栄養士は健康な食生活を送るための栄養管理のアドバイザーです。栄養士は、食に関する仕事を目指している人ならもちろんのこと、そうでない人でも一度は名前を聞いたことがあるメジャーな資格といえるでしょう。
この記事では、栄養士の仕事内容や栄養士になるためにはどうしたらよいかなどをわかりやすく解説します。

栄養士とは

栄養士は、食や栄養に関する指導を行うのが仕事です。栄養士として働くには、都道府県知事の免許を受ける必要があります。

栄養士の仕事内容

栄養士の主な役割は、学校や保育園、福祉施設、給食施設などで、食事のメニューを決めることです。それぞれ食事を食べる人に必要な栄養を考えてメニューを決めていきます。
栄養士は基本的に食事の盛り付け、献立作成、食事指導を行いますが、場合によっては調理に携わることもあります。小学校などでは、児童が食についての理解を深めるサポートとして、栄養情報を載せた献立表を作成したり、給食だよりのような広報誌を作成することもあります。

「栄養士」と「管理栄養士」の違い

栄養士の資格には「栄養士」と「管理栄養士」があり、役割や資格取得方法が異なります。

まず、役割の面から違いを見てみます。
栄養士法では、栄養士と管理栄養士について次のように定義されています。

■栄養士
栄養士とは、都道府県知事の免許を受けて、栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者をいう。
■管理栄養士
管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、
・傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導
・個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導
・特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等
を行うことを業とする者をいう。

もう少し分かりやすくいうと「栄養士」は一般的に栄養や食生活についての指導やアドバイスをする役割で、学校給食などが主な活躍の場です。「管理栄養士」は病気や怪我をした人などに対して、療養の為の栄養指導にあたります。主な活躍の場は、病院や福祉施設などです。また、最近では、食生活を含め総合的に身体づくりのアドバイスを行うトレーニングジムが増えてきました。そういったトレーニング施設で食事指導を行う管理栄養士も増えてきています。

次に資格取得の方法についての違いを見ていきます。
「栄養士」の資格は、栄養士養成施設(大学・短大・専門学校)で必要な単位を取得して卒業することで得ることが出来ます。資格試験を受ける必要はありません。
「管理栄養士」の資格を取得するには、管理栄養士国家試験に合格しなければなりません。国家試験を受験するには、4年制の管理栄養士養成施設を卒業するか、2年~4年の栄養士養成施設を卒業して栄養士の資格を得た後、所定の施設で1年~3年の実務経験が必要です。

このように、管理栄養士は栄養士の上位資格にあたります。栄養士として働く人がステップアップとして管理栄養士の資格を取得することで、より活躍の場が広がるといえるでしょう。

栄養士になるには

栄養士養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業する

栄養士になるには、栄養士の免許を取得する必要があります。栄養士の免許は、厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設で、課程を修了することで取得できます。

栄養士養成施設には、4年制大学・短期大学・専門学校があります。どこを選ぶかは将来の道やかかる費用などを考慮して決めるとよいでしょう。

4年制大学では、食物学科・栄養学科などがあります。管理栄養士の受験資格を得ることができるカリキュラムのある大学もあります。大学では栄養学を学ぶことに重点が置かれています。料理の実践というよりも、栄養学をしっかり学びたい人、将来は研究職を目指したい人は大学が向いているでしょう。

専門学校は2年課程の栄養士科が多いです。即戦力として活躍できる栄養士、調理もできる栄養士を育てるカリキュラムを組んでいる学校が多いのが特徴です。出来るだけ早く栄養士として実務につきたい人には専門学校が向いているといえるでしょう。

資格試験を受ける必要はない

栄養士の免許は、栄養士の養成施設で課程を修了することで取得できます。学校卒業後に資格試験を受ける必要はありません。また、免許の有効期限もありませんので、何年かごとに更新が必要などということもありません。

転職に有利な栄養士関連の資格

栄養士がよりよい条件の職場に転職するために、合わせて持っていると有利と思われる資格を紹介します。

①:管理栄養士

管理栄養士は栄養士の上位資格として位置づけられるもので、疾病者に対する療養のために必要な栄養指導など、特別な状況に置かれた人に対する栄養指導ができます。病院や福祉施設への転職を考えている人はぜひ取得しておきたい資格です。
管理栄養士になるには管理栄養士試験に合格する必要があります。管理栄養士養成施設を卒業するか、栄養士養成施設を卒業して栄養士の資格を得た後、所定の施設で1年~3年の実務経験を積むことで受験資格が得られます。

②:栄養士実力認定試験

栄養士実力認定試験とは、一般社団法人全国栄養士養成施設協会が主催している試験で、栄養士の養成学校に通っている人やその卒業生が受験できるものです。試験は次の3段階で評価されます。

認定証A:栄養士として必要な知識・技能に優れていると認められた者
認定証B:栄養士として必要な知識・技能のあと一歩の向上を期待する者
認定証C:栄養士としての知識・技能が不十分で、さらに研鑽を必要とする者

特別に何かの資格が得られるものではありませんが、評価が高ければ就活で自身の力をアピールする材料にできるでしょう。

③:調理師

調理師免許は、2年以上の実務経験を積んで調理師試験に合格するか、調理師学校や養成施設を卒業することで取得できます。
調理師は調理のスペシャリスト、栄養士は栄養面でのスペシャリスト、と役割が違います。通常は栄養士が献立を考えて調理師が調理しますが、両方の資格を持っていれば兼任することが可能です。特に小規模の施設などではマルチプレイヤーとして重宝されるでしょう。

栄養士の年収

平成30年の賃金構造基本統計調査によると、栄養士の平均年収は、賞与を含め350万円程度となっています。月収で考えると、25万円程度になります。会社員の平均年収と照らし合わせると、高い方だとはいえない結果といえるでしょう。
管理栄養士など上位の資格を取得することで資格手当がついたり、仕事の幅が広がって給料アップにつながることも見込めるかもしれません。

栄養士の勤務体系と休日

栄養士の主な勤務先は学校や福祉施設、病院などです。勤務時間は施設の時間に合わせることになるでしょう。
病院や福祉施設など朝昼夕の3食を提供している施設では、早番、遅番の勤務を交代制で行うところが多くなります。このような施設は食事を提供しない日がありませんから、休暇も交代制で取るようになるでしょう。
学校や企業の社員食堂などは、昼~夕をメインに食事の提供をしていますので、早朝や深夜にまで勤務が及ぶことはありません。休日も土日に取れる場合が多くなるでしょう。

栄養士の将来性

栄養士は現在有資格者が多くなり、飽和状態ともいわれます。栄養士として長く、条件のよい仕事をしていくためには、栄養士の資格だけではなく他の資格を所得したり得意を磨いたりして、自分の強みを打ち出していくことが必要かもしれません。

近年、「いかに健康に生きるか」ということが生き方として注目されています。食事は美味しいくて見た目が良いだけではなく、健康的なものであることがユーザーから求められるようになっています。健康寿命を延ばすことにも食と栄養は大きくかかわってきます。

栄養士養成施設の卒業生の就職先として代表的なのは、病院、企業の食堂などの産業教育施設、介護施設ですが、これからは飲食店やレストラン、トレーニングジムなど、栄養士が必要とされる場が広がることも考えられます。近年、利用者が増えている家事代行サービスでも、栄養士を派遣して栄養バランスを重視した食事を提供するといった付加価値をつけているサービスも登場しました。

新たな場で活躍するには、フードコーディネーターなど栄養士とは視点を変えた食の資格や、介護系の資格、スポーツトレーナーの資格などの取得も視野に入れるとよいのではないでしょうか。

栄養士がおもに勤める場所

全国栄養士養成施設協会の調査によると、栄養士養成施設の卒業生の就職先は、病院が24.3%と一番多く、次いで児童福祉施設18.9%、事業所18.3%、介護保険施設17.3%となっています。病院や介護・福祉施設、企業の食堂などがスタンダードな勤務先といえるでしょう。

しかし、卒業後このような施設で働いた後、活躍の場を変えていく栄養士も多いことも考えられます。最近では、素材や栄養価にこだわった飲食店が増えていますし、トレーニングジムでは、トレーニングと食事の管理を合わせて行うことがあたりまえになりました。

健康に着目するサービスが増えている中で、栄養士も活躍の場が広がっていく可能性もおおいにあるでしょう。

栄養士についてのまとめ

  • 栄養士は、食や栄養に関する指導を行うのが仕事です。
  • 栄養士として働くには、都道府県知事の免許を受ける必要があります。
  • 栄養士の免許は、厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設(大学・短大・専門学校)で課程を修了することで取得できます。
  • 「栄養士」は一般的に栄養や食生活についての指導やアドバイスをする役割、「管理栄養士」は療養のための栄養指導など特殊なケースの栄養指導も行う役割です。
  • 管理栄養士の資格を取得するには、管理栄養士国家試験に合格しなければなりません。
  • 栄養士の主な勤務先は、病院・福祉施設・介護施設・企業や学校の食堂などです。
  • 健康に着目するサービスが増えている中で、栄養士が活躍するフィールドも広がっていくことが考えられます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda