この記事では「ディレクター」について解説します。ひとくちにディレクターといっても業界によって役割が違ってきます。例えば同じ「監督」でも、映画監督と野球監督では仕事の内容が全く異なるように、ディレクターも業界によって役割に違いがあります。

ここでは「テレビディレクター」「レコーディングディレクター」「Webディレクター」の3つに焦点を当てて、それぞれの仕事内容やディレクターの目指し方、年収などについて説明していきます。

ディレクターとは

ディレクターの言葉の意味

ディレクターは「指揮する人」「監督する人」を意味します。特にマスコミやデザイン業界など、企画やイメージからなにかを形にしていくクリエイティブな現場で、ディレクターという呼び名が使われることが多くなっています。

様々な業界でディレクターが存在する

ディレクターというのは、指揮監督する人の総称です。クリエイティブな現場で多く使われる呼び名で、さまざまな業界にディレクターは存在します。

馴染みの深いものだと、テレビディレクターがあげられます。ほかのディレクター職には、WEBディレクター、レコーディングディレクター、空間ディレクター、イベントディレクターなどがあります。

また、映画監督はディレクターをディレクターと呼ぶことは少ないですが、CMやミュージックビデオなどの制作現場では映像ディレクターと呼ばれる人が現場の指揮をとります。

「ディレクター」と「プロデューサー」の違い

クリエイティブな現場でチームの上に立つ人というと、ディレクターの他にプロデューサーを思い浮かべる人も多いでしょう。ディレクターとプロデューサーは同じものだと思っている人もいるかもしれませんが、実は役割や立ち位置が違います。

プロデューサーは「何を創るか」を決める人です。企画の立ち上げ、予算決め、PR活動、制作チームの任命などがプロデューサーの役割です。

ディレクターは「どのように創るか」を考える人です。チームのメンバーへの指示出し、進捗管理など現場の指揮監督がディレクターの役割です。

ディレクターとは役割が違うので立場に上下をつけるのは難しいですが、プロデューサーは制作物の一切の責任を負うことになり、プロデューサーが大枠を決めた中でディレクターが現場をまとめて案件を進めていくことを考えると、プロデューサーはディレクターの上司と考えてもよいでしょう。

ディレクターの種類①:テレビディレクター

テレビディレクターの仕事内容

ディレクターときいて一番に思い浮かぶのがテレビ番組のディレクターという人も多いのではないでしょうか。テレビ番組の制作には、出演者、構成作家、照明、美術、カメラ、音声など多くの制作スタッフが関わっています。その出演者やスタッフを指揮するのがディレクターの仕事です。

ディレクターの仕事は多岐に渡り、台本制作、情報収集、ロケ地の決定、スタジオの手配、スケジュール管理、VTRの編集など、番組制作に関わるさまざまことをディレクターが指揮して進めなければなりません。

番組制作のスタッフにはADと呼ばれるアシスタントディレクターがついていることがほとんどです。アシスタントディレクターはディレクターのサポート役として活躍します。実際の仕事としてはロケ地のアポ取り、出演者やスタッフの弁当の手配など細かな業務が多く、雑務をしながらディレクターの仕事を覚えるということになるでしょう。

テレビディレクターになるには

テレビディレクターになるには、大学や専門学校を卒業した後にテレビ局や番組制作会社に入社する道が一般的です。はじめはアシスタントディレクターとして数年間経験を積み、実績が認められればディレクターに昇格となります。ケースによって違いますが、おおよそ5年前後はアシスタントディレクターとして経験を積むことになると考えておきましょう。

テレビディレクターの年収

テレビディレクターは、基本的にテレビ局が番組制作会社の社員です。給料はテレビ局勤務か制作会社勤務かによって違ってきます。

番組制作会社よりもテレビ局のほうが高い年収が見込め、キー局の場合ならディレクターとして何年か活躍するころには年収1000万円を超える年収も充分考えられます。地方局はキー局に比べ、2~3割程度低くなるでしょう。

番組制作会社勤務の場合は、年収500~600万円程度のことも多いようです。それでも一般的な会社員と比較すると高い年収ではありますが、テレビディレクターの仕事は深夜に及ぶことも多いハードワークです。勤務条件を考え合わせると少なく感じる人もいるかもしれません。

テレビ番組は視聴率という結果があります。視聴率のとれる番組を創れるかどうかでディレクターの腕が評価されるところもあります。自分の担当した番組が高視聴率をとることで仕事が評価され、給料に反映していくことでしょう。

ディレクターの種類②:レコーディングディレクター

レコーディングディレクターの仕事内容

レコーディングディレクターの仕事は、レコーディング現場で指揮をとることです。プロデューサーの意向を受け、ミュージャンの選定、楽曲の選定、レコーディングスケジュールの調整をはじめとし、録音の現場での具体的な指示出しも行います。

テレビなどでレコーディング風景を見ると、機材が置かれた部屋でミュージシャンに歌い方やイメージを伝えている人がいますが、その役割がレコーディングディレクターです。ミュージシャンの魅力をいかに引き出すかはディレクターの腕にかかっているともいえます。

レコーディングディレクターは新人ミュージシャンの発掘も手掛けます。ライブハウスやコンテストなどに足を運んだりデモテープを聴いたりして、才能のあるアーティストを探します。

レコーディングは深夜の時間帯に及ぶことも頻繁にある中、企画会議、プロモーション会議などもこなし、新人発掘にライブやイベントにも足を運んだりと、労働時間は長めで不規則になります。

ミュージシャンやプロデューサーなど多くの人の意向を取り入れながら限られた予算の中でよいものを創るのがディレクターの役割ですので、多くの人から信頼される人柄とリーダーシップが必要になる仕事です。

レコーディングディレクターになるには

レコーディングディレクターになるには、音楽系の学校を卒業してレコード会社に就職するのが一般的な道です。もちろんレコード会社に就職したからといっていきなりディレクター職に就けるというわけではありません。

多くの場合は営業や販売などの一般業務を経て、適性があると認められればまずはアシスタントとしてディレクターのサポートにつき、経験を踏んで初めてディレクターとして活躍することになります。

レコーディングディレクターの年収

アシスタントのうちや駆け出しのディレクターの収入は、一般の会社員とほぼ変わらない年収300万円程度でしょう。ディレクターとして数年活躍すれば800万円前後の年収が期待できます。楽曲がヒットすれば認められるというある意味結果が分かりやすい仕事なので、結果を出して実力をアピールしていくことで収入アップが期待できるでしょう。

ディレクターの種類③:Webディレクター

Webディレクターの仕事内容

web制作は、WEBデザイナー、プログラマー、ライター、SEO担当など、さまざまなクリエイターがプロジェクトを組んで行います。WEBディレクターはそのプロジェクトをまとめ、指揮する役割です。

クライアントの意向やWEBサイトの目的をプロジェクトメンバーにきちんと理解してもらい、全員の考えに齟齬がない状況で進めていくことがWEB制作のプロジェクトには大変重要になります。WEBディレクターはクライアントとメンバーの橋渡しをし、目的にかなったWEBが完成するように導かなくてはなりません。

プロジェクトメンバーの選定、スケジュール管理、品質管理などのほか、クライアントとの折衝も大事な仕事です。

WEBサイトの規模にもよりますが、プロジェクトを指揮するほか、コンテンツ企画やクライアントへの提案などのWEBプランナーの仕事をWEBディレクターが兼任することもあります。このようなケースでは、企画書の作成、要件定義なども仕事に含まれてきます。

Webディレクターになるには

WEBディレクターには、サーバーやネットワークの知識、WEBデザインやコーディングのスキル、SEOやリスティングなどWEBマーケティングの知識など、幅広い専門知識が求められます。

WEBデザイナーはWEB制作会社に勤務するのが最もスタンダードな活躍の場ですが、WEBディレクター未経験者がはじめからディレクターの座につけることはまずありません。WEBデザインやコーディングのなどの業務を数年経験し、ディレクターのアシスタントを経てWEBディレクターとして一人立ちするのが一般的な道でしょう。

Webディレクターの年収

転職サイトdodaの調べでは、WEBディレクターの平均年収は452万円です。SE/プログラマーの平均年収が428万円ですから、それよりも少し上の収入が期待できるというところでしょう。WEBに関する資格を取得することで、資格手当が支給される会社もあります。

ディレクターについてのまとめ

  • ディレクターは「指揮する人」「監督する人」を意味します。特にマスコミやデザイン業界などでよく使われる呼称です。
  • テレビディレクター、レコーディングディレクター、WEBディレクター、空間ディレクター、イベントディレクターなど、さまざまな業界にディレクターは存在します。
  • プロデューサーとディレクターは役割が違います。プロデューサーの仕事は企画の立ち上げ、予算決め、PR活動などで、ディレクターの仕事は、メンバーへの指示出し、進捗管理など現場の指揮監督です。
  • ディレクターには、専門知識に加えコミュニケーション力やリーダーシップが必要です。
  • ディレクターになるには、どの業界でもアシスタントとして数年の経験を積むことが必要です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda