば、「ポジティブ・ハロー効果」によって相手の心理に訴える部分を磨くだけで、自分に対する印象を効率よく改善できる、という理屈にもなります。

その効果を就活の面接やマーケティング、恋愛といったさまざまなシーンで応用すれば、円滑な人間関係の構築に有効なコミュニケーションスキルになります。

面接試験での活用例

企業や学校の面接試験はハロー効果の影響が最も表れやすいシーンです。一部の企業ではハロー効果の影響を避けるために学生の出身大学を不問にしていますが、それでも面接官の直感や印象評価が合否に影響する事実に変わりはありません。

履歴書ひとつ取ってみても、応募者の経歴や写真うつり、手書きの文字の良し悪し、趣味や特技などの印象によって、面接前から評価が決まってしまう可能性があります。

面接される側としては、面接官にポジティブなハロー効果を与えるために、自分の長所をしっかりアピールして、不利な要素を有利に導くように心がけましょう。

履歴書は手書きでていねいに書くこと。面接には服装や髪型をきっちり整え、姿勢を正してのぞみましょう。美しい姿勢と自然な笑顔でハキハキと受け答えができれば、それだけで相手にポジティブな印象を与えることができます。

マーケティングでの活用例

マーケティングではハロー効果を利用したイメージ戦略がよく使われます。TVやネット、雑誌などのCMでは、著名な専門家やタレントを起用して商品の魅力を伝えています。

逆にWeb上のマーケティングでは、行き過ぎた商業主義は好まれません。WebではSNSで多くのフォロワーを持つ「インフルエンサー」と呼ばれる人々が、流行の発信源として強い影響力を持っています。

「インフルエンサー」はユーザーとの距離感が近く、有名人を起用したCMよりも、「インフルエンサー」の口コミのほうが信頼される傾向にあります。その信頼感をうまく利用できれば、Webマーケティングに有効なハロー効果になります。

恋愛での活用例

恋愛のハロー効果と言えば「面食い」でしょう。男女を問わず、ルックスが良い人はもてる傾向にありますが、特に男性は女性の顔やスタイル、若さに強くこだわる性質があります。

アメリカでは、セレブ男性の若く美しい妻を「トロフィーのようなステータスシンボル」という意味で、「トロフィーワイフ(trophy wife)」と呼びます。男性が若く美しい女性に特別な価値を期待してしまうのも、典型的なハロー効果といえるでしょう。

それは女性にとってはあまりうれしい話ではありませんが、逆に考えれば、男性が女性の見た目に惑わされやすいことをハロー効果的に応用すれば、自分の魅力を意外と簡単にアピールできる、ということにもなります。

ただし、これは男女ともに言えることですが、相手に対するアピール押しが不自然に強いと逆に下心を疑われたり、敬遠されてしまうことにもなりかねません。

恋愛では、ポジティブ・ハロー効果を中途半端にねらって失敗すると、逆にネガティブな結果になってしまうことも多々あります。それが恋愛の怖いところです。

ハロー効果を恋愛で活用したい場合は、自然で明るい人柄を印象づけることをまず第一に心がけましょう。女性で見た目に自信がない方は、料理上手になって、男性の胃袋をつかむのもハロー効果のおすすめテクニックです。

まとめ

  • ハロー効果は、アメリカの心理学者エドワード・ソーンダイクが提唱した心理的な誤認効果のひとつです。
  • ハロー効果は、人物や事物の価値を評価するときに、偏った印象や先入観が評価に影響を与えることです。
  • ハロー効果には、ネガティブ・ハロー効果とポジティブ・ハロー効果の2種類があります。
  • ハロー効果は事物の価値や人の評価を誤ってしまう原因ですが、ポジティブ・ハロー効果によって、自分に対する印象を効率よく改善できることにもなります。